研究支援施設

研究チーム紹介

要介護化の要因解明と予測に関する研究

 

メンバー

リーダー:
研究部長  石崎達郎
研究員:
森  寛子、涌井智子、光武誠吾
非常勤研究員:
太田美緒、寺本千恵

キーワード

要介護高齢者、医療保険制度、介護保険制度、介護と医療、介護者の介護意識、移行期ケア(transitional care)、ケアの継続性・包括性の確保

主な研究

  1. 要援護・要介護高齢者とその家族の保健・福祉的課題に対する支援策の検討
  2. 医療介護レセプトデータベースを用いた地域包括ケアの現状と対応策の検討

研究紹介

  1. 要介護・要支援高齢者や地域での見守りが必要な要援護高齢者、並びにその家族が抱える保健・福祉的課題と課題発生の要因・機序を解明し、課題の改善に向けた制度・政策、行政、専門職、地域住民等の各層における支援策・支援プログラムの検討・提言を目的とします
  2. 医療介護レセプトデータベースと自治体の介護ニーズ調査等の分析を通じて、地域包括ケアシステムの導入に係る課題とその対応策を明らかにすることを目的とします。
    医療・介護保険レセプトデータを用いて医療・介護サービスの利用状況・費用を分析するとともに、地域のフォーマルサービス・インフォーマルサービスの需給に着目した事例分析を実施し、高齢者が地域で安心して生活するために必要な医療・介護サービスを、継ぎ目なく包括的に提供するための方策を提案します。

主要文献

  1. Ishizaki, T., Furuna, T., Yoshida, Y., Iwasa, H., Shimada, H., Yoshida, H., Kumagai, S., and Suzuki, T., for the TMIG-LISA Research Group. : Declines in physical performance by sex and age among nondisabled community-dwelling elderly over a six-year period. J Epidemiol., 21(3), 176-183, 2011
  2. ジョン・キャンベル、新名正弥 : 自治体と介護保険行政-都市と地方の比較から-. 在宅介護における高齢者と家族-都市と地方の比較調査分析-(日米LTCI研究会編. 高橋龍太郎、須田木綿子編集代表), pp. 36-58, ミネルヴァ書房, 2010
  3. Ishizaki, T., Yoshida, H., Suzuki, T., and Shibata, H., for the TMIG Longitudinal Interdisciplinary Study on Aging Research Group. : The association between self-rated health status and increasing age among older Japanese living in a rural community over a 6-year period: a longitudinal data analysis. Gerontology, 55(3), 344-52, 2009
  4. Kodama, H., Izumo, Y., Takahashi,R., Suda,Y., Nishimura, M., Kudo, H., Miyamoto, M. and Sasaki, H. : Family relationships of self-care-dependent older people and institutionalized rate to nursing homes. Geriatr Gerontol Int., 9(3), 320-325, 2009
  5. 杉原陽子、杉澤秀博、新名正弥、菊地和則、高橋龍太郎 : 要支援認定者における介護保険制度改定の影響評価 -サービス削減への対処とその心理的影響-. 社会福祉学, 50(2), 56-67, 2009
  6. Ishizaki, T., Imanaka, Y., Oh, E.H., Sekimoto, M., Hayashida, K., and Kobuse, H. : Association between patient age and hospitalization resource use in a teaching hospital in Japan. Health Policy, 87(1), 20-30, 2008
  7. Kodama, H., Suda, Y., Takahashi, R., Nishimura, M., Izumo, Y., Kudo. H and Sasaki, H : Family relationships for self-care dependent older people at home. Geriatr Gerontol Int., 7(3), 252-257, 2007
  8. 児玉寛子、出雲祐二、須田木綿子、高橋龍太郎、西村昌記 : 主介護者と要介護者における関係改善の要因に関する一考察~2003年 在宅介護と健康に関する東京・秋田調査から~. 日本社会福祉学会東北部会東北の社会福祉研究, 3, 1-15, 2007
  9. Ishizaki, T., Kai, I., and Imanaka, Y. : Self-rated health and social role as predictors for 6-year total mortality among a non-disabled older Japanese population. Arch Gerontol Geriatr., 42(1), 91-99, 2006
  10. 児玉寛子、出雲祐二、須田木綿子、高橋龍太郎、西村昌記 : 嫁の介護意識~東京と秋田の比較から~. 秋田桂城短期大学地域総合研究所研究所報, 8, 103-117, 2005
  11. Ishizaki, T., Kai, I., Kobayashi, Y., Matsuyama, Y., and Imanaka, Y. : The effect of aging on functional decline among older Japanese living in a community: a 5-year longitudinal data analysis. Aging Clin Exp Res., 16(3), 233-239, 2004
  12. Ishizaki, T., Watanabe, S., Suzuki, T., Shibata, H., and Haga, H. : Predictors for functional decline among non-disabled older Japanese living in a community during a 3-year follow-up. J Am Geriatr Soc., 48(12), 1424-1429, 2000
  13. 新名正弥 : フィンランドの高齢化の現状と対策. 統計, 1999年4月号, 31-36, 1999
  14. 新名正弥 : 市民が支える福祉国家-フィンランド高齢者を取りまく社会環境. 長寿社会年鑑98〜99年版(社団法人長寿社会文化協会監修), pp. 238-251, 全国高齢者社会福祉協会, 1998
  15. 新名正弥 : フィンランド民間非営利部門の高齢者福祉分野における活動と制度. 季刊海外社会保障研究, 125, 87-101, 1998

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.