診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>内科系>膠原病・リウマチ科

膠原病・リウマチ科

他の診療科を見る

インフォメーション

現在、お知らせはありません。

▲このページのトップへ

特徴

若い方から年配の方まで個々の患者さんの気持ちをよくお聞きして、各々の患者さんにとっての最適の治療を提供いたします。

主な対象疾患は以下の通りです。これらの疾患は20代から発症する疾患も含まれます。受診にあたり年齢制限はありません。

関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、乾癬性関節炎

以下の指定難病
全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎/多発性筋炎、全身性強皮症、混合性結合組織病、 血管炎症候群(顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、悪性関節リウマチ、結節性多発動脈炎、巨細胞性動脈炎、高安動脈炎など)、 シェーグレン症候群、成人スチル病、ベーチェット病、強直性脊椎炎、IgG4関連疾患、サルコイドーシス

これらの疾患は様々な臓器に病変が出現しますので、当科ではリウマチ・膠原病疾患に関連する関節病変、血管病変、肺病変、腎病変、神経病変、心病変、消化器病変、皮膚病変の内科治療を行っています。

患者様、一般内科、整形外科の先生方へ

次のような症状があったら当科を受診あるいは紹介ください。

  • 手指、手首の関節痛が持続する
    (後述する関節リウマチの説明を参考にしてください。)
  • 発熱が持続する。血液検査で炎症反応が持続している。
  • 寒いときに手指が冷えて白くなる、あるいは紫色になる。温まると赤くなる。
  • 顔面あるいは手指に皮疹ができる。
  • 両肩あるいは肩周囲の痛みが、同時期に急に出現した。
  • 抗核抗体が陽性、リウマトイド因子が陽性
  • 抗CCP抗体陽性
  • リウマトイド因子、抗CCP抗体陰性だが、関節炎、あるいはCRP軽度上昇伴う関節痛が持続。
  • 膠原病に伴う肺病変疑い(間質性肺炎、胸膜炎など)。
  • 膠原病に伴う腎病変疑い(糸球体腎炎、間質性腎炎など)。
  • 膠原病に伴う肺高血圧症疑い。
  • 膠原病に伴う末梢神経あるいは中枢神経病変疑い。
  • 膠原病に伴う貧血、血小板減少、白血球減少疑い。
  • その他、膠原病疾患、リウマチ疾患を疑う場合。

第2関節、第3関節(指の付け根)、手関節が痛い、こわばる、腫れている、むくんでいるときは、当科外来を受診してください。

関節リウマチ、その他の膠原病疾患で痛みの出やすい関節

初診の患者様へ

予約センター(03-3964-4890、予約室直通)に電話で予約をとって予約日に来院することをお勧めしますが、痛い等でお急ぎのときは予約外で対応します。午前11時までに病院を受診ください。紹介状をお持ちでない患者様につきましては、すでにリウマチ疾患、膠原病疾患で治療を受けている方は、治療経過が分かるように主治医の先生の紹介状を持参お願いいたします。リウマチ疾患、膠原病疾患のかかりつけの医師がいない場合は、紹介状なしで受診いただいてかまいませんが、内科かかりつけ医師がいる場合は紹介状持参いただいたほうが、診断、治療方針決定をスムーズに行うことができます。

ご紹介いただく先生方へ

外来受診をお急ぎの場合は午前11時までに受診していただければ予約外で対応いたします。入院患者さんの転院依頼の場合は医療連携室03-3579-6963 (直通)に依頼をお願いいたします。ご連絡いただいた後に2-3日以内に転院できるように調整します。

不明熱、原因不明のCRP高値への対応(一般内科の先生方へ)

発熱が持続するあるいは血液検査で炎症反応が持続する場合は、感染症や悪性腫瘍の鑑別診断を含めて、当科で迅速に入院対応いたしますので、医療連携室03-3579-6963 (直通、平日9時から17時)に連絡ください。

