研究支援施設

研究チーム紹介

筋骨格系の老化予防の促進に関する研究

 

メンバー

リーダー:
研究部長 金憲経
研究員:
小島成実、大須賀洋祐
研究助手:
藤野 健
非常勤研究員:
田中喜代次、大蔵倫博

キーワード

サルコペニア肥満、サルコペニア、フレイル、尿失禁、転倒、膝痛、老年症候群、包括的介入、追跡調査、地域在住高齢者、RCT、ADL障害、下肢筋力

主な研究

  1. サルコペニア肥満改善のためのRCT介入研究
  2. フレイル改善のための包括的介入研究
  3. サルコペニア改善のための包括的研究
  4. 尿失禁改善のためのRCT介入研究
  5. 転倒予防のためのRCT介入研究
  6. 膝伸展力とIADLとの関連性についての研究

研究紹介

1.サルコペニア肥満改善のためのRCT研究

 都市部在住高齢者を2012年に575名、2013年に638名、合計1,213名を対象に、DXA法による体脂肪率32.0%以上、骨格筋量指数5.46kg/m2以下、握力17.0kg未満、通常歩行速度1.0m/sec未満のSO選定基準を適用し、該当者307名を選定しました。選定基準と除外基準に基づき、RCT介入参加者139名を選定し、RCTにより運動+栄養群36名、運動群35名、栄養群34、対照群34名に分けました。介入プログラムは運動指導と栄養補充であり、運動群には週2回、1回当たり60分の筋力強化運動と有酸素運動を、栄養群には茶カテキン540mg及び必須アミノ酸3gが含まれているアミノエール3.9gを3ヵ月間提供しました。介入前後の群間比較で、全身脂肪量(P=0.036)、胴体脂肪量(P=0.014)、ストライド(P=0.038)、歩幅(P=0.007)、ビタミンD(P<0.001)でtime×groupの交互作用が観察されました。一方、介入前後における群内の変化は図1に示しました。

図1 3ヶ月介入による変化量の群内比較

2.フレイル改善のための包括的介入研究

 2009年210年度お達者健診参加者1,835名の中から、「体重減少、筋力低下、歩行速度低下、疲労、活動量の減少」の5つの選定基準の中、3つ以上該当した場合をフレイルと操作的に定義し、該当者331名(18.0%)を選定しました。331名に対して、フレイル改善教室参加者を募集したところ参加希望131名、不参加200名でした。介入参加者131名をRCTにより運動+栄養33名、運動+Placebo33名、栄養32名、Placebo33名に配置し、3ヶ月間の運動指導、栄養補充の介入を実施しました。介入終了4か月後の追跡調査を実施し、介入プログラムの長期効果を検証しました。その結果、運動に栄養補充を加えることで、フレイル高齢者の骨格筋量の増大、体力の向上のみならずフレイル解消効果を検証しました(Fig. 2)。これらの結果は、地域在住フレイル高齢者の改善には運動と栄養補充による包括的指導がより有効であるとの知見を得ました。

 Fig. 2 Reversal rates of frailty at post-intervention and follow-up

3.サルコペニア改善のための包括的研究

 1)介入研究:2008年10月に実施しましたお達者健診参加者1,377名の中から、304人(22.1%)のサルコペニア高齢者を選定しました。介入参加希望者155名をRCTにより4群に分け、運動+アミノ酸38人、運動39人、アミノ酸39人、対照39人に割り付け、3ヶ月間の運動指導、アミノ酸補充の介入研究を実施しました。その結果、運動指導にアミノ酸補充を加えることによって、足の筋量の上昇、下肢筋力の増加効果を検証しました(Fig. 3)。

Fig. 3 Mean changes in leg muscle mass and knee extension strength after intervention

 2)介入の長期効果検証:前述のサルコペニア高齢者を対象とした3ヶ月間の運動・栄養指導への参加者155人、不参加者149名でした。介入の長期効果を検証するために行った4年後の追跡調査では、介入参加者135人(87.1%)、不参加者124人(83.2%)のデータを収集することができました。
 4年間の変化量を介入参加群と不参加群で比較した結果、足の筋量、膝伸展力、通常歩行速度の減少率で有意差が見られ、運動+栄養の組み合わせ指導を受ける群の減少率が抑制されています(図4)。さらに、過去1年間の転倒率は、2008年介入開始時の介入参加者18.4%、不参加者23.2%です。2012年に追跡調査時の介入参加者17.8%、不参加者28.7%と介入参加者で転倒率が抑制されることを検証し、運動と栄養の組み合わせによる長期効果を確認しました(図5)。

