採用情報

トップページへ戻る>採用情報>臨床研修医カリキュラム

ジュニアレジデント(初期臨床研修医)コース

研修内容

高齢者の特徴として、同一人物で多疾患を合併することがしばしばあります。また、症例も典型的でありません。

そこで、当センターの内科研修の目標の一つは、一人で多疾患を鑑別し治療しうる総合内科医の養成です。

また、80歳以上の2割の患者には認知症が合併しています。さらに、当センターを退院した高齢者患者のアンケートでは約半数が抑うつ状態となっています。そこで高齢者の診察では単に内科疾患だけでなく、認知症やうつの知識も要求されます。当センターでの研修により、高齢者を全人的に診察することが可能となります。

病棟診療では、6人から10人までの患者さんを受け持ちます。入院から退院までの「担当医」として指導医の監督の下で担当し、カルテを作成します。

基本的な検査手技・治療手技の研修は、主に受け持ち患者の診療の中で行います。また、患者および家族へのインフォームド・コンセントを指導医の指導の下で研修します。

外来診療では、医療面接・身体診察・検査指示および診療録の記載を中心に研修します。救急外来研修を週半日1回、外来指導医の監督の下で行います。当直は、3~4回/月、当直医の監督の下で行います。

研修医のためのクルズス、臨床病理検討会(CPC)、症例検討会、各科での抄読会や症例検討会なども用意されており、学問的内容を深めることも出来ます。

  • ・モーニングカンファレンス:2回/週
  • ・研修医のためのクルズス:1回/週
  • ・CPC(臨床病理検討会):1回/2週
  • ・CC(症例検討会):1回/2週
  • ・講演会:随時
  • ・その他各科での抄読会、症例検討会は毎週あります。

基本的な診療科ローテート例

内科

基本的な診療科ローテート例(内科系)

※正式診療科名:糖尿病・代謝・内分泌内科

外科

基本的な診療科ローテート例(内科系)
選択*は1ヶ月単位で2コマ:①救命②産婦③内科④外科系から選択可能
外科系Ⅰ(2ヶ月)、外科系Ⅱ(5ヶ月)は選択可。7ヶ月一つも可

平成29年度ローテーション原則

ローテーションは4週間が基本単位となります。選択科目等は個別に相談に応じます。

開始時の2週間 コンピューター操作、保険制度、接遇、採血手技、血液交叉試験などの講義・実習
内科系全科
68週(必修)
循環器内科、腎臓内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科・脳卒中科、糖尿病・代謝・内分泌内科、血液内科(各8週)、感染症内科/膠原病・リウマチ科/総合内科(12週)
外科系
4週~8週(必修)
救急医療
12週相当(必修)
救急科4週(当院ICU or 帝京大学医学部附属病院救急科)、麻酔科4週(救急手技等)、救急外来4週相当(週1回、20ケ月以上)
地域医療
4週(必修)
板橋区医師会所属診療所(4週)又は医療法人財団健康文化会小豆沢病院(4週)のいずれかを選択
麻酔科
8週(必修)
救急手技等(4週)と手術麻酔等(4週)
選択科目
12週~16週
小児科(4週)、産婦人科(4週)、精神科(4週)、その他から選択。個別に選択科目を相談します。

※「産科」「三次救急」は帝京大学医学部附属病院、「小児科」は豊島病院または東京都立大塚病院のいずれか、「地域医療」は板橋区医師会所属診療所又は医療法人財団健康文化会小豆沢病院のいずれかで4週間の研修を行います。

採用実績

平成28年度以降の採用実績及び出身大学

採用年度 採用人数 出身大学名
平成28年度 8名 獨協医科大学、東京大学(3人)、埼玉医科大学、横浜市立大学、東京慈恵会医科大学、大阪大学
平成29年度 8名 日本医科大学、千葉大学、群馬大学、東京女子医科大学、昭和大学、東京大学(2人)、鳥取大学

※当センターは、東京大学医学部附属病院のA・Bプログラムの協力病院となっております。

病院見学について

当センターを見学することは、実際に臨床研修をした時のイメージがつかめる良い機会となります。ぜひ、見学にいらしてください。

病院見学は、平日でしたら随時承ります。ただし、診療科の都合等により、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

お申し込みはメールにて、必ず件名を「病院見学希望」とし、

  • 1.大学名
  • 2.氏名(しめい)
  • 3.性別 ※更衣室手配のため必要となります
  • 4.見学希望の診療科名
  • 5.見学希望日(第一希望日から第三希望日をお知らせください)
  • 6.連絡先電話番号

