研究支援施設

研究チーム紹介

研究情報管理室

 

メンバー

 
研究副部長  大渕修一
研究員:
河合恒、三木明子
非常勤職員:
伊藤久美子、猪股寛裕、江尻愛美、河出卓郎、解良武士、坂井志麻、関口晴子、中田晴美、林(安齋)紗保理、本島安純(五十音順)

キーワード

介護予防、高齢者の健康増進、自治体支援

主な活動

  1. 地域における介護予防活動の発展を目指した事業支援
  2. 介護予防主任運動指導員、介護予防運動指導員の効果的な養成とフォローアップ
  3. 民間企業等との新たな健康寿命延伸サービスの創造

活動紹介

 超高齢社会に向けて、健康寿命の延伸は重要であるため、区市町村等の役割は大きくなりつつあります。区市町村等がこの目的を達成するためには、EOPすなわち、科学的根拠(Evidence)、結果へのこだわり(Outcome)、そして実践(Practice)が必要です。高齢者健康増進事業支援室は、研究所のエビデンスを集約し、具体的な解決策を提示し、成功へ導くための支援をします。事業コンセプトの作成、事業評価、技術的な支援で、すでに多くの区市町村等で成果を挙げています。
 高齢者健康増進事業支援室は、1年から5年の短中期の課題に着眼し、研究所のエビデンスを生かして区市町村等の支援をします。また、民間企業との共同研究にも積極的に取り組みたいと考えております。地域が一丸となって、健康寿命の延伸に取り組むことができる事を願っています。

1.  地域における介護予防活動の発展を目指した事業支援

 介護保険制度の改正により、現在、区市町村では新しい介護予防・日常生活支援総合事業の実施が求められています。私たち、高齢者健康増進事業支援室では、このための区市町村の地域課題の把握や、介護予防戦略の立案を支援しています。また、新しい総合事業のマネジメントを効果的に行うための、地域のリハビリテーション専門職による連携体制の構築にも取り組んでいます。
 さらに、自治体と協働で介護予防リーダー養成講座を実施することで、地域で主体的に介護予防に取り組むことのできる人材を養成しています。この講座で養成されたリーダーは、各地区で自主グループ活動を展開し、地域の介護予防を推進しています。これらのリーダーの活動に関する調査を通して、講座の効果に関する研究も行っています。

2.  介護予防主任運動指導員、介護予防運動指導員の効果的な養成とフォローアップの検討

 東京都健康長寿医療センター研究所が有する介護予防のノウハウを効率的に地域に還元するため、介護予防主任運動指導員、介護予防運動指導員養成事業を行っています。2013年度までに、主任運動指導員392名、運動指導員27,280名が養成されました。年に2度のフォローアップ講座を実施し、介護予防に関する最新の知見を共有するとともに、参加者同士が情報交換をする場を提供しています。また、介護予防主任運動指導員・介護予防運動指導員専用のホームページを設置し、養成事業や講義内容などの情報提供を行っています。さらに、全国の指導員を対象としたアンケート調査を実施し、現場の声を取り入れた事業展開を進めています。また、学会等において養成事業のPRを行い、指導員資格の認知の拡大にも努めています。

3.  高齢有疾患患者の健康増進に関する介入プログラムの開発と評価

 健康寿命延伸のためには、公的保険サービスだけでなく、高次日常生活支援を民間ヘルスケアサービスが担い、高齢者のQOLの向上・介護費用の抑制に貢献することが期待されています。そこで、民間企業等との共同研究により、このような健康寿命延伸プログラムの効果検証を行い、新たなサービスの創造につなげる活動をしています。
 具体的には、近年、高齢者の健康増進プログラムとして注目されている、サーキットトレーニングと有酸素運動を組み合わせた「サーキット式コンバインドトレーニング」の日常活動量への効果や、美容によるヘルスケアプログラム「化粧サービス」の健康度自己評価や抑うつへの効果を科学的に検証し、民間企業等による新たなサービスの創造を支援してきました。

 

 高齢者健康増進事業支援室は、1年から5年の短中期の課題に着眼し、研究所のエビデンスを生かして区市町村等の支援をします。また、民間企業との共同研究にも積極的に取り組みたいと考えております。地域が一丸となって、健康寿命の延伸に取り組むことができる事を願っています。