 図4. 4年間の変化量の比較

 図5. 転倒率の比較

4.尿失禁改善のためのRCT研究

 2006年11月に70歳以上の地域在住高齢者957名を対象に包括的介護予防健診を行い、受診者の中から月1回以上尿漏れがある方を尿失禁者と定義し、290人(30.3%)を選定しました。尿失禁者の排尿機能改善を目的とした尿失禁改善教室参加者147名をRCTにより運動+温熱療法37人、運動37人、温熱療法37人、健康教育36人に分け、3ヵ月間の骨盤底筋群の強化と腹部脂肪減少を目的とした運動指導、蒸気温熱シートを腰部に貼る温熱療法指導を3ヶ月間実施しました。その結果、尿漏れの完治率は、温熱療法21.6%(腹圧性25.0%、切迫性13.3%、混合性30.3%)、運動34.3%(腹圧性53.8%、切迫性16.7%、混合性30.0%)、運動+温熱療法湯51.4%(腹圧性61.5%、切迫性50.0%、混合性40.0%)でした。これらの結果は、運動療法と温熱療法の併用指導は、尿失禁のタイプに関係なく、完治される可能性の高いことを検証しました(Fig. 6)。

Fig. 6 Comparisons of cure rates among stress, urge, and mixed urinary incontinence after intervention

5.転倒予防のためのRCT研究

 2007年10月に70歳以上の地域在住高齢女性1,141名を対象に包括的健診を行い、過去1年間で1回以上転倒した者を転倒経験者と定義し、196名(17.2%)が該当しました。転倒予防を目的とした介入参加者105名と不参加者91名のデータを分析しました。介入後1年間の転倒率は、運動介入群19.6%、対照群40.4%、不参加者40.8%と運動介入は転倒経験者の転倒率抑制に有効であることを検証しました。しかし、介入不参加者で骨折率の高いことが確認できましたので、介入不参加者の転倒あるいは骨折予防のためにはどのような取り組みが有効であるかについての議論が今後の課題と言えます。

6.膝伸展力とIADLとの関連

 地域在住高齢者における下肢筋力と手段的生活機能との関連性を明らかにするために、都市部在住高齢女性927名の膝伸展力とIADL障害との関連性について検討しました。その結果、膝伸展力のグレードが低くなるほどIADL障害の保有率が高くなる傾向を観察しました。これらの結果は、高齢期の生活機能を高く維持するためには、下肢筋力の維持・向上が重要であることを意味します。

