診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>血管外科>血管再生治療>血管再生治療についてのFAQ

血管再生治療についてのFAQ

他の診療科を見る

→血管再生治療

高齢者への負担が少なく安全な治療をしています。

Q1 主にどんな症状の方が治療対象となりますか?

動脈硬化によって足の血管が詰まる「閉塞性動脈硬化症(ASO)」の方です。潰瘍や壊疽(えそ)に至る血管の疾患で、放置すれば足の切断を余儀なくされる場合もあります。

また、足の動脈が細くなり歩いて数分でふくらはぎが痛くなったり(間欠性跛行かんけつせいはこう)、安静にしていても痛くなる(安静時痛)方も対象ですので、是非ご相談ください。
動脈硬化による第3趾(足の中指)潰瘍
動脈硬化による第3趾(足の中指)潰瘍

Q2 どんな治療をしているのでしょうか?

再生医療には、臓器や組織のもとになる「幹(かん)細胞」という骨髄(骨の内部にある組織)に含まれている特殊な細胞が使われます。その中でも、血管のもとになる内皮前駆細胞(EPC)は、骨髄の他に体内を流れる末梢血のなかにも存在します。
当センターでは、このEPCを静脈血より集めて採取し(末梢血法)、これを更に濃縮し、症状のある足に移植しています。
新しい血管を作る
下肢にEPCを注射し、新しい血管を作る

Q3 高齢者への負担はないのですか?

当院の治療は、患者の負担が非常に少なく安全です。

内皮前駆細胞(EPC)を骨髄から採取する方法(骨髄法)は全身麻酔を行い、採血量が600mlと多く、高齢者には負担が大きなものとなっています。一方、当院ではEPCを骨髄ではなく静脈血から採取しているため(末梢血法)、患者の負担は極めて少なく、高齢者でも安全な治療を受けることができます。

また、骨髄法では、EPCをたくさん採取するため、白血球を増加させる薬(G-CSF)を使います。一方、当院では、閉塞性動脈硬化症(ASO)の高齢者に脳梗塞や心筋梗塞を誘発することがあるため、G-CSFを使いません。より安全な治療を心がけております。

Q4 治療実績はどのくらいありますか?

当院では平成16年8月から血管再生治療を開始しています。これまで24人の高齢者の方に治療を行い、有効率は約80%と非常によい成績です(平成22年4月現在)。このような高齢者の治療成績をもとに、東京社会保険事務局に先進医療として届出を行い、平成19年10月1日に先進医療として受理されました。

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.