研究支援施設

研究チーム紹介

終末期ケアのあり方の研究

 

メンバー

研究員:
島田千穂、平山 亮、中里和弘、野本茂樹
非常勤研究員:
高橋龍太郎

キーワード

看取りケア、意思決定、ケアの質、職種間連携、ケアマネジメント、家族ケア、遺族ケア

主な研究

  1. 本人の終末期医療の意思決定を支援する研究
  2. 高齢者を看取った遺族へのケアに関する研究
  3. 高齢者介護施設の職員の看取りケア経験学習に関する研究

研究紹介

 人生の最期に関わるケアは、関わる人(本人、家族、ケア提供者)の立場、関係性、ケアが提供される場によって、最善と考えるケアは異なります。異なる価値観から何が「最適」なのか見出す過程を研究しています。

  1. 高齢者本人の意思決定を支援するためのツールとして、「ライフデザインノート」を開発しました。このノートは、自らの過去や現在の生き方を振り返って整理し、終末期を含めた将来の生活の希望を書き残すことができるものです。これを書いておけば、終末期を迎えた時に、「どのような最期の生活を過ごしたいか」という本人の希望に沿ったケアが提供できるのではないかと考えています。最近の研究では、代理で決定する家族の思いも重ね合わせなければ、実際の終末期の場面では通用しないのではないかと考えています。今後は、代理決定する可能性のある家族の思いについての研究も進めていきたいと考えています。
  2. 家族や大切な人を亡くした方へのケアは、一般的にグリーフケア(遺族ケア)と呼ばれています。遺族へのケアと考えると、死別後に行う支援だけのように考えがちですが、遺族の悲嘆は、療養時や終末期の高齢者本人へのケアや家族が受けるサポートの質から影響を受けると考えられています。死別後の悲嘆を軽減するために必要なケアについて、家族を支える視点から研究しています。
  3. 「訪問看護事業所における遺族支援の実態調査」報告書をダウンロードできます。
    訪問看護事業所における遺族支援の実態調査

     

  4. 高齢者介護施設に入居されている方への終末期ケアは、関わっている人によって最適なケアのあり方が異なるため、一律に座学やマニュアルで学ぶには限界があります。そこで、終末期ケアの経験を概念化し、次の実践に生かすことを目的とした「反照的習熟プログラム」を開発し、施設で試験的に導入していただいています。その結果、内省から概念化への過程が促進され、ケア遂行への自信が高まる可能性が示唆されました。集合教育での活用も視野に入れ、分析を進めています。
  5. 反照的習熟プログラム報告書、及び反照的習熟プログラムで使う書式をダウンロードできます。
    看取りの振り返りを有効に実施するためのガイド
    看取りケア確認シート
    看取りケア確認シートフェイスシート
    検討会フィードバック

     

    また、特別養護老人ホーム看取りケア提供体制調査にご協力いただき、ありがとうございました。結果を下記PDFファイルにて報告させていただきます。
    特別養護老人ホーム看取りケア提供体制調査報告書

     

     終末期ケアは、あたかも必要な医療やケアを行わず、死を早めることと誤解している人もいます。人生の最期は誰にも必ず訪れます。最期を考えることは、今この時を大切に生きたいと思えることにつながると私たちは考え、研究を継続しています。

