第三章 急性期医療

看護部では「高齢者の尊厳を尊重すると共に、もてるちからを引き出し、QOLを支える質の高い看護の提供」の理念の下、患者様の'命を支える看護'を実践しています。
病気や障害を持ちながらも、高齢者の方々が生命の喜びを実感しながら、その人らしく生活できるように支援していきたいと考えています。
前身の養育院時代から「親切第一」をモットーに、明治、大正、昭和、平成と受け継いできた高齢者の方々への思いやりと優しさを大切にしています。

Copyright©Tokyo Metropolitan Geriatric Hospital and Institute of Gerontology. All Rights Reserved.