地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター センター長
許 俊鋭

 東京都健康長寿医療センター研究所は、1972年開設以来、高齢社会がもたらす諸問題の解決に向けた研究に先進的に取り組んでまいりました。当研究所は、東京都老人総合研究所が2009年4月に同じキャンパスにあった東京都老人医療センターと一体化するかたちで地方独立行政法人として再スタートを切った組織です。
  研究所では、2015年4月現在、84名の常勤職員、さらに非常勤職員、大学院生を加えると約200名の研究者により、東京都議会の承認を得た中期目標及び中期計画に基づき研究を行っております。2009年から2012年の第一期は「高齢者の医療と介護を支える研究」を推進することを目標として多くの成果を生み出しました。その結果、東京都地方独立行政法人評価委員会や、研究所が独自に持つ外部委員による研究評価委員会からも高い評価を頂きました。また、当研究所の研究員の競争的研究資金、とくに厚生労働科学研究費や文部科学省科学研究費の新規課題採択率は常に全国のトップクラスにあり、活発な研究を可能なものとしています。
 2013年から2017年の第二期は「高齢者の健康の維持・増進と活力の向上を目指す研究」の推進を目標としています。2013年6月に念願の新研究所に移転し、PET-CTや超解像顕微鏡など多くの新規研究機器を導入し、各種研究に取り組んでおります。また、「認知症の早期発見、医師・看護師研修システムの開発」や「老化や老年病(あるいは老年性疾患)に関する各種バイオマーカーの開発」などの新たな研究にも着手し着実に成果を出しつつあります。
 当研究所の強みは、生物学、基礎医学、薬学といった研究者のみでなく、疫学、福祉、介護、医療経済など社会科学の分野の研究者、さらに病院の医師、看護師、薬剤師、コメディカルなど多職種も加わった学際的研究を活発に展開していることです。研究所と病院の連携をさらに深め、研究所で得られた成果が、地域住民の健康増進や、臨床医学に役立つ成果であるかを検証するためのトランスレーショナル研究を推進していきたいと思っております。
 超高齢社会が進行しつつある今日、当研究所が担うべき研究課題は山積しております。所員一同、新しい施設、より充実した研究機器の下、日々研究に取り組んでおります。今後とも変わらぬ、ご指導、ご鞭撻、そしてご支援をお願いし、ご挨拶とさせて頂きます。

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.