研究支援施設

研究チーム紹介

社会参加と地域保険研究チーム

 

チームリーダー

研究部長  藤原佳典

研究紹介

 私たちの研究チームは、わが国の高齢者人口の8割を占める自立高齢者を対象にして、プロダクティビティの促進と障害の予防に貢献する研究を行っています。
 プロダクティビティとは、就労、ボランティア、近隣や友人との助け合い、家事など、有償・無償の生産的で社会的な役割を担う活動全般をさします。日本が直面している超高齢社会では、女性とならんで高齢者のプロダクティビティに大きな期待が寄せられています。全国高齢者の代表サンプルを長期間に亘って追跡する研究、世代間交流プログラムによりソーシャルキャピタルを醸成する研究を行う他、社会的に孤立しがちな高齢者を地域で重層的にケアする地域包括システムを構築し、プロダクティビティの促進と「健康格差の縮小」に貢献します。
 障害の予防に寄与する研究では、特に後期高齢期に生じやすい「虚弱」に着目した疫学研究を行い、その成果を生かして地域で高齢者の虚弱を予防または先送りする社会システムを開発し、それを全国に普及することで健康余命のさらなる延伸をめざします。さらに、第二期健康日本21の大目標に挙げられている「健康寿命の延伸」を社会経済的側面から評価し、健康寿命を延ばすことの社会的意義を見つめ直します。
 わたしたちの研究チームは、医学、看護学、栄養学、体育学、心理学、社会学、健康科学などを専門とする幅広い人材から構成されており、超高齢社会の諸課題の解決に向けて学際的にアプローチします。得られた研究成果は、共同研究を実施する自治体はもちろん、東京都および国の施策づくりに生かされます。

研究テーマ紹介

社会参加・社会貢献の促進に関する研究
  1. 高齢者のウェルビーイング(幸福)を促進・阻害する社会的要因の解明
  2. 多世代共創社会に向けた世代間交流・ソーシャルキャピタル醸成の効果検証
  3. 高齢者の多様なニーズに応える有償・無償の社会貢献プログラムの開発
  4. 社会的孤立の予防に向けた重層的地域包括ケアシステムの開発
老化・虚弱の一次予防と地域保健に関する研究
  1. 虚弱化のプロセスの解明
    • ① 高齢期の虚弱化のパターンの解明
    • ② 異なるパターンの虚弱化の学際的原因解明
  2. 虚弱化を予防または先送りする社会システムの開発
  3. 健康余命を延伸することの社会経済的評価
  4. 高齢者の身体活動に関するガイドライン作成

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.