診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>血管外科>閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症

他の診療科を見る

血管(動脈)は心臓から全身に血液を運ぶ管です。血管が狭くなったり詰まると臓器に血液を供給できなくなり、その臓器の機能は低下します。皆さんが良くご存知の脳梗塞や心筋梗塞は頭や心臓の血流が足りなくなって起こる病気です。 閉塞性動脈硬化症とは動脈硬化により足の血管がつまり、足の血流が悪くなる病気です。糖尿病、喫煙、高脂血症、高血圧、などでかかりやすくなります。

症状

  • 足が冷たい。
  • 足先の色が悪い。
  • 歩くと足が痛くなって、少し休むとまた歩ける。
  • じっとしていても足が痛い。
  • 足の傷がなかなか治らない。

潰瘍
閉塞性動脈硬化症による潰瘍

▲このページのトップへ

受診するには

血管外科を予約してください。診察後に適切な検査を受けていただき、説明と治療を行います。 まず、お話を聞き、診察(触診)を行います。その後、検査を行います。

▲このページのトップへ

検査機器とその機能

(1)血管超音波検査
(2)四肢血圧・血流伝播速度測定
(3)脈波装置
(4)サーモグラフィー
=血管の狭い場所・動脈瘤がわかります
=足の動脈硬化がわかります
=皮膚の血流がわかります
=皮膚の温度がわかります

血管病を無侵襲に(痛みがなく放射線も使用しないで)診断できる検査室のことを血管ラボといいます。血管ラボは30年前に欧米で始まり、最近日本でも血管ラボの必要性が認識されてきました。心臓病については循環器内科として診療しているため、血管ラボは手足や頚部、腹部の血管病の診断に使用します。
血管内科という概念がないため外科(血管外科)が診断と治療を担当いたします。

▲このページのトップへ

治療

血管ラボの検査で閉塞性動脈硬化症と診断されたら、CT検査を行い下肢動脈の撮影を行います。動脈の閉塞または狭窄の場所が10分位の検査で診断できます。 病気の形や場所により内服治療、カテーテル治療、バイパス手術など治療法を選択します。

1.薬物療法

血管を拡張させる薬や血栓ができにくくする抗凝固薬、抗血小板薬 などを症状に応じて内服していただきます。

2.カテーテル治療

足の血管が狭くなっている場合に行います。完全に閉塞していても距離が短い場合は可能なこともあります。カテーテルを血管内に挿入し狭いところで風船をふくらませ、ステントを置いて再び狭くなるのを防ぎます。患者さんの負担も少なく入院期間も短くてすみます。

ステント治療

3.バイパス手術

血管が閉塞していてカテーテルでは通らない場合に行います。自分の静脈または人工血管でバイパスを行います。

4.血管再生医療

▲このページのトップへ

まとめ

次のような症状のある方に血管外科の受診をお勧めします。(予約室直通電話 03-3964-4890)

  • 動脈硬化の進み具合を知りたい方
  • 足が冷たい、歩くと徐々にふくらはぎが痛くなる方
  • 足が急に腫れて痛い方
  • 足の血管が浮き出てだるい、痒い方
  • 脳梗塞の既往や、頚動脈の狭窄、閉塞が疑われる方
  • 50~69歳で心血管危険因子(喫煙、糖尿病)がある方、及び70歳以上の方は無症状でも

担当医師

血管外科部長 中澤  達 なかざわ たつ

卒業年次 平成3年
専門 血管外科・血管内治療(カテーテル治療)
担当外来/担当診療科 血管外科
資格 外科指導医・専門医
脈管学会評議員・専門医
大動脈瘤ステントグラフト指導医
静脈瘤レーザー治療指導医
北里大学医学部 特任准教授
東京大学医学部 臨床指導医 血管外科非常勤講師

常勤医

鈴木  潤(すずき じゅん) 

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.