診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>整形外科

整形外科

他の診療科を見る

インフォメーション

現在、お知らせはありません。

▲このページのトップへ

特徴

整形外科では高齢者の関節疾患、脊椎・脊髄疾患、絞扼性神経障害、四肢の骨折等を幅広く扱っています。
疼痛の持続する脊椎圧迫骨折の偽関節例に対して、セメント注入による椎体形成術を既に行っており、さらに積極的に行っていきます。当科で扱う高齢者の整形外科疾患に関しては、当院整形外科医師も参加していますNPO法人高齢者運動器疾患研究所の解説ページにわかりやすく解説されていますので、ぜひ一度ご覧ください。

  • 脊椎圧迫骨折に対する経皮的椎体形成術を始めました。
  • 脊椎の内視鏡手術を導入しています。
  • 人工股関節・人工膝関節手術の成績は安定しており、継続して治療を行います。
  • 絞扼性神経障害の手術成績も良好であり、さらに症例数を増やす予定です。
  • 高齢者の骨折に対する治療に加え、骨粗鬆症治療を積極的に行い、新たな骨折の予防に取り組む予定です。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 【整形外科医初診】
時村 文秋
金髙 正和
【整形外科医初診】
初診外来
(第2.4)
【手術】
濱路 博
長沼 英俊
【初診外来】
宮崎 剛
金子 奏一朗
【整形外科医初診】
午後 時村 文秋
濱路 博
(術後外来)
人工関節外来(初診)
オンコール体制
濱路 博
【膝関節・股関節外来】
長沼 英俊
人工関節外来【初診】
宮崎 剛
金子 奏一朗
人工関節外来(初診)

▲このページのトップへ

疾患診療方針概要

高齢者関節疾患の治療

主に高齢者の変形性膝関節症、変形性股関節症、関節リウマチなどに対して人工関節置換術(膝関節、股関節他)、膝の関節鏡による手術を行っています。高齢者にとって負担が少ない人工膝関節単顆置換術(UKA)も積極的に行っています。手術にはまだ早い変形性関節症に対しても、保存療法(理学療法、栄養指導、体重制限、薬物治療)を積極的に行っています。

脊髄・神経疾患の治療

高齢者のしびれの原因や全身の状態を良く見きわめた上で、手根管症候群、肘部管症候群などの末梢神経疾患 に対する手術、頚椎椎弓形成術、腰椎椎弓切除術、インストゥルメントを用いた脊椎固定術など脊椎圧迫骨折の難治性偽関節に対する経皮的椎体形成術を行っています。また手術にはまだ早い腰部脊柱管狭窄症の方に対して保存的治療も積極的に行っています。
さらに今後、内視鏡を用いた脊椎手術も行う予定です。

高齢者四肢骨折の治療

大腿骨頚部骨折に代表される高齢者に多い骨折に対して、合併症の状態をよく評価した上で、手術(人工骨頭置換術、観血的整復内固定術など)を行い、早期の理学療法を行っています。寝たきりにならないよう積極的に早期離床訓練を心掛けています。

主な対象疾患(治療実績)

  • 高齢者関節疾患:変形性股関節症、変形性膝関節症、関節リウマチなど
  • 高齢者脊椎疾患:腰部脊柱管狭窄症、頚椎症性脊髄症、胸椎黄色靭帯骨化症、胸腰椎圧迫骨折偽関節など
  • 絞扼性神経障害・手外科疾患:手根管症候群、肘部管症候群、デュプイトレン拘縮など
  • 高齢者四肢骨折:大腿骨頚部骨折、上腕骨頚部骨折、上腕骨顆上骨折、橈骨遠位端骨折など

新病院での取り組み

  • 疼痛の持続する脊椎圧迫骨折の偽関節例に対して、セメント注入による椎体形成術を既に行っており、さらに積極的に行う方針です。
  • 脊椎の内視鏡手術の導入を行う予定です。
  • 人工股関節・人工膝関節手術の成績は安定しており、継続して治療を行います。
  • 手外科疾患・絞扼性神経障害の手術成績も良好であり、さらに症例数を増やす予定です。
  • 高齢者の骨折に対する治療に加え、骨粗鬆症治療を積極的に行い、新たな骨折の予防に取り組む予定です。

担当医師

外科総括部長 時村 文秋 ときむら ふみあき

卒業年次 昭和61年
専門 整形外科一般、手外科、特に末梢神経外科
担当外来/担当診療科 整形外科/骨粗鬆症外来
資格 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本骨粗鬆症学会認定医

整形外科部長 宮崎 剛 みやざき つよし

卒業年次 平成5年
専門 整形外科一般、関節外科
担当外来/担当診療科 整形外科
資格 日本整形外科学会専門医
日本リウマチ学会認定専門医
日本リウマチ学会評議員
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
医学博士
Yale大学医学部留学(2000~2002)
東京大学医学部整形外科非常勤講師

整形外科医長 濱路 博 はまじ ひろし

卒業年次 平成7年
専門 関節外科
担当外来/担当診療科 整形外科
資格 日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
コメント 関節疾患を得意としており、股関節をはじめ、膝・肘・肩といった関節に対して人工関節手術を数多く手掛けています。特殊な経過をたどることが多い高齢者の股関節疾患に対して、特に豊富な治療経験を積んでいます。

常勤医

金髙 正和(かねたか まさかず)  長沼 英俊(ながぬま ひでとし)  金子 奏一朗(かねこ そういちろう) 

非常勤

宮本 恵成(みやもと よしなり)  石橋 英明(いしばし ひであき)  税田 和夫(さいた かずお)  村木 重之(むらき しげゆき)  三浦 亮(みうら まこと)  小泉 英樹(こいずみ ひでき)  山本 精三(やまもと せいぞう) 

シニアレジデント

全 秀剛(ぜん しゅうご) 

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.