主要文献

  1. Shimada C, Hirayama R, Wakui T, Nakazato K, Obuchi S, Ishizaki T, Takahashi R. : Reconsidering Long-Term Care in the End-of-Life Context in Japan.Geriatrics and Gerontology Supplement, 16(S1), 132-139, 2016
  2. 島田千穂、石﨑達郎、高橋龍太郎:臨死期におけるケアの場の移行を回避する看取りケア体制の関連要因.厚生の指標,63(4),1-7,2016
  3. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;何が良い看取りと言えるのですか.CARE WORK3月号,12-13,2016
  4. 島田千穂:介護の世界;自分の視点・ひとの視点.介護人材Q& A3月号12(137),77-78,2016
  5. 中里和弘:介護の世界;施設における看取りとグリーフケア.介護人材Q& A2015年2月号12(136),80-81,2016
  6. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;独りで逝かせたくないんです.CARE WORK1月号,12-13,2016
  7. 島田千穂、伊東美緒、平山亮、高橋龍太郎:看取りケア経験の協働的内省が特別養護老人ホーム職員の認識に及ぼす影響.社会福祉学,56(1),87-100,2015
  8. 平山 亮:「働きながら親を介護するということ」『生活経済政策』223:18 – 22.2015年8月.
  9. 平山 亮:「親を介護する息子たち」,『日本女子大学現代女性キャリア研究所紀要:現代女性とキャリア』7:24–30.2015
  10. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;看取りケアはどのように学ぶのがよいのでしょうか.CARE WORK11月号,12-13,2015
  11. 中里和弘:介護の世界;「死生観ってなに?」を考える.介護人材Q& A2015年9月号,12(131),80-81,2015
  12. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;看取りはいつから始まるのですか.CARE WORK9月号,12-13,2015
  13. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;何もできず、最期をただ待っているだけのようでつらいのです.CARE WORK7月号,12-13,2015
  14. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;なぜ介護職が看取りに関わらなければならないのですか.CARE WORK5月号,12-13,2015
  15. 島田千穂:介護の世界;自分の視点・ひとの視点.介護人材Q& A4月号12(126),58-59,2015
  16. 中里和弘、島田千穂、高橋龍太郎:終末期医療やケアの希望の伝達;「ライフデザインノート」の取り組み.介護人材Q&A 2015年1月号,12(123),68-78,2015
  17. 島田千穂、中里和弘:特集生きざま、死にざま、終末を考える:100%生かすエンディングノートの書き方.月刊ケアマネジメント26(1),16-19,2015
  18. Shimada C, Hirayama R, Nakazato K., Arai K., Ishizaki T, Aita K, Shimizu T, Inamatsu T, Takahashi R : What Has Become More Acceptable? Continuity and Changes in Older Adults’ Attitudes toward End-of-Life Care in Japan. Geriatrics & Gerontology International,15(7),927-930, 2015
  19. 島田千穂、中里和弘、荒井和子、会田薫子、清水哲郎、鶴若麻理、石崎達郎、高橋龍太郎:終末期医療における事前の希望伝達の実態とその背景.日本老年医学会雑誌,52(1),79-85,2015
  20. 平山 亮.「家族介護者のサポート源とその経時的変化:家族からの協力と介護保険サービスに焦点を当てて」『老年社会科学』36(1):43-47.2014
  21. 平山 亮.「『息子介護』から見た、この国のこれからの介護のあり方」、『介護経営白書2014-2015年版(日本医療企画)』,22-33,2014
  22. 島田千穂、中里和弘:エンディングノート再考;100%生かすエンディングノートの書き方.月刊ケアマネジメント2015年1月号,16-19,2014
  23. 中里和弘:グリーフケア(遺族ケア), 大木桃代(編)がん患者のこころに寄り添うために-サイコオンコロジーの基礎と実践(サイコロジスト編)-.真興交易,50-56,2014
  24. 中里和弘:死にゆく人の心のケア1-最期まで“その人らしく”あるために-, 日本老年行動科学学会監修・大川一郎編代:高齢者のこころとからだ事典.中央法規,522-523,2014
  25. 島田千穂、堀内ふき、鶴若麻理、高橋龍太郎 : 特別養護老人ホームにおける看取りケア実施状況と関連要因. 老年社会科学, 34(4), 500-509, 2013
  26. 島田千穂 : 特別養護老人ホームにおける終末期ケア実践と多職種協働の課題. 日本認知症ケア学会誌, 11(2), 470-476, 2012
  27. 島田千穂、高橋龍太郎 : 高齢者介護施設における看取りの実態と課題. Geriatric Medicine, 50(12), 1419-1422, 2012

著書

  1. 島田千穂、伊東美緒.『認知症・超高齢者の看取りケア実践』日総研出版,2016年7月.
  2. 平山 亮・古川雅子.『きょうだいリスク――無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる?』朝日新聞出版,2016年2月.
  3. 平山 亮.『迫りくる「息子介護」の時代――28人の現場から』光文社,2014年2月(2015年2月 韓国語翻訳版も刊行).

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.