研究支援施設

研究チーム紹介

老化・虚弱の一次予防と地域保健に関する研究

 

メンバー

リーダー:
研究部長 北村明彦
専門副部長 青柳幸利
研究員:
天野秀紀、西真理子、谷口優、清野諭、横山友里
非常勤研究員:
成田美紀、朴晟鎭、池内朋子、田中泉澄、遠峰結衣

キーワード

老化、虚弱、健康余命、介護予防、地域保健、アクションリサーチ、社会経済的評価、身体活動

主な研究

  1. 虚弱化のプロセスの解明
    • ① 高齢期の虚弱化のパターンの解明
    • ② 異なるパターンの虚弱化の学際的原因解明
  2. 虚弱化を予防または先送りする社会システムの開発
  3. 健康余命を延伸することの社会経済的評価
  4. 高齢者の身体活動に関するガイドライン作成

研究紹介

虚弱は、老化と密接に関連した心身の脆弱な状態を指します。虚弱は、様々な要因が関与して生じ、多臓器にわたり生理的予備能が低下しストレスに対する脆弱性が増すため、のちに様々な負の健康アウトカム(adverse health outcomes;障害の発生、施設入所、死亡などを指す)を起こしやすい病態です。海外ではここ10年ほどの間に急速に研究が進みましたが、まだまだ未解決の課題が残されています。また、わが国の高齢者における虚弱の実態や原因の解明はあまり進んでいません。私たちは、虚弱という病態を深く理解することは、健康長寿に向けた効果的な戦略づくりに大きく貢献すると考えています。そこで、本研究では、これまで長年にわたり蓄積してきた疫学的縦断データを駆使して、虚弱の原因と虚弱化のプロセスの解明を行うとともに、地域でアクションリサーチを行い、虚弱を予防または先送りする社会システムの開発を進めています。

1.虚弱化のプロセスの解明
  • ① 高齢期の虚弱化のパターンの解明
    前述したように、虚弱は心身機能や生活機能が低下し、のちに様々な負の健康アウトカムを生じるリスクが高い状態です。しかし、高齢期に誰もが同じ様なパターンで心身機能や生活機能が低下していくわけではありません。私たちは、長期縦断データにlatent class analysisなどの縦断的統計解析法を適用して、高齢期の虚弱化のパターンの類型化を試みています。その結果、身体機能、心理機能、栄養機能、生活機能で加齢変化パターンは異なりますが、それぞれ3つから4つのパターンに分かれることがわかってきました。
  • ② 異なるパターンの虚弱化の学際的原因解明
    今後の課題は、類型化された虚弱のパターンごとに、その進行に関わる要因を宿主側要因(栄養、体力、心理、社会参加・活動)と環境側要因(家族、地域社会、制度・施策)の観点から、学際的に解明することです。現在、その課題に精力的に取り組んでいるところですが、その成果は健康長寿に向けた効果的な戦略づくりに大きく貢献することでしょう。

2.虚弱化を予防または先送りする社会システムの開発

 平成23年10月から平成26年度末まで、JST-RISTEX研究開発領域『コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン』/研究開発プロジェクト「高齢期の虚弱化を予防し健康余命を延伸する社会システムの開発」に取り組んできました。上述したような、虚弱の疫学研究により得られたエビデンスに基づいて、虚弱の一次、二次、三次予防に必要な組織やプログラムを開発し、それらを包含する社会システムを構想し、二つの自治体において実装実験を行い、中山間地域モデルと大都市近郊地域モデルの二つを提案しました。本プロジェクトの詳細については、チーム独自のホームページに公開しています。

3.健康余命を延伸することの社会経済的評価

 高齢者は、医療や介護において社会的コストとなる存在かもしれませんが、他方で重要な消費者であるほか、子や孫に資産を移転するなど様々な社会的役割を担っており、それらプロダクティビテーの総計は社会的コストをかなり上回っていると推計されています。本研究では、長期縦断研究において長年にわたり整備してきたデータセットを用いて健康日本21(第二次)で掲げられている「健康寿命の延伸」という健康目標についてその社会経済的合理性を検討します。

4.高齢者の身体活動に関するガイドライン作成

 歩数計/加速度計を用いて日常の生活行動を客観的かつ長期間モニターすることにより、地域高齢者の健康増進や疾病予防に最適な身体活動の量・質・タイミングなどの総合的パターンを確立することを目標に中之条研究を継続しています。

