講演会のご案内

副所長 高橋 龍太郎

 

健康問題としての入浴事故

 わが国の主要な死因は悪性腫瘍、心疾患、脳血管障害の3つである。高齢者では肺炎がこれに続き、不慮の事故による死亡は第5位に位置する。不慮の事故というと交通事故などが多いように思われるが、実際にはその大半が交通事故以外によるものであり、その中でも家庭内での溺水・溺死の増加がめだっている。溺水・溺死は事故に分類されるが、入浴中に起こった心・脳疾患の発作による死亡は病死とされ、これらを含む入浴中の急死は相当数に上るであろうと指摘されてきた。欧米各国と比べても、わが国における溺死は、海での水難事故の多いギリシャについで第2位にあり、他の原因による死亡が低率であるのとは対照的である。
 入浴中の急死は近年増加してきていると推察されるが実態は不明の点が多かった。それは、第一に、大多数が一人で入浴しているときに起こるため発生状況が不明であること、第二に、明らかな根拠がなければ溺死という診断は行われず、それ以外の診断では入浴との関係は病名に反映されないこと、第三に、病理解剖を行っても死因が必ずしも明らかにならないこと、などの理由による。
 しかし、入浴事故の約8割は、一人で入浴している元気な健康高齢者で起きており、もし入浴中でなかったならば死亡せずにすんだのではないかという点で高齢期の重要な健康問題であると思われる。

 

我が国の入浴事情

 わが国で入浴事故が多発している背景には、独特の社会・文化的な理由がある。たとえば、欧米では身体の清潔を目的に入浴しているのに対し、わが国ではからだを温める、リラックスして入浴を楽しむ、という意味をもっている。むしろ、このような点を重視している人も少なくない。ある調査によると、一週間に3回以上浴槽内で入浴する人の割合は、日本では100%であるのに米国(ニューヨーク)では23%にすぎないという(おふろの楽園、資生堂新規事業部編著、求龍堂、1994年)。また、日本のサラリーマンに対する調査によると、家庭で最もくつろげるのは「お風呂に入っているとき」との答えが一番多かったという。
 一方、米国などでの入浴の特徴は、バスルームは複数あってもシャワータイプが多く、朝、外出前、来客前などにシャワーをするのが一般的で、浴槽内での入浴はほとんどしない人も珍しくない(東京ガス・都市生活研究所、日米お風呂調査)。十字軍時代、イスラム教徒が「西洋人には清潔の観念がなく、入浴の方法を知らない」と驚いたという逸話が残っているそうである。このような欧米諸国と、銭湯という公衆浴場での入浴が社交や情報交換の場でもあったわが国とでは、入浴事故のメカニズムについて入浴の効果や生理作用への影響だけで説明することはできないだろう。

 

入浴の影響

 しかし、入浴事故の最大の誘因は温度変化など物理的環境にあると考えられる。そこで入浴の3大効果といわれる温熱作用、(静)水圧作用、浮力作用(図1)についてみていくことにする。