を明記の上、総務課人事係:臨床研修事務担当へお申込みください。なお、当日は白衣と聴診器をご持参のうえ、お越しください。

当センターへのお越しを心よりお待ちしております。

お申込先/東京都健康長寿医療センター 総務課人事係 臨床研修事務担当

電話でのお問い合わせ 03-3964-1141(代表)
メールでのお問い合わせ 採用案内および臨床研修医のお問い合わせ

先輩研修医からのメッセージ

この病院の名前からもわかる様に、ここでの研修で診る患者さんは多くが65歳以上の高齢者の方です。高齢者しか診察ができなくなる、と心配するかもしれませんが、どの病院でも入院患者さんは高齢の方が多いのが現状です。高齢の患者さんは若い患者さんと比べ治るのも遅く、治る過程で誤嚥やその他の合併症が問題になることや、治ってからもいろいろな施設でのサービスや介護保険の申請など考慮する点がたくさんあります。若い人が診られるのに高齢者が見られないことはあっても逆はないでしょう。

研修システムとしては、内科をほぼ全てまわることができます。また、クルズスや勉強会など研修医のための講義も充実しています。CC、CPCといった症例カンファレンスもあり、臨床と研究を平行して行っていることもこの病院の一つの特徴です。病棟でも、カンファレンスでも、勉強会でも、雰囲気がよく自由に発言できるというのもこの病院の良いところだと思います。今まで書いた中で、一つでも惹かれる点があれば、ぜひ見学して当センターでの研修を考えてみてください。

シニアレジデント(後期臨床研修医)コース

平成30年度 内科専攻医の2次募集(新制度)を行います。

専攻医2次募集のスケジュールは下記のとおりです。

  • 応募期間 平成29年12月16日~平成30年1月15日

    ※応募の際は応募書類の提出にあわせて、希望する領域学会のHPより専攻医登録が必要となります

    【ご参考】

    日本内科学会HP

  • 面接期間 平成30年1月16日~平成30年1月31日
    ※上記期間中に面接を数日程度実施します(日程調整中)
  • 結果通知 平成30年2月15日

なお、旧制度についても、新制度と同日に面接を実施予定です。

応募書類については、下記採用情報ページをご参照ください。

内科専攻医採用情報

みなさまのご応募をお待ちしております。

新専門医制度 内科専門医研修プログラム 後期研修プログラムの特徴

新専門医制度で内科専攻医(後期研修医)をめざす先生へ

2018年度から新内科専門医制度が開始される予定です。当センターの新制度の定員は8名で3年間の研修期間を予定しています(一次審査終了後で、今後、変更がある場合があります)。当センターの内科専攻医募集に当り、以下に専攻医の研修内容を記載しました。奮って内科専攻医に募集していただくようにお願いします。

1.内科研修の意味―深い洞察をもって患者の全身を診ること

内科研修の目的は患者さんが持つ愁訴をもとに、全身を診ることにより疾患または障害の原因とその人にあった解決法を見出すことにあります。こうした訓練の積み重ねと技能の習得により、チーム医療の中で、創意工夫をしながら患者さんに最も合った治療を行えることをめざします。当センターの研修では毎週のCCや2週に1回のCPCなどを通して、深く考えることを重視しています。さらに学会発表や論文発表を通して、専門性を高めると同時に深い洞察をもって患者の全身を診ることを習得していきます。

2.サブスペシャリティーの専門を持つことー専門を究めることの楽しさ

当センターの内科は循環器内科、神経内科・脳卒中科、消化器内科・内視鏡科、糖尿病・代謝・内分泌内科、膠原病リウマチ科、血液内科・化学療法科、呼吸器内科、腎臓内科、感染症・総合内科、緩和ケア内科に分かれています。すべての科の領域に指導医がおり、新内科専門医のみならずサブスペシャリティーの専門医をめざしてほしいと思っています。内科の醍醐味はサブスペシャリティーの専門の医療にあると思います。43人の内科指導医は「専門を究めることの楽しさ」を教えたいと思っており、皆さんが是非、門をたたいてくれることを期待しています。

3.老年医学研修の重要性

当センターは日本老年医学会の老年病専門医の研修施設です。ここ数年間で日本の老年医学は独自の専門分野として急速な発展を遂げてきています。老年医学におけるフレイル、サルコぺニア、高齢者の栄養、ポリファーマシー対策、高齢者総合機能評価(CGA)、地域包括ケア、在宅医療、非がんの緩和ケアなどはこれからの医療に必要不可欠な診療分野です。当センターではこれらのすべての高齢者医療研修が可能です。また、当センターは、これまで高齢者糖尿病や高齢者心不全などのガイドラインの作成にも関わってきており、最新の老年医学を学ぶことができます。

4.柔軟な研修スケジュール

新制度の3年間の研修は当センター2年、連携施設1年です。

連携施設 東京大学附属病院,東京医科歯科大学病院,千葉大学附属病院、東京女子医科大学病院,東京医科大学病院,豊島病院,多摩総合医療センター,大塚病院,練馬総合病院,青梅市立総合病院
特別連携施設 小豆沢病院,板橋区役所前診療所,つくしんぼ診療所

モデルプログラム(モデル1、モデル2)はあるものの、初期研修での経験数と専攻医の希望によって柔軟に研修スケジュールを組んで行きます。できるだけ、早くサブスペシャリティーの研修もできるように調整できたらと思います。
専門医の取得はあくまで経過にしかすぎないので、必ず3年間で取得するというのであく、その人のペースで行っていいと考えています。研修年数の延長も行います。