過去3年間の主要文献

  1. Taniguchi Y, Kitamura A, Seino S, Murayama H, Amano H, Nofuji Y, Nishi M, Yokoyama Y, Shinozaki T, Yokota I, Matsuyama Y, Fujiwara Y, Shinkai S: Gait Performance Trajectories and Incident Disabling Dementia Among Community-Dwelling Older Japanese. J Am Med Dir Assoc. 2017;18(2):192.e13-192.e20.
  2. Taniguchi Y, Kitamura A, Murayama H, Amano H, Shinozaki T, Yokota I, Seino S, Nofuji Y, Nishi M, Yokoyama Y, Matsuyama Y, Fujiwara Y, Shinkai S: Mini-Mental State Examination Score Trajectories and Incident Disabling Dementia Among Community-Dwelling Older Japanese. Geriatr Gerontol Int, in press.
  3. Seino S, Nishi M, Murayama H, Narita M, Yokoyama Y, Nofuji Y, Taniguchi Y, Amano H, Kitamura A, Shinkai S: Effects of a multifactorial intervention comprising resistance exercise, nutritional, and psychosocial programs of frailty and functional health in community-dwelling older adults: a randomized, controlled, crossover trial. Geriatr Gerontol Int, in press.
  4. Seino S, Sumi K, Narita M, Yokoyama Y, Ashida K, Kitamura A, Shinkai S. Effects of low-dose dairy protein plus micronutrient supplementation during resistance exercise on muscle mass and physical performance in older adults: A ran-domized, controlled trial. J Nutr Health Aging, in press.
  5. Murayama H, Shinkai S, Nishi M, Taniguchi Y, Amano H, Seino S, Yokoyama Y, Yoshida H, Fujiwara Y, Ito H: Albumin, hemoglobin, and the trajectory of cognitive function in community-dwelling older Japanese: a 13-year longitudinal study. Journal of Prevention of Alzheimer's Disease. http://dx.doi.org/10.14283/jpad.2016.113
  6. Aoyagi Y, Park S, Matsubara S, Honda Y, Amamoto R, Kushiro A, Miyazaki K, Shephard R.J: Habitual intake of fermented milk products containing Lactobacillus casei strain Shirota and a reduced risk of hypertension in older people. Beneficial Microbes. 2017;8(1):23-29.
  7. Shephard R.J, Park H, Park S, Aoyagi Y : Objectively measured physical activity and calcaneal bone health in older Japanese adults: dose/response relationships in longitudinal data from the Nakanojo Study. Journal of the American Geriatrics Society. 2017;65(4):800-807.
  8. Yokoyama Y, Nishi M, Murayama H, Amano H, Taniguchi Y, Nofuji Y, Narita M, Matsuo E, Seino S, Kawano Y, Shinkai S : Dietary variety and decline in lean mass and physical performance in community-dwelling older Japanese: A 4-year follow-up study. J Nutr Health Aging. 2017;21(1):11-16.
  9. Murayama H, Shinkai S, Nishi M, Taniguchi Y, Amano H, Seino S, Yokoyama Y, Yoshida H, Fujiwara Y, Ito H: Albumin, hemoglobin, and the trajectory of cognitive function in community-dwelling older Japanese: a 13-year longitudinal study. Journal of Prevention of Alzheimer's Disease. http://dx.doi.org/10.14283/jpad.2016.113
  10. Taniguchi Y, Fujiwara Y, Murayama H, Yokota I, Matsuo E, Seino S, Nofuji Y, Nishi M, Matsuyama Y, Shinkai S: Prospective Study of Trajectories of Physical Performance and Mortality Among Community-Dwelling Older Japanese. J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2016;71(11):1492-1499.
  11. Yokoyama Y, Nishi M, Murayama H, Amano H, Taniguchi Y, Nofuji Y, Narita M, Matsuo E, Seino S, Kawano Y, Shinkai S : Association of dietary variety with body composition and physical function in community-dwelling elderly Japanese. J Nutr Health Aging. 2016;20(7):691-696.
  12. Shinkai S, Yoshida H, Taniguchi Y, Murayama H, Nishi M, Amano H, Nofuji Y, Seino S, Fujiwara Y : Public health approach to preventing frailty in the community and its effect on healthy aging in Japan. Geriatrics Gerontology International, 2016 Mar;16 Suppl 1:87-97. doi: 10.1111/ggi.12726.
  13. Nofuji Y, Shinkai S, Taniguchi Y, Amano H, Nishi M, Murayama H, Fujiwara Y, Suzuki T : Associations of Walking Speed, Grip Strength, and Standing Balance with Total and Cause-Specific Mortality in a General Population of older Japanese. Journal of American Directors Association, 2016, 17(2), 184.e1-7.
  14. Taniguchi Y, Fujiwara Y, Nishi M, Murayama H, Nofuji Y, Seino S, Shinkai S: Prospective study of arterial stiffness and subsequent cognitive decline among community-dwelling older Japanese. Journal of Epidemiology, 2015, 25(9), 592-599
