当センターについて

トップページへ戻る>当センターについて>医療安全について

医療安全について

東京都健康長寿医療センターでは、医療安全室を設置し患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整えております。良質な医療を提供し、患者さまからのニーズ及び信頼に応えるために、全職員が一致して、医療安全に対する意識を高め、組織と個人の両面から事故を未然に防ぐ体制を整備しております。

医療安全室

構成

医療安全対策推進担当の副院長を室長に、専従の安全管理者(看護師)、内科総括部長、外科総括部長、医療安全対策推進担当副看護部長、医療サービス推進課長等を室員として構成しております。

主な業務

医療安全室では、主に下記業務を行います。
1. 主催する安全管理委員会の庶務等に関すること
2. 事故等に関する診療録等の記載の確認及び指導に関すること
3. 事故発生時の対応状況の確認及び指導に関すること
4. 事故等の原因究明の実施の確認及び指導に関すること
5. 医療安全に係る連絡調整に関すること
6. 「患者相談窓口」相談情報の医療安全対策への活用に関すること
7. その他医療安全対策の推進に関すること

安全管理委員会

目的

東京都健康長寿医療センターにおける安全管理対策等の推進を図るため、安全管理委員会(以下「委員会」という)を設置しております。

主な検討内容

委員会では、主に下記の内容を検討します。

1. 医療安全対策の指針等策定及び推進に関すること
2. 重大な問題が発生した場合の対策・報告に関すること
3. 医療事故及び医事紛争への対応の方法に関すること
4. 医療事故等の情報交換に関すること

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.