当センターについて

トップページへ戻る>当センターについて>当センターの役割

当センターの役割

基本理念

地方独立行政法人東京都健康長寿医療センターは、高齢者の心身の特性に応じた適切な医療の提供、臨床と研究の連携、高齢者のQOLを維持・向上させるための研究を通じて、高齢者の健康増進、健康長寿の実現を目指し、大都市東京における超高齢化の都市モデルの創造の一翼を担います。

当センターのめざすもの

急速な高齢化が進展する中で、高齢者医療に対するニーズはますます多岐にわたっており、高齢者專門の医療機関として、その機能の充実を図っています。
保険医療計画をはじめとする、東京都の方針を踏まえつつ、重点医療である「血管病医療」「高齢者がん医療」「認知症医療」の提供や救急医療の強化、地域連携の推進などを図るとともに、高齢者の急性期医療を担う病院として、高齢者の生活の質の確保、健康の維持・推進に貢献しています。

当センターの機能と役割

  • 高齢者医療モデルの確立と発信の拠点
  • 高度先進医療への取組と老化・老年病の研究・開発の推進
  • 急性期医療の提供と在宅療養の支援
  • 専門性の高い医師・看護師の確保・人材育成
  • 認知症に関する先駆的取り組み

など

当センターの特徴

特徴

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.