  15. Murayama H, Nishi M, Nofuji Y, Matsuo E, Taniguchi Y, Amano H, Yokoyama Y, Fujiwara Y, Shinkai S. Longitudinal association between neighborhood cohesion and depressive mood in old age: A Japanese prospective study. Health & Place, 2015, 34, 270-278.
  16. Murayama H, Liang J, Bennett JM, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Trajectories of body mass index and their associations with mortality among older Japanese: Do they differ from Western populations? American Journal of Epidemiology, 2015, 182(7), 597-605.
  17. Seino S, Shinkai S, Iijima K, Obuchi S, Fujiwara Y, Yoshida H, Kawai H, Nishi M, Murayama H, Taniguchi Y, Amano H, Takahashi R : Reference values and age differences in body composition of community-dwelling older Japanese men and women: A pooled analysis of four cohort studies. PLoS ONE, 2015, 10(7), e0131975.
  18. Ayabe M, Park S, Shephard R.J, Aoyagi Y : Associations of activity monitor output and an estimate of aerobic fitness with pulse wave velocities: the Nakanojo Study. Journal of Physical Activity and Health, 2015, 12, 139-144.
  19. Murayama H, Bennett JM, Shaw BA, Liang J, Krause N, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Does social support buffer the effect of financial strain on the trajectory of smoking in older Japanese? A 19-year longitudinal study. Journal of Gerontology: Psychological Sciences & Social Sciences, 2015, 70(3), 367-376.
  20. Murayama H, Liang J, Bennett JM, Shaw BA, Botoseneanu A, Kobayashi E, Fukaya T, Shinkai S : Socioeconomic status and the trajectory of body mass index among older Japanese: a nationwide cohort study of 1987–2006. Journal of Gerontology: Psychological Sciences and Social Sciences, 2015, 71(2), 378-388.
  21. Murayama H, Nofuji Y, Matsuo E, Nishi M, Taniguchi Y, Fujiwara Y, Shinkai S : Are neighborhood bonding and bridging social capital protective against depressive mood in old age? A multilevel analysis in Japan. Social Science and Medicine, 2015, 124, 171-179.
  22. Seino S, Shinkai S, Fujiwara Y, Obuchi S, Yoshida H, Hirano H, Kim HK, Ishizaki T, Takahashi R ; TMIG-LISA Research Group : Reference values and age and sex differences in physical performance measures for community-dwelling older Japanese: A pooled analysis of six cohort studies. PloS ONE, 2014, 9(6), e99487.
  23. Taniguchi Y, Shinkai S, Nishi M, Murayama H, Nofuji Y, Yoshida H, Fujiwara Y : Nutritional biomarkers and subsequent cognitive decline among community-dwelling older Japanese: A prospective Study. Journals of Gerontology: Biomedical Sciences & Medical Sciences, 2014, 69(10), 1276-1283.
  24. Murayama H, Nofuji Y, Matsuo E, Nishi M, Taniguchi Y, Fujiwara Y, Shinkai S : The Yabu cohort study: design and profile of participants at baseline. Journal of Epidemiology 2014; 24: 519-525.
  25. 遠峰結衣, 清野諭, 田中泉澄, 北村明彦, 新開省二 : 高齢者のフレイル予防を促進する属性情報を用いた情報基盤の提案.研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI).2016;2016-UBI-51(5):1-6.
    (英語版) Tomine Y, Seino S, Tanaka I, Kitamura A, Shinkai S: A plan for setting the infrastructure using personal information to promote the prevention for the frailty of the elderly in the community.IPSJ SIG Technical Report.2016;2016-UBI-51(5):1-6.
  26. 西真理子, 吉田裕人, 藤原佳典, 深谷太郎, 天野秀紀, 熊谷修, 渡辺修一郎, 村山洋史, 谷口優, 野藤悠, 干川なつみ, 土屋由美子, 新開省二 : 高齢者向けの集団健診が余命および健康余命に及ぼす影響-草津町介護予防事業10年間の効果評価の試み-. 厚生の指標, 2016, 63(2), .
  27. 谷口優, 清野諭, 藤原佳典, 野藤悠, 西真理子, 村山洋史, 天野秀紀, 松尾恵理, 新開省二 : 地域在住高齢者における身体機能・骨格筋量・サルコペニアと認知機能との横断的・縦断的な関連性. 日本老年医学会雑誌 2015, 52(3), 269-277.
  28. 谷口優, 藤原佳典, 篠崎智大, 天野秀紀, 西真理子, 村山洋史, 野藤悠, 清野諭, 成田美紀, 松尾恵理, 横山友里, 新開省二 : Mini-Mental State Examinationにより評価した認知機能低下と将来の要介護発生との関連. 日本老年医学会雑誌, 2015, 52(1), 86-93.
  29. 野藤悠, 新開省二, 吉田裕人, 西真理子, 天野秀紀, 村山洋史, 谷口優, 成田美紀, 松尾恵理, 深谷太郎, 藤原佳典, 干川なつみ, 土屋由美子 : 介護予防評価における介護保険統計の有用性と限界~草津町介護予防10年間の評価分析を通して~. 厚生の指標, 2014, 61(12), 28-35.
  30. 清野諭, 谷口優, 吉田裕人, 藤原佳典, 天野秀紀, 深谷太郎, 西真理子, 村山洋史, 野藤悠, 松尾恵理, 干川なつみ, 土屋由美子, 新開省二 : 群馬県草津町における介護予防10年間の取り組みと地域高齢者の身体,栄養,心理・社会機能の変化. 日本公衆衛生雑誌, 2014, 61(6), 286-298.

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.