主要文献

  1. Kim H, Kim M, Kojima N, Fujino K, Hosoi E, Kobayashi H, Somekawa S, Niki Y, Yamashiro Y, Yoshida H. Exercise and nutritional supplementation on community-dwelling elderly Japanese women with sarcopenic obesity: a randomized controlled trial. J Am Med Dir Assoc. 17(11):1011-1019, 2016
  2. Kim H, Hirano H, Edahiro A, Ohara Y, Watanabe Y, Kojima N, Kim M, Hosoi E, Yoshida Y, Yoshida H, Shinkai S. Sarcopenia: Prevalence and associated factors based on different suggested definitions in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int. 16(Supple 1):110-122, 2016.
  3. Kim H, Suzuki T, Saito K, Kojima N, Hosoi E, Yoshida H. Long-term effects of exercise and amino acid supplementation on muscle mass, physical function and falls in community-dwelling elderly Japanese sarcopenic women: A 4-year follow-up study. Geriatr Gerontol Int. 16(2):175-181, 2016.
  4. Jung S, Yabushita N, Kim M, Seino S, Nemoto M, Osuka Y, Okubo Y, Figueroa R, Tanaka K. Obesity and muscle weakness as risk factors for mobility limitation in community-dwelling older Japanese women: A two-year follow-up investigation. J Nutr Health Aging. 20(1):28-34, 2016
  5. Okubo Y, Osuka Y, Jung S, Rafael F, Tsujimoto T, Aiba T, Kim T, Tanaka K. Walking can be more effective than balance training in fall prevention among community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int. 16(1):118-125, 2016
  6. Ihara K, Yoshida H, Jones PB, Hashizume M, Suzuki Y, Ishijima H, Kim H, Suzuki T, Hachimisu M. Serum BDNF levels before and after the development of mood disorders: a case-control study in a population cohort. Transl Psychiatry. 6:e782, 2016.
  7. Kim H, Suzuki T, Kim M, Kojima N, Ota N, Shimotoyodome A, Hase T, Hosoi E, Yoshida H. Effects of exercise and milk fat globule membrane (MFGM) supplementation on body composition, physical function, and hematological parameters in community-dwelling frail Japanese women: A randomized double blind, placebo-controlled, follow-up trial. PLoS One, 10(2):e0116256, 2015.
  8. Kim H, Suzuki T, Kim M, Kojima N, Yoshida Y, Hirano H, Saito K, Iwasa H, Shimada H, Hosoi E, Yoshida H. Incidence an d predictors of sarcopenia onset in community-dwelling elderly Japanese women: 4-year follow-up study. J Am Med Dir Assoc. 16(1):85.e1-85.e8, 2015.
  9. Kwon J, Yoshida Y, Yoshida H, Kim H, Suzuki T, Lee Y. Effects of a combined physical training and nutrition intervention on physical performance and health-related quality of life in prefrail older women living in the community: a randomized controlled trial. J Am Med Dir Assoc. 16(3):263.e1-8, 2015.
  10. Suzuki H, Kawai H, Hirano H, Yoshida H, Ihara K, Kim H, Chaves PH, Minami Y, Yasunaga M, Obuchi S, Fujiwara Y. One-year change in the Japanese version of the Montreal Cognitive Assessment performance and related predictors in community-dwelling older adults. J Am Geriatr Soc. 63(9):1874-1879, 2015.
  11. Kim H, Yoshida H, Hu X, Saito K, Yoshida Y, Kim M, Hirano H, Kojima N, Hosoi E, Suzuki T. Association between self-reported urinary incontinence and musculoskeletal conditions in community-dwelling elderly women: A cross-sectional study. Neurourol Urodyn. 34(4):322-326, 2015.
  12. Kojima N, Kim M, Saito K, Yoshida H, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada H, Suzuki T, Kim H. Lifestyle-related factors contributing to decline in knee extension strength among elderly women: A cross-sectional and longitudinal cohort study. PLoS One. 10(7):e0132523, 2015.
  13. Kim M, Yoshida H, Sasai H, Kojima N, Kim H: Association between objectively measured sleep quality and physical function among community-dwelling oldest old Japanese: A cross-sectional study. Geriatr Gerontol Int. 15(8):1040-1048, 2015 .
  14. Kim M, Shinkai S, Murayama H, Mori S. Comparison of segmental multifrequency bioelectrical impedance analysis with dual-energy X-ray absorptiometry for the assessment of body composition in a community-dwelling older population. Geriatr Gerontol Int. 15(8):1013-1022, 2015.
  15. Kim M, Sasai H, Kojima N, Kim H. Objectively measured night-to-night sleep variations are associated with body composition in very elderly women. J Sleep Res. 24(6):639-647, 2015.
  16. Kim M. Isotemporal substitution analysis of accelerometer-derived sedentary behavior, physical activity time, and physical function in older women: A preliminary study. Exercise Science. 24(4):373-381, 2015.
  17. Kim H, Yoshida H, Suzuki T: Falls and fractures in participants and excluded non-participants of a fall prevention exercise program for elderly women with a history of falls: 1-year follow-up study. Geriatr Gerontol Int. 14(2):285-292, 2014.
  18. Kojima N, Kim H, Saito K, Yoshida H, Yoshida Y, Hirano H, Obuchi S, Shimada H, Suzuki T: Association of knee-extension strength with instrumental activities of daily living in community-dwelling older adults. Geriatr Gerontol Int. 14(3):674-80, 2014.
  19. Kim H, Suzuki T, Saito K, Yoshida H, Kojima N, Kim M, Sudo M, Yamashiro Y, Tokimitsu I. Effects of exercise and tea catechins on muscle mass, strength and walking ability in community-dwelling elderly Japanese sarcopenic women: A randomized controlled trial. Geriatr Gerontol Int 13(2):458-465, 2013.
  20. Kim M, Kim H. Accuracy of segmental multi-frequency bioelectrical impedance analysis for whole-body and appendicular fat mass and lean soft tissue mass in frail women aged 75 years and older. Eur J Clin Nutr 67(4):395-400, 2013.
  21. Kim H, Suzuki T, Saito K, Yoshida H, Kobayashi H, Kato H, Katayama M. Effects of exercise and amino-acid supplementation on body composition and physical function in community-dwelling Japanese sarcopenic women: A randomized controlled trial. J Am Geriatr Soc. 60(1):16-23, 2012.
  22. Kim H, Suzuki T, Yoshida H: The effects of multidimensional exercise on functional decline, urinary incontinence, and fear of falling in community-dwelling elderly women with multiple symptoms of geriatric syndrome: A randomized controlled and 6-month follow-up trial. Arch Gerontol Geriatr. 52(1): 99-105, 2011.
  23. Kim H, Yoshida H, Suzuki T. The effects of multidimensional exercise treatment on community-dwelling elderly Japanese women with stress, urge, and mixed urinary incontinence: A randomized controlled trial. Int J Nurs Stud. 48(10): 1165-1172, 2011.
  24. Kim H, Yoshida H, Suzuki T. The effects of exercise treatment with or without heat and steam generating sheet on urine loss in community-dwelling Japanese elderly women with urinary incontinence. Geriatr Gerontol Int. 11(4):452-459, 2011.

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.