研究所からのお知らせ

  • 東日本における入浴中心臓機能停止者(CPA状態)の発生状況-東日本23都道県の救急搬送事例4264件の分析報告書-を掲載しました。
    報告書(PDF)
  • 東京都健康長寿医療センター研究所は、東日本全消防本部の81%の調査協力を得て、浴室での心肺停止状態を含む死亡者総数を約17,000人と推計しました。
    プレスリリース資料(PDF)
  • 東京都健康長寿医療センター研究所は、東日本大震災を経験したマウスの行動などが大きく変化し、ヒトでの変化と極めて類似性が高いことを見いだしました。
    プレスリリース資料(PDF)
  • 東京都健康長寿医療センター研究所などは、大豆食品による大腸がん予防効果が高い人の特徴を明らかにしました。
    プレスリリース資料(PDF)
  • 東京都健康長寿医療センター研究所は、宇宙ステーションに滞在した線虫から老化をコントロールする遺伝子を発見しました。
    プレスリリース資料(PDF)
    JAXAのホームページはこちら
  • 東京都健康長寿医療センター研究所は、重症筋無力症の新しいモデル動物とそれを使った有効な治療薬、従来の治療薬に対する過敏性のメカニズムを明らかにしました。
    概要
  • 東京都健康長寿医療センター研究所は、皮膚におけるビタミンCの機能解明につながるビタミンC合成不全へアレスマウスを開発しました。
    概要
  • 「東日本大震災の都内在宅高齢者の被害状況」について、調査結果を掲載しました。
    概要
    報告書(PDF)
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.