地域連携

トップページへ戻る>地域連携>連携医とは

連携医とは

連携医とは

東京都健康長寿医療センターは地域の医療機関の先生方と協力して患者さんに一貫性のある良質な医療を提供することを目指しています。当センターとより緊密な関係を結んでいるのが連携医です。
連携医の先生方はかかりつけ医として、日頃から患者さんの健康状態を詳しく把握し診療行為とあわせて健康管理上のアドバイスなども行っています。診察時により詳しい検査や入院、手術など専門的な医療が必要と判断された場合には当センターをご紹介いただき受診、入院していただきます。当センターでの専門的な診断・治療を行ったあとは紹介元の連携医の先生へ返送あるいは逆紹介し、そこで治療を継続していただきます。
このように地域の各医療機関がそれぞれの役割を分担し、相互に連携して患者さんの診療にあたることでより多くの患者さんに質の高い医療を効率的に提供することが可能になります。
かかりつけ医をお探しの方は連携医検索よりお近くの医療機関をお調べください。
また、区西北部(板橋区・豊島区・北区・練馬区)の連携医療機関を区ごとにマップ化した「連携医療機関のご案内」もぜひご活用ください。

連携医療機関のご案内(平成29年度版) ※区西北部

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.