研究支援施設

研究チーム紹介

記憶神経科学研究

記憶や学習について  

 

メンバー

リーダー:
研究部長  遠藤昌吾
研究員:
内田洋子、五味不二也、柳井修一
技術員:
新崎智子
協力研究員:
永雄総一

キーワード

βアミロイド、神経変性、神経再生、遺伝子発現、遺伝子機能阻害、記憶、学習、神経可塑性

主な研究

  1. βアミロイド神経毒性の分子機構の研究及び、認知症の進行度を現す髄液診断法の開発
  2. 記憶の分子機構の研究、記憶改善薬、記憶改善治療に関する研究

研究紹介

  1. アルツハイマー病脳において、どのような遺伝子の発現が変化すると、ニューロンが変性するのかを明らかにし、その遺伝子の発現を制御することによって、病気の進行を止めることをめざしています。
  2. 記憶は様々な脳高次機能の基盤であることから、老化や疾病に伴う記憶障害は患者や家族等周辺の人にも大きな影響を与えます。これらの記憶障害の理解そして治療のためには記憶の基礎的研究が必要です。基礎研究は薬物治療の標的分子を同定し、治療や薬物開発の基礎となります。

主要文献

  1. Uchida Y, Gomi F, Murayama S and Takahashi H.
    Calsyntenin-3 C-terminal fragment accumulates in dystrophic neurites surrounding Aß plaques in Tg2576 mouse and Alzheimer’s disease brains: its neurotoxic role in mediating dystrophic neurite formation. Am J Pathol, in press.
  2. Gomi F, Uchida Y.
    MAP1B 1-126 interacts with tubulin isoforms and induces neurite outgrowth and neuronal death of cultured cortical neurons. Brain Res, 1433, 1-8, 2012
  3. Uchida Y, Nakano S, Gomi F, and Takahashi H.
    Up-regulation of calsyntenin-3 by ß–amyloid increases vulnerability of cortical neurons. FEBS Lett, 585, 651-656, 2011
  4. Endo S.
    G-substrate: Cerebellum and beyond. Progress in Molecular Biology and Translational Science, Vol. 106 (Shenolikar ed.), pp. 381-416. Burlington: Academic Press, 2012.
  5. Endo S.
    Potential therapeutic targets for memory impairments and dementia: Clues obtained from memory-enhanced mice. Brain Aging, Therapeutic Interventions (Thakur and Rattan eds), pp. 219-238. Springer, 2012.
  6. Yanai S, Semba Y, Endo S.
    Remarkable Changes in Behavior and Physiology of Laboratory Mice after the Massive 2011 Tohoku Earthquake in Japan. PLoS ONE 7, e44475, 2012.

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.