研究支援施設

研究チーム紹介

神経病理学研究(高齢者ブレインバンク)

 

メンバー

リーダー:
研究副部長 藤ヶ崎純子
研究部長:
村山繁雄(神経内科部長・高齢者バイオリソースセンター部長兼務)
研究員:
高田忠幸
非常勤研究員:
鈴木衣子、内野彰子
技術員:
木村有希
非常勤職員:
原田三枝子、直井信子、今井佐知子、後藤博、瀬川千尋、岡本京子

キーワード

臨床神経学、神経病理、ブレインバンク、認知症、軽度認知障害、百寿齢、動的神経病理、分子神経病理、疫学神経病理、アルツハイマー病、高齢者タウパチー、嗜銀顆粒性認知症、パーキンソン病、ベータアミロイド、タウ、シヌクレイン、レビー小体型認知症、プリオン病、成人型神経核内封入体病

主な研究

  1. 高齢者ブレインバンクの構築・維持・運用
  2. 高齢者の認知・運動機能疾患の病理学的研究

研究紹介

病院部門の臨床研究部門高齢者バイオリソースセンターにも位置付けられた「高齢者ブレインバンク」のリソースの収集・保管・運用を、病院病理・神経内科・精神科・リハビリ部門と共同して行っており、病院と研究所の橋渡しを担っています。

老化性神経疾患を中心に、高齢者の認知・運動機能障害を、臨床面と神経病理面からのアプローチを用いて神経科学的な包括研究を行っています。


(1) センター病院神経内科・精神科と協力し、アルツハイマー病、パーキンソン病及び関連疾患を中心に、精神・神経徴候と神経心理、髄液バイオマーカー、MRI VBM(VSRAD及び中脳被蓋計測)、脳血流シンチの検査データを用いたコンセンサスカンファランスで診断確定をし、問題例にはPET検査を行い、推定背景病理に基づく最適介入法を開発しています。

(2) 連続剖検例を用いた脳・脊髄の網羅的検索による、老化に伴う運動・認知機能障害の病理学的背景の解明と、臨床・画像・生化学・ゲノム連関を行うことで、疾患治療に向けての包括的研究を、国内外の神経科学研究者と共同で行っています。


 

海外ブレインバンクとの国際共同研究の展開

高齢者ブレインバンクに蓄積された研究リソースを活用し、諸外国のブレインバンクと連携した国際共同研究を展開しています。

(1) 国際パーキンソン病研究

オーストラリア、イギリス、オランダのブレインバンクとの共同研究により、パーキンソン病発症に関わる蛋白の変化について、死後脳を用いた生化学的、病理学的な研究を行っています。

(2) ブラジルサンパウロ大学ブレインバンクとの国際共同研究

生活環境が認知症発症にどのような影響を与えるかを調べるために、同じ遺伝的背景を持つ日系ブラジル人と日本人とで脳の加齢性変化に差があるかを検討する研究を始動しています。

 

神経変性疾患の生前病理診断の確立

加齢依存性に発症する神経変性疾患は進行に先駆けて早期に治療を開始することが望まれます。今後、展開が期待される治療戦略に対応するためには、疾患を生前に診断する方法を確立する必要があり、研究室では生前診断法の確立に取り組んでいます。

(1) レビー小体病皮膚生検診断の確立

パーキンソン病に代表されるレビー小体病では、皮膚の末梢神経にもレビー小体関連病理が認められることがあり、皮膚生検による診断の有用性について検討しています。

(2) 成人型神経核内封入体病の皮膚生検診断の確立

高齢者認知症の一型である成人型神経核内封入体病では、脳だけではなく、皮膚を含めた全身臓器の細胞で核内封入体が形成されます。皮膚生検による生前診断の精度を高めるための研究を行っています。

主要文献

  1. Takahashi-Fujigasaki J, Nakano Y, Uchino A, Murayama S. Adult-onset neuronal intranuclear hyaline inclusion disease is not rare in the elderly. Geriatr Gerontol Int. 2016 Mar;16 Suppl 1:51-6.
  2. Uchino A, Takao M, Hatsuta H, Sumikura H, Nakano Y, Nogami A, Saito Y, Arai T, Nishiyama K, Murayama S: Incidence and extent of TDP-43 accumulation in aging human brain. Acta Neuropathol Commun 2015; 3: 35 DOI: 10.1186/s40478-015-0215-1
  3. Sumikura H, Takao M, Hatsuta H, Ito S, Nakano Y, Uchino A, Nogami A, Saito Y, Mochizuki H, Murayama S: Distribution of phosphorylated α-synuclein in the spinal cord and dorsal root ganglia in an autopsy cohort of elderly persons. Acta Neuropathol Commun2015; 3: 57 DOI: 10.1186/s40478-015-0236-9
  4. Reona Kobayashi R, Takahashi-Fujigasaki J, Shiozawa S, Hara-Miyauchi C, Inoue T, Sasaki E, Okano JH, Okano H. α-synuclein aggregation in the olfactory bulb of middle-aged common marmoset. Neurosci Res. 2015 Nov 19. in Press.
  5. Sabri O, Sabbagh MN, Seibyl J, Barthel H, Akatsu H, Ouchi Y, Kohei Senda K, Murayama S, Ishii K, Takao M, Beach TG, Rowe CC, Leverenz NB, Ghetti B, Ironside JW, Catafau AM, Stephens AW, Mueller A, Koglin N, Hoffmann A, Katrin Roth K, Cornelia Reininger C, Schulz-Schaeffer WJ, for the Florbetaben Phase 3 Study Group: 18F-florbetaben PET imaging of amyloid plaques to detect Alzheimer disease: results from a multicenter histopathological Study. Alzheimers Dement 2015; 11(8): 964-974 DOI: 10.1016/j.jalz.2015.02.004
  6. Hatsuta H, Takao M, Ishii K, Ishiwata K, Saito Y, Kanemaru K, Arai t, Suhara T, Shimada H, Shinotoh H, Tamaoka A, Murayama S: Amyloid beta accumulation assessed with 11C-Pittsburgh compound B PET and postmortem neuropathology. Curr Alzheimer Res 2015; 12(3): 278-286.
  7. 7. Ito S, Takao M, Hatsuta H, Kanemaru K, Arai T, Saito Y, Fukayama M, Murayama S. Alpha-synuclein immunohistochemistry of gastrointestinal and biliary surgical specimens for diagnosis of Lewy body disease. Int J Clin Exp Pathol 2014; 7:1714-23.
  8. Funabe S, Takao M, Saito Y, Hatsuta H, Sugiyama M, Ito S, Kanemaru K, Sawabe M, Arai T, Mochizuki H, Hattori N, Murayama S. Neuropathologic analysis of Lewy-related a-synucleinopathy in olfactory mucosa. Neuropathology 2013; 33: 47-58,
  9. Sugiyama M, Takao M, Hatsuta H, Funabe S, Ito S, Obi T, Tanaka F, Kuroiwa Y, Murayama S. Increased number of astrocytes and macrophages/microglial cells in the corpus callosum in amyotrophic lateral sclerosis. Neuropathology 2013; 33:591-9.

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.