診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

他の診療科を見る

インフォメーション

現在、お知らせはありません。

▲このページのトップへ

特徴

耳鼻咽喉科では耳・鼻・口腔・咽喉頭・頸部領域の疾患の診療を行っています。本領域は、比較的若年層を中心とした疾患が多い一方、嚥下障害や老人性難聴、悪性腫瘍などの高齢者に多く認められる疾患もあります。しかし、高齢者の場合は、様々な身体合併症により治療方針の決定に難渋することが少なくありません。当科は、日本でも数少ない高齢者専門の耳鼻咽喉科としての豊富な経験を元に、「高齢だから」という理由でひとくくりにせず、患者様お一人お一人と全人的に向き合い、高齢者のQOL(生活の質)向上を目的とした診療に努めております。

  • 慢性中耳炎・慢性副鼻腔炎に対する外科的治療を積極的に行っています。高齢者の方でも外科治療により、聴力改善や耳漏の停止、鼻づまりや鼻汁・後鼻漏といった症状の改善が可能で、QOLを向上することが出来ます。


    慢性中耳炎


    真珠腫性中耳炎

  • リハビリテーション科、神経内科・脳卒中科、歯科口腔外科、言語療法士等とのチームアプローチにより総合的な嚥下障害診療を行い、経口摂取の維持に努めています。適応のある患者様に対しては嚥下改善手術や誤嚥防止手術などの外科治療にも積極的に取り組んでおります。
  • 毎週月・水・金の午後に補聴器外来をを開設し、適切な補聴器装用の指導を行っています。
  • 頭頸部悪性腫瘍に対しては、当院放射線治療科と東京医科歯科大学頭頚部外科との密な連携により、手術治療・放射線治療・化学療法を行っています。また、狭帯域光観察(NBI(Narrow Band Imaging))が可能な耳鼻咽喉ビデオスコープを導入し、頭頸部領域の早期癌病変の検出に成果を挙げています。


    喉頭がん

  • 頭頸部や胸部の疾患に伴う声帯麻痺に対しては、喉頭形成術を行っており、良好な音声改善が得られています。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 高橋 正時
大野 慶子
杉浦 むつみ
【手術・検査】
大野 慶子
西尾 綾子
【初診外来】
【手術・検査】
高橋 正時
西尾 綾子
午後 【補聴器外来】
オンコール体制
【手術・検査】
【補聴器外来】
【手術・検査】
【補聴器外来】
【補聴器外来】

▲このページのトップへ

疾患診療方針概要

老人性難聴

内耳の中の感覚細胞や神経細胞が、加齢により消失することなどにより生じます。老人性難聴により日常生活に支障を生じている場合は補聴器をフィッティングします。補聴器外来を毎週月・水・金の午後2時より開設し、補聴器のご相談に応じています。

慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎

鼓膜穿孔のある慢性中耳炎の場合、加齢とともに感染の持続・抗菌剤の効かない耐性菌の出現などにより、周囲組織への炎症波及が生じ重症化することがあることから、鼓膜穿孔が存在する症例には基本的には鼓室形成術(感染による病巣の除去と音を伝える骨(耳小骨)の連鎖の再建と、穿孔した鼓膜の閉鎖を行い、聴力を改善する手術)・鼓膜形成術(鼓膜の穿孔を閉鎖する手術)を行います。また、真珠腫性中耳炎は、真珠腫が中耳内の骨組織を破壊する疾患であり、進行により難聴・めまい・顔面神経麻痺などを生じうることから、鼓室形成術を施行します。いずれも、入院期間は8~10日です。

突発性難聴

突然発症する、原因不明の高度感音難聴を総称して突発性難聴と呼びます。ウイルス、循環障害など原因に関しては諸説ありますが、現在のところまだ明らかになっていません。耳の中の内耳(蝸牛・前庭・三半規管)という器官に何らかの異常が生じています。高齢者の場合は、加齢による生理的な内耳の予備能低下もあり、治癒あるいは著明改善の確率は若年者に比し低く、40%台に留まりますが、発症後1週間以内の治療が有効とされています。治療は副腎皮質ステロイド全身投与と循環改善剤の点滴・内服を行い、1週間の入院です。

顔面神経麻痺

顔面神経は他の脳神経と違い、側頭骨の中の顔面神経管という細い骨の管の中を走行するため、神経に炎症が生じた場合、浮腫から神経が絞扼されて、麻痺を生じます。
(1)Bell麻痺:原因不明の顔面神経麻痺の総称です。循環障害やウイルス感染など諸説がありますが、現在は単純ヘルペスウイルスの再活性化によるとする説が有力です。
(2)ラムゼイハント症候群:帯状疱疹ウイルスの再活性化によるもので、耳介の水疱・発赤やめまい・難聴といった内耳障害を伴います。
いずれも、糖尿病の方に発症することが多いと言われています。
治療は、副腎皮質ステロイド全身投与と抗ウイルス剤・循環改善剤の内服を行い、さらにMRIによる部位診断・顔面神経刺激検査による予後診断により予後不良が予測される症例には顔面神経管開放術をあわせて施行することがあります。約一週間の入院です。

慢性副鼻腔炎

昔は、"蓄膿症"と呼ばれていた病気で、以前は歯茎を切って手術を行っていました。CTやアレルギー検査により、アレルギーが関与するタイプ(アレルギー性副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎)や"かび"が関与するタイプ(真菌(しんきん)性副鼻腔炎)を分類します。マクロライドという抗菌剤の少量長期療法を基本とし、3ヵ月程度の内服療法で改善が見られない場合は、手術を行います(片側だけの病変や真菌感染・腫瘍が疑われる場合、および高度な炎症がある場合は早期に手術を行うこともあります)。現在はほとんどの方に対し全身麻酔下で内視鏡を用いて鼻の中より手術を行っていますが、CT画像上にリアルタイムで術前に撮影されたCT画像上に手術器具の先端をリアルタイムで表示し目的部位に正しく導く画像支援ナビゲーションシステムを導入し、眼窩や頭蓋との境界を明示することでより安全な手術が可能です。約一週間の入院です。

