診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>血管外科

血管外科

他の診療科を見る

特徴

ハイブリッド手術室(レントゲン透視機器を備えた手術室)を活用した最新治療を行うことができます。
血管外科では、血管の病気の部位や性質により、薬物療法から手術治療まで幅広く対応しています。また、より負担の少ない治療法に積極的に取り組んでいます。
医師、褥瘡ケア認定看護師が、高齢者の足部の難治性潰瘍、褥瘡の治療を行います。
年齢制限はありません。若い患者様も受診していただけます。

  • 低侵襲治療
    ・大動脈瘤に対するステントグラフト治療
    ・閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療、血管再生医療
    ・下肢静脈瘤のレーザー治療
  • 最近、若年の静脈瘤のレーザー治療希望の方が増えています。個室を利用していただくことも可能です。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 中澤 達
【初診・血管検査室】
中澤 達
【初診・血管検査室】
午後 根元 洋光
鈴木 潤
【血管検査室】
鈴木 潤
根元 洋光
【初診・血管検査室】

▲このページのトップへ

主な対象疾患(治療実績)

血管外科では大動脈(瘤、閉塞)、下肢動脈、下肢静脈の病気を扱います。その他末梢循環障害が疑われる患者様は遠慮なく御紹介ください。

  • 腹部大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 下肢静脈瘤
  • 糖尿病性足疾患
  • 透析用シャント造設

担当医師

血管外科部長 中澤 達 なかざわ たつ

卒業年次 平成3年
専門 血管外科・血管内治療(カテーテル治療)
担当外来/担当診療科 血管外科
資格 外科指導医・専門医
心臓血管外科専門医・修練指導者
脈管学会評議員・専門医
大動脈瘤ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
東京大学医学部 臨床指導医 血管外科非常勤講師
コメント  当科の特徴は、2つあります。
第一に血管センター外来ブースの隣に血管検査室を持つことです。血管生理検査である血管エコー、脈波、皮膚潅流圧検査を血管診療技師により施行し、初診日の迅速な診断を可能としています。
第二に、中央手術室内にハイブリッド手術室を擁することです。血管造影対応のカーボン製の手術台に、高性能の血管撮影装置を装備しました。そこでバイパス手術と血管内治療を組み合わせたハイブリッド手術などの低侵襲手術を行っています。
現在、ハイブリッド手術として腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術が盛んに行われています。また、胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術も始まっています。いずれの場合も、開腹あるいは開胸より遥かに低侵襲な手術となりました。閉塞性動脈硬化症に対してはバイパス手術と血管内治療(ステント留置)の同時施行ができることにより適応を拡大しました。
 さらに、下肢静脈瘤の最新治療として、血管内レーザー焼灼術を行っています。レーザーファイバーの穿刺と2mm程度の傷のみで治療が完了し術後の満足度も高まりました。
 血管外科は医療器具・技術の革新により、低侵襲な血管内治療の適応となる症例が増加しています。従来の血管外科手術においては適応外とされていた高齢患者への手術適応も拡大し、ハイブリッド手術がさらに増加する見込みです。

血管外科医長 鈴木 潤 すずき じゅん

卒業年次 平成12年
専門 血管外科全般
担当外来/担当診療科 血管外科
資格 医学博士
外科専門医
心臓血管外科専門医
脈管専門医
腹部ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
日本血管外科学会認定血管内治療医
コメント 血管内治療も含め血管外科全般の診療を担当しております。

常勤医

根元 洋光(ねもと ようこう) 

非常勤

木村賢 (東京大学血管外科大学院)(きむら まさる)  瀬尾明彦 (東京大学血管外科大学院)(せお あきひこ)  赤井淳 (東京大学血管外科助教)(あかい あつし)  赤木 大輔(あかぎ だいすけ) 

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.