研究支援施設

研究チーム紹介

介護予防の促進に関する研究

 

メンバー

リーダー:
研究部長 粟田主一
専門副部長:
渡邊 裕
研究員:
吉田祐子、本川佳子
非常勤研究員:
鈴木隆雄、那須郁夫、小原由紀、森下志穂、安田純、三上友里江、早川美智、高橋知佳

キーワード

筋骨格系障害、口腔機能向上、基礎的ヘルスリテラシー、ビタミンC

主な研究

  1. 後期高齢者における筋骨格系の障害発生の起因解明と生活機能維持に関する調査研究
  2. 口腔機能向上サービスの効果的な提供方法の検討
  3. 介護予防事業(包括的な介護予防健診や種々の介護予防教室)への不参加者の特性把握および円滑な事業展開に関する調査研究
  4. 地域在住高齢女性の身体機能及び運動機能の低下に及ぼす血中ビタミンC濃度の影響に関する調査研究

研究紹介

  1. 膝痛・腰痛・骨折などの運動器障害の危険因子、要介護度との関係等を探究し、要介護高齢者低減のための具体的防止策策定に必要なエビデンスを解明します。さらに筋力、歩行、バランスの3点を機軸とした高齢者の基礎的運動能力より、その後の要介護化の予測因子の抽出を試みます。
  2. 平成24年介護報酬改定において創設された複合サービス(運動器、栄養、口腔機能関連を含むサービス)の実施実態を把握し課題の抽出を行います。さらに認知症高齢者を対象とした効率的な食支援を含むサービス提供方法の考案および効果検証を行います。
  3. 高齢者の健康情報の収集に関する背景要因として、基礎的ヘルスリテラシーの関与が把握されたことを踏まえて、効率的な介護予防事業運営を行う上での地域還元方法(文書以外での健康関連情報提供法など)の提案、さらに地域高齢者の自立度に着目した移動手段支援方策に関しても提案を行い、本事業対象地域で行われる介護予防事業への参加率の推移、参加者の特性について検討し基礎的情報の収集を同時に行います。
  4. 地域在住高齢女性を対象とした追跡調査より、高齢期における血中ビタミンC濃度と身体・運動機能等の経年的な変化との関連を検索し、食生活習慣を含めた環境要因さらに遺伝的要因も含めたこれらの関連性を把握します。

主要文献

  1. Ohara,Y., Hirano,H., Watanabe,Y., Edahiro,A., Sato,E., Shinkai,S., Yoshida,H.and Mataki,S.: Masseter muscle tension and chewing ability in older persons.Geriatr Gerontol Int. 2013
  2. Iwasa, H., Yoshida, Y., Kai, I., Suzuki, T., Kim, H. and Yoshida, H. : Leisure activities and cognitive function in elderly community-dwelling individuals in Japan: a 5-year prospective cohort study. J Psychosom Res. 72(2), 159-64, 2012.
  3. Edahiro A, Hirano H, Yamada R, Chiba Y, Watanabe Y, Tonogi M, Yamane GY. : Factors Affecting Independence in Eating among Elderly with Alzheimer’s Disease. Geriatr Gerontol Int. 12(3):481-90,2012.
  4. Saito K, Yokoyama T, Yoshida H, Kim H, Shimada H, Yoshida Y, Iwasa H, Shimizu Y, Yoshitaka K, Handa S, Maruyama N, Ishigami A, Suzuki, T :A significant relationship between plasma vitamin C concentration and physical performance among Japanese elderly women. J Gerontol A Biol Sci Med Sci., 67(3):295-301, 2012.
  5. Ishizaki T, Furuna T, Yoshida Y, Iwasa H, Shimada H, Yoshida H, Kumagai S, Suzuki T; TMIG-LISA Research Group. Declines in physical performance by sex and age among nondisabled. J Epidemiol. 21(3):176-83,2011.
  6. Ohara Y, Hirano H, Yoshida H, Suzuki T.:Ratio and associated factors of dry mouth among community-dwelling elderly Japanese women. Geriatr Gerontol Int. 11(1):83-9,2011.
  7. Yoshida Y, Iwasa H, Kumagai S, Yoshida H, Suzuki T.:Association between C-reactive protein (CRP) level and physical performance in community-dwelling elderly in Japan. Arch Gerontol Geriatr.51(2):164-8.2010.
  8. Suzuki T, Yoshida H: Low bone mineral density at femoral neck associated with increased mortality in elderly Japanese women. Osteoporpros Int 21(1):71-9 2010.
  9. Iwasa H, Masui Y, Gondo Y, Yoshida Y, Inagaki H, Kawaai C, Kim H, Yoshida H, Suzuki T: Personality and participation in mass health checkups among Japanese community-dwelling elderly. J Psych Res. 66: 155-159, 2009.
  10. Iwasa H, Yoshida Y, Kumagai S, Ihara K, Yoshida H, Suzuki T: Depression status as a reliable predictor of hunctional decline among Japanese community-dwelling older adults: A 12-year population-based prospective cohort syudy. Int J Geriat Psychiat. 24(11):1192-200.2009.
  11. Suzuki T, Kwon J, Kim H, Shimada H, Yoshida Y, Iwasa H, Yoshida H: Low serum 25-hydroxyvitamin D levels associated with falls among Japanese community-dwelling elderly. J Bone Miner Res. 23, 1309-1317, 2008.

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.