研究支援施設

研究チーム紹介

社会参加と地域保険研究チーム

 

チームリーダー

研究部長  伊藤雅史

研究紹介

 老化機構研究チームでは、生命の設計図であるゲノムから作られる遺伝子産物(RNA・マイクロRNA・タンパク質)の発現変化とタンパク質の翻訳後修飾(糖鎖修飾)および細胞から分泌される膜小胞、エクソソームに着目し、それらの生体内における機能を明らかにし、老化および老化関連疾患を分子レベルで理解することを研究の目的としています。また、血液・尿・脳脊髄液等の体液中に存在する老化および老化関連疾患の診断・治療に役立つバイオマーカーを同定し、基礎研究を臨床に還元することを目指しています。これらの研究により、高齢者の健康維持、健康寿命の延伸に貢献します。

研究テーマ紹介

分子機構研究
  • 老化関連疾患および個体老化における糖鎖機能の解明
老化バイオマーカー研究
  • 老化関連疾患におけるエクソソームとマイクロRNAの機能解明とバイオマーカー探索
プロテオーム研究
  • 老化関連疾患のバイオマーカーとなるタンパク質とその分子修飾のプロテオミクス解析

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.