のど

声帯ポリープ・ポリープ様声帯

声がれを生じる病気です。音声の安静や禁煙指導、消炎剤の内服などで保存的治療を行いますが、声がれが改善しない場合は手術を行います。全身麻酔で行い、二泊三日の入院ですが、手術後一週間発声を禁じ声帯の安静を保ちます。

嚥下障害

脳血管障害や神経筋疾患、頭頸部腫瘍などさまざまな原因で「のみこみ」の障害が起こります。神経学的診察と嚥下内視鏡検査や嚥下造影検査などにより、原因不明の嚥下障害の診断や、脳梗塞後などの嚥下障害に対しては、食事形態・摂食方法の指導やリハビリテーション介入の適応の判断、外科的治療(嚥下改善手術、喉頭形成術や誤嚥防止手術)を行っています。嚥下障害の背景は多岐にわたることからチームアプローチが重要ですが、リハビリテーション科、神経内科・脳卒中科、歯科口腔外科、言語療法士が密に連携を取り合い、病態に応じた全人的な診断・治療を行い、誤嚥性肺炎の防止・経口摂食の維持に努めています。

声帯麻痺

脳梗塞などの中枢神経疾患や、甲状腺腫瘍や食道癌、胸部大動脈瘤などの頭頸部・胸部疾患により、声帯を動かす神経が障害され、一側の声帯が動かなくなることで声がれが生じます。声がれが高度な場合は、甲状軟骨形成術I型や披裂軟骨形成術といった喉頭形成術により音声の改善が可能です。甲状軟骨形成術は局所麻酔下で、披裂軟骨形成術は全身麻酔下で行いますが、いずれも8〜10日間の入院が必要です。

頭頸部がん

頭頸部がん

頭頸部がんは耳鼻咽喉科領域のすべての領域に発生します。これらの領域は日常生活に深く関与する機能(食事を摂取して食道へ運ぶ機能、呼吸をして声を出す機能など)を有する所です。頭頸部がんを治療するにあたり、患者さんの治療後の状態(QOL、quality of life)を考えた治療を行う必要があります。一番大切なのは早期発見・早期治療です。当院ではNBI内視鏡(特殊光によりがんを早期に発見できる)を導入し、早期がんの診断に力を入れています。鼻腔・咽頭・喉頭に発生するがんは、扁平上皮がんという比較的放射線治療に感受性の高いがんですので、早期がんの場合は放射線治療が有効ですが、進行癌の場合は手術治療・放射線治療・化学療法を併用しています。尚、当院には形成外科が無いため、進行癌に対する再建手術が必要な患者さんは、大学病院やがん専門病院にご紹介しています。手術の場合、入院は1~2週間、放射線治療や化学療法の場合は、1~2ヵ月の入院です。

甲状腺腫瘍

のど仏の下にある甲状腺に発生する腫瘍です。良性か悪性かの鑑別を超音波検査や穿刺吸引細胞診で行い、治療方針の決定を行います。一般に、甲状腺がんは若年よりも高齢者の方が予後が悪く、良性腫瘍と診断される場合も、3cmを超える場合は摘出後悪性と診断されることがあることから摘出をお勧めしています。一方で、悪性であっても、1cm以下の微小乳頭がんは摘出をしなくても95%以上が5年以上不変であるとされていることから、手術をせずに定期的に経過観察を行い、拡大するようであれば摘出手術を行っています。手術の場合、入院は8~10日間です。

唾液腺腫瘍

つばを作る唾液腺に生じる腫瘍で、多くは耳の下にある耳下腺、顎の下にある顎下腺に生じます。耳下腺腫瘍の20~30%、顎下腺腫瘍の30~40%は悪性であるとされており、また良性とされる腫瘍の中にも多形腺腫というタイプは後に5~10%が悪性化するといわれています。唾液腺がんは放射線治療や化学療法はあまり有効でないとされていることから、顎下腺腫瘍や耳下腺多形腺腫は摘出をお勧めしています。手術の場合、入院は8~10日間です。

▲このページのトップへ

主な対象疾患(治療実績)

  • 耳:老人性難聴・慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎・突発性難聴・顔面神経麻痺
  • 鼻:慢性副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎
  • のど:声帯ポリープ・ポリープ様声帯・反回神経麻痺・嚥下障害
  • 頭頸部腫瘍:頭頸部がん・甲状腺腫瘍・唾液腺腫瘍

担当医師

耳鼻咽喉科医長 高橋 正時 たかはし まさとき

卒業年次 平成15年
専門 耳鼻咽喉科
担当外来/担当診療科 耳鼻咽喉科
資格 医学博士
日本耳鼻咽喉科学会専門医 
日本耳鼻咽喉科学会専門研修指導医
東京医科歯科大学臨床講師
補聴器相談医
難病指定医  
補聴器適合判定医
コメント 聴覚、耳科学を専門分野としています。平衡障害や嚥下障害にも積極的に取り組んでおります。

常勤医

大野 慶子(おおのけいこ)  西尾 綾子(にしおあやこ) 

非常勤

奥野 秀次(おくの ひでじ)  岸本 誠司(きしもと せいじ)  杉浦 むつみ(すぎうら むつみ)  角 卓郎(すみ たくろう)  川島 慶之(かわしま よしゆき) 

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.