主要文献

  1. 大渕修一, 河合 恒, 光武誠吾, 安斎紗保理, 猪股寛裕, 齋藤 光, 津田瞳美, 中島友晴: 高齢者に対するサーキット式コンバインドトレーニングの日常活動量への効果, 体力科学, 64 (3), 印刷中.
  2. 解良武士, 大渕修一, 河合 恒, 吉田英世, 平野浩彦, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成: 都市在住高齢者における1年後のフレイル進展の心身機能的要因の検討, 理学療法科学, 30 (4), 2015, 印刷中.
  3. 桜井良太, 河合 恒, 深谷太郎, 吉田英世, 金 憲経, 平野浩彦, 大渕修一, 藤原佳典: 地域在住高齢者における自転車関連事故発生率とその傷害率-潜在的傷害事故の把握に向けた予備的検討, 日本公衆衛生雑誌, 2015, 印刷中.
  4. 安齋紗保理, 佐藤美由紀, 齊藤恭平, 芳賀 博: 地域在住高齢者・行政・研究者の協働により創出された地域活動が自主化に至るまでのプロセスとその効果~アクションリサーチを用いた取り組み~, 応用老年学, 9(1), 印刷中.
  5. 河合 恒, 清野 諭, 西真理子, 谷口 優, 大渕修一, 新開省二, 吉田英世, 藤原佳典, 平野浩彦, 金 憲経, 石崎達郎, 高橋龍太郎, TMIG-LISA研究グループ: 大規模コホートデータによる地域高齢者の体力評価シートの作成, 体力科学, 64(2), 261-271, 2015.
  6. 西原 賢, 河合 恒, 千葉 有, 五味敏昭, 国分貴徳, 星 文彦: 運動神経伝導速度の計測による地域在住高齢者の運動神経機能の推定, 理学療法学, 42 (1), 17-25, 2015.
  7. 杉江正光, 原田和昌, 藤本 肇, 高橋哲也, 小山照幸, 大渕修一, 平野浩彦, 許 俊鋭, 中村彰吾, 井藤英喜: 超高齢社会に寄与する医療機関の在り方を模索した当センターの健康寿命延伸事業の紹介. 全国自治体病院協議会雑誌, 54(3), 408-414. 2015
  8. 天野雄一, 端詰勝敬, 吉田英世, 藤原佳典, 大渕修一, 坪井康次:受療行動からみた地域高齢者における大うつ病性障害の1年予後.心身医学, 55(3), 247-254. 2015
  9. 大渕修一:介護予防的視点から生活を支える.理学療法学, 41(8), 499-504. 2014
  10. 大渕修一:Aging in Placeを見据えた高齢者に対する予防戦略(第4回) 介護予防の街づくり.理学療法学, 41(7), 462-468. 2014
  11. 上村さと美, 小山照幸, 杉江正光, 平野浩彦, 高橋哲也, 許 俊鋭, 大渕修一: 高齢者高度専門医療機関内における慢性期有疾患患者向け健康増進センターの活動紹介.心臓リハビリテーション, 19(2), 231-235. 2014
  12. 大渕修一, 安齋紗保理:【高齢者の生活機能に対する理学療法】 高齢者の生活機能評価の考え方とその実際.理学療法, 31(4), 349-358. 2014
  13. 新井武志, 大渕修一, 小島成実, 河合 恒:介護予防事業参加者の身体機能と健康関連QOLなどの精神心理的要因との関連.理学療法科学, 29(1), 69-74. 2014
  14. 大渕修一, 柴喜崇:【老年症候群と理学療法】 老年症候群の理学療法評価. 理学療法ジャーナル, 48(5), 385-395. 2014
  15. 福嶋 篤, 河合 恒, 光武誠吾, 大渕修一, 塩田琴美, 岡浩一朗:地域在住高齢者による自主グループ設立過程と関連要因.日本公衆衛生雑誌, 61(1), 30-40. 2014
  16. 西原賢, 河合 恒, 千葉 有, 五味敏昭, 国分貴徳, 星 文彦:運動神経伝導速度の計測による地域在住高齢者の運動神経機能の推定.理学療法学, 42(1), 17-25, 2015
  17. 坂井 志麻:【看護研究から政策をうみだすために】政策につながる看護研究の動向と今後の展望 退院支援の研究を例に.看護研究, 48(1), 32-42. 2015
  18. 坂井 志麻:【退院支援看護師を育てる 活躍の場を広げる】病棟看護師への退院支援教育プログラムの開発と成果.地域連携入退院支援, 7(5), 73-77. 2014
  19. 佐藤美由紀, 山科典子, 安齋紗保理, 植木章三, 柴 喜崇, 新野直明, 渡辺修一郎, 花里陽子, 芳賀 博:都市部の地域包括ケアシステム構築における課題と方策 行政および在宅医療の視点から.応用老年学, 8(1), 63-73. 2014
  20. 河合 恒、光武誠吾、福嶋 篤、小島基永、大渕修一:地域住民の主体的な介護予防活動推進のための取組「介護予防リーダー養成講座」の評価.日本公衆衛生雑誌,60(4),195-203, 2013
  21. 新井武志、大渕修一、小島成実、柴喜崇、河合 恒、大室和也:虚弱高齢者の膝関節伸展角速度測定値と身体機能との関係 等尺性膝関節伸展筋力との比較.理学療法科学,28(3),317-322, 2013
  22. 佐藤むつみ、大渕修一、河合恒、新井武志、小島成実:都市部在住高齢者における社会活動参加者の特性-介護予防の推進に向けた基礎資料-.厚生の指標,59(4),23-29,2012
  23. 曽根稔雅、中谷直樹、遠又靖丈、相田潤、大久保一郎、大原里子、大渕修一、杉山 みち子、安村誠司、鈴木隆雄、辻一郎.介護予防サービス利用者における日常生活の過ごし方と要介護認定等の推移との関連. 日本衛生学雑誌,67(3),401-407,2012