  • モデル1:内科サブスぺシャリティー専攻の志望がある場合(例えば循環器内科志望の場合)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科研修
(循環器内科)
内科研修
(総合内科で
高齢者医療研修)
内科研修
(経験が少ない科の研修)
内科研修
(循環器内科)
2年目 連携施設Aにおける内科研修
(循環器内科を含む)
3年目 内科研修 (循環器内科)
  • モデル2:総合内科またはサブスぺシャリティーの志望が決まっていない場合
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
1年目 内科研修
(総合内科)
内科研修
(糖尿病・代謝・内分泌内科)
内科研修
(消化器内科)
内科研修
(循環器内科)
2年目 連携施設Bで内科研修
(経験が少ない科の研修)
特別連携施設Cで
内科研修
(在宅医療)
3年目 内科研修
(神経内科)
内科研修
(緩和ケア内科)
内科研修
(感染症内科)
内科研修
(総合内科)

5.研修終了後の進路について

3年間の研修を修了後、常勤医となってさらに一緒に働いてくれることを期待しています。
東京大学,東京医科歯科大学,杏林大学,東京医科大学などの大学院(博士課程)への進学も紹介できます。
一部の大学では社会人大学院として当センターで働きながら、学位取得をめざしますことも可能です。
3年間の研修で英語論文を発表するなどの優秀な業績を修めた場合は、常勤医になった後に海外での留学を3か月間~2年間を認めます(定員があります)。海外留学後は一定期間当センターでの勤務をすることになります。

荒木 厚
内科総括部長(研修管理委員長)

病院見学について

病院見学は、平日でしたら随時承ります。ただし、診療科の都合等により、ご希望に添えない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

お申し込みはメールにて、必ず件名を「病院見学希望」とし、

  • 1.現在の研修先
  • 2.氏名(しめい)
  • 3.性別 ※更衣室手配のため必要となります
  • 4.見学希望の診療科名
  • 5.見学希望日(第一希望日から第三希望日までをお知らせください)
  • 6.連絡先電話番号

を明記の上、総務課人事係:臨床研修事務担当へお申込みください。なお、当日は白衣と聴診器をご持参のうえ、お越しください。

当センターへのお越しを心よりお待ちしております。

お申込先/東京都健康長寿医療センター 総務課人事係 臨床研修事務担当

電話でのお問い合わせ 03-3964-1141(代表)
メールでのお問い合わせ 採用案内および臨床研修医のお問い合わせ

後期臨床研修医研修内容

シニアレジデントの出身大学・出身病院

各プログラムの詳細は、「後期臨床研修カリキュラム」をご覧下さい。

平成26年度4月1日在籍者一覧

出身大学名 出身病院名
東京大学
弘前大学
愛媛大学
日本医科大学
帝京大学
島根大学
京都府立医科大学
札幌医科大学
千葉大学
浜松医科大学
東海大学
埼玉医科大学
獨協医科大学
東北大学
九州大学
東京女子医科大学
防衛医科大学
東京大学医学部附属病院
国立精神神経医療研究センター病院
国立病院機構東京医療センター
順正会横浜鶴ヶ峰病院付属クリニック
東京都立大塚病院
東京女子医科大学病院
東京医科歯科大学附属病院
東京都健康長寿医療センター(当センター)
君津中央病院
唐津赤十字病院
東京逓信病院
関越病院

先輩研修医からのメッセージ

私は、シニアレジデント1年目です。みなさんは、卒業試験・国家試験の準備をしながら、自分の研修先を真剣に悩んでいるところだと思います。私は、当センターで初期研修2年を修了し、現在、後期研修を始めています。当病院の研修の特徴を紹介させていただきます。

当センターの特徴としては、高齢者を対象に、プライマリ・ケアから専門医療や高度・先進医療まで行っている急性期病院と老化・老年病研究の分野で世界屈指の研究成果を誇る研究部門を併せ持っています。重点医療として、心疾患や脳血管疾患等の血管病医療、QOLを重視した高齢者がん医療、認知症医療を掲げての取り組みを始めたところです。

プライマリ・ケアとしては、各科の隔てなく、コンサルテーションを通して、全人的医療を行っております。また、専門医療も各科ごとに、一人ひとりにあった医療を提供しており、さらに血管再生治療といった高度・先進医療も行っています。

また、当センターは研修医教育に力を入れており、個人の希望にあったローテーションが可能です。院内でのローテーションに加えて、提携している他病院での研修も可能です。また、毎週、病院全体でのカンファレンスや、研修医向けの教育カンファレンスを積極的に行っており、充実した研修が可能だと思います。

さらに、当センターは医局がひとつでして、診療科等の隔たりがなく人間関係がとてもスムーズです。指導医の先生方も熱心に指導してくださり、人間的にも尊敬できる方ばかりです。

高齢者医療に興味があり、都内での研修を考えている方は、是非一度、見学にいらしてください。

臨床研修医のお問い合わせはこちらまで

[東京都健康長寿医療センター 総務課人事係臨床研修事務担当]
電話:03-3964-1141

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.