 温熱作用は、血管拡張による血行促進によって組織への酸素供給を増加させる効果のことで、心臓への負担軽減、心拍出量の増加をもたらす。しかし、高齢者や心機能状態によっては逆効果となる可能性がある。また、この効果は湯温や室温の違いによっても異なってくる。脱衣場が寒いところでは血管が収縮するため血液は心臓、脳、消化管などの臓器に偏って分布する。高温浴(およそ42℃以上)の場合、入浴後温熱作用によって末梢の皮膚(体表面)の血流が著しく増加する。脳や心臓の動脈硬化があるとこれらの臓器を流れる血流量が急激に減少し虚血状態が生じる。また長く高温で入浴すると、発汗による血液量減少や血液凝固亢進状態を起こし脳梗塞や心筋梗塞の引き金になりうる。入浴に伴い血圧の変動も著しい。脱衣場の室温が低い場合は、入浴前にすでに血圧上昇が起こり、高温浴では入浴直後にさらに上昇する。その後血圧は低下し始め、入浴後、およそ4,5分たった頃、収縮期血圧(最高血圧)は入浴前より5-30%低下する。入浴時間が長くなったり、湯温が高温となったり、高齢者、高血圧症の人では変化率がさらに著しくなる。浴槽から出るときの立位動作に伴いさらに下降する場合がある。これは高齢者に多くみられる「食事後性低血圧」「起立性低血圧」と同じメカニズムで起こると考えられる。溺没、溺水の原因となる「意識障害」「湯のぼせ」「湯あたり」が生じる重要な要因である。
 静止した水中では、大気圧と深さに比例した水圧すなわち静水圧が働いている。下肢は血液を心臓に戻す重要な役割を担っておりこれを下肢ポンプ作用(Leg Pumping)というが、水中で下肢は深いところに位置するので、加わる静水圧によって静脈血が心臓に還流され心拍出量が増加する。一方、静水圧によって全身浴では胸囲は1-3cm、腹囲は3-5cm縮小する。胸郭が圧迫され、腹囲が縮小した結果、横隔膜を挙上する。そのため心臓から肺への血流も抑えられるので心臓への負担は増加する。半身浴では、このような負担は少ないと思われる。
 浮力による生理作用への影響はあまりよく分かっていない。体が軽くなった分、温泉プールなどでのリハビリテーションには活用できる。

 

入浴事故予防のための対策

     
  1. 湯温は39~41℃くらいで長湯をしない
  2. 脱衣場や浴室の室温が低くならない工夫をする
  3. 食事直後や深夜に入浴しない
  4. 気温の低い日は夜早めに入浴する
  5. 心肺の慢性疾患や高血圧症をもつ人では半身浴が望ましい

 

入浴中の急死は全国で年間約14,000人

 さて、浴室はプライベートな空間であるという事情もあって、入浴中の事故についての大規模な実態調査はほとんどなかった。私たちは、東京消防庁全救急隊の協力のもと平成11年10月から平成12年3月までに行った調査結果に基づいて、全国での入浴中の急死例の推計を行った。東京23区内では半年間に628件の死亡事故が発生し、一年で866件と推定された。そして、東京23区内の年齢構成と全国の年齢構成の違いを考慮して、平成11年度の全国の入浴中急死は約14,000人と算出されたのである。東京23区内データのうち79%を占める高齢者の比率から推定すると、全国では約11,000人の高齢者が死亡しており交通事故死の数倍は多いといえる。
 また、事故にあったものの半数はすでに現場で死亡(心肺停止状態)していた。このような入浴中急死につながる要因を解析したところ、表1のように高齢、女性、気温の低い日、深夜から早朝に通報されたものが死亡に結びつきやすいことが明らかとなった。一方、夕方に発生した場合は死亡例が少ないこともわかった。なぜ女性の方が入浴中に死亡しやすいかという点は詳細不明であるが、事故発生時間と死亡との関係は人間の生体リズムを考えるとき興味深い。体温、血圧などの生命現象は24時間のリズムを刻んでいるが、その値が最高になるのが夕方4時頃、最低となるのが早朝であることが知られているのである。

 

表1.入浴事故が心肺停止状態に結びつく要因(ロジスティック回帰分析)

要因 リスクの増加  
年齢 10歳増えると 1.34倍
女性   1.39倍
平均気温 10℃下がると 1.42倍
通報時間帯 4時から7時59分の場合
16時から19時59分の場合
1.85 (P=0.08)倍
0.57倍

入浴中急死のメカニズムと対策

 以上の点を考慮した入浴中急死のメカニズムは次のように考えることができるだろう。気温、室温、湯温などの温度や水圧の影響を受けて心・血管反応や発作が起こり、意識障害が現れる。その場が浴槽内であれば溺水や溺死事故となり、浴槽から出ていれば転倒、湯あたり事故となるのではないだろうか。

Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.