  24. 川俣幸一、大渕修一、友竹浩之、大地奈津希:地域在住運動エリート高齢者を対象とした血中25-OH-ビタミンD濃度と運動機能、食事調査に関する研究.日本運動生理学雑誌,19(2),75-86,2012
  25. 小島成実、関口晴子、大渕修一:オーラルディアドコキネシスのペン打ち法検査の限界.応用老年学,6(1),16-20,2012
  26. 小島基永、大渕修一:地域在住虚弱高齢者に対する筋力増強トレーニングの最適負荷見極めにおける、加速度時系列スペクトルのエントロピーの有用性の検討,理学療法科学,27(3),291-296,2012
  27. 川俣幸一、大渕修一、友竹浩之:地域在住一般高齢者に対する包括的高齢者運動トレーニングが身体機能・栄養機能・血液性状に及ぼす影響‐長野県南部地域を事例として‐.体力科学,61(5),495-502,2012
  28. Ken Nishihara, Hisashi Kawai, Hiroyuki Hayashi, Hideo Naruse, Akihito Kimura, Toshiaki Gomi, Fumihiko Hoshi: Frequency analysis of ultrasonic echo intensities of the skeletal muscle in elderly and young individuals, Clinical Interventions in Aging, 2014 (9): 1471-1478, 2014.
  29. Hiroyuki Suzuki, Hisashi Kawai, Hirohiko Hirano, Hideyo Yoshida, Kazushige Ihara, Hunkyung Kim, Paulo H. M. Chaves, Ushio Minami, Masashi Yasunaga, Shuichi Obuchi, Yoshinori Fujiwara: One-year change in Montreal Cognitive Assessment performance and related predictors in community-dwelling older adults, Journal of the American Geriatrics Society, 2015, in press.
  30. Aki Kuroda, Tomoki Tanaka, Hirohiko Hirano, Yuki Ohara, Takeshi Kikutani, Hiroyasu Furuya, Shuichi P Obuchi, Hisashi Kawai, Shinya Ishii, Masahiro Akishita, Tetsuo Tsuji, Katsuya Iijima: Eating alone as social disengagement is strongly associated with depressive symptoms in Japanese community-dwelling older adults, Journal of the American Medical Directors Association, 2015, Feb 14. pii: S1525-8610(15)00079-1. doi: 10.1016/ j.jamda.2015.01.078. [Epub ahead of print]
  31. Ishii S, Tanaka T, Shibasaki K, Ouchi Y, Kikutani T, Higashiguchi T, Obuchi SP, Ishikawa-Takata K, Hirano H, Kawai H, Tsuji T, Iijima K.: Development of a simple screening test for sarcopenia in older adults. Geriatr Gerontol Int.Suppl 1, 93-101. 2014
  32. Seino S, Shinkai S, Fujiwara Y, Obuchi S, Yoshida H, Hirano H, Kim HK, Ishizaki T, Takahashi R; TMIG-LISA Research Group.: Reference values and age and sex differences in physical performance measures for community-dwelling older Japanese: a pooled analysis of six cohort studies. PLoS One. 9(6), 1-14. 2014
  33. Ohara Y, Hirano H, Watanabe Y, Obuchi S, Yoshida H, Fujiwara Y, Ihara K, Kawai H, Mataki S.: Factors associated with self-rated oral health among community-dwelling older Japanese: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int. 2014 Sep 20. doi: 10.1111/ggi.12345. [Epub ahead of print]

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.