抗核抗体、抗CCP抗体、MPO-ANCA陽性、抗DNA抗体陽性、抗ARS抗体陽性等の検査異常への対応(一般内科、整形外科、リウマチ専門医の先生方へ)

症状の有無に関係なく、ご気軽に当科にご相談ください。専門医による評価を行い、診断、治療方針決定、必要に応じて当科のフォローの継続をさせていただきます。

リウマチ専門医の先生方へ

関節リウマチにつきましては、初発例、MTX未投与例、分子標的薬等による治療強化が必要なケース、いずれのケースもご紹介いただいて構いません。関節リウマチ以外の膠原病が疑われた場合もご紹介ください。外来あるいは入院で診療中のリウマチ・膠原病疾患の患者さんで入院対応が必要な場合は、医療連携室03-3579-6963 (直通、平日9時から17時)を介してご相談ください。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 杉原 毅彦
伊賀 祥子
松本 拓実
杉原 毅彦
土田 真吏奈
楠田 岳
杉原 毅彦
馬場 洋行
小宮 陽仁
午後 杉原 毅彦
【関節リウマチ外来】
伊賀 祥子
松本 拓実
杉原 毅彦
土田 真吏奈
楠田 岳
小宮 陽仁

▲このページのトップへ

疾患診療方針概要

関節リウマチについて

関節リウマチは、免疫が自分自身の関節を攻撃することによって、関節が腫れて痛くなります。免疫は通常は細菌やウィルスなどから体を守るためのシステムですが、関節リウマチでは、細菌やウィルスなどから体を守ると同時に自らの体も傷つけてしまいます。

正常関節の中は図の左に示されるように滑膜(かつまく)でおおわれています。関節リウマチでは滑膜の中で免疫が暴れて火事のように燃え上がります。燃え上がった状態を炎症と呼びます。燃え上がっている(炎症がおこっている)滑膜は厚くなって(増殖する)きます。その結果、関節が見た目でも腫れてきて痛くなります。

関節のなかで炎症が続くと、関節内の軟骨・骨・腱が徐々に破壊され、変形がおこり関節機能が低下します。加えて、肺疾患、心疾患、腎疾患など内臓の病気を合併しやすくなります。関節リウマチは治療を行わないと痛くて変形するのみでなく、内臓も悪くなることを忘れてはいけません。

関節リウマチは早期診断 早期治療が大切です。関節の中では山火事のように免疫異常によって炎症が起きています。早く火を消していあげないと関節が壊れてしまいます。進行しますと、破壊された関節が再生することは困難です。

日本では1999年からメトトレキサートという抗リウマチ薬、2003年から生物学的製剤の使用が可能となり、両剤がリウマチ診療の柱となってから、関節リウマチの治療は大きく進歩しています。

NSAID:痛み止め DMARD:抗リウマチ薬
MTX:メトトレキサート エビデンス: 病気の実態や治療効果に関する研究結果

最新の考え方では、治療の中心にメトトレキサートが位置づけられております。メトトレキサートについての説明は日本リウマチ学会から出されている患者さん向けのパンフレットがあります。以下のアドレスからpdfを取得できます。(http://www.ryumachi-jp.com/info/mtx.html
パンフレットを読んでわからないところがありましたら遠慮なく質問してください。

関節リウマチに使用されている分子標的薬

標的となる分子 投与方法 商品名 一般名
1 TNFα 点滴 2ヶ月1回 レミケード インフリキシマブ
2 TNFα 皮下注射 週1回 エンブレル エタネルセプト
3 TNFα 皮下注射 月2回 ヒュミラ アダリムマブ
4 TNFα 皮下注射 月1回 シンポニー ゴリムマブ
5 TNFα 皮下注射 月1回 シムジア セルトリズマブ ペゴル
6 IL-6 点滴 月1回
皮下注射月2回
アクテムラ トシリズマブ
7 T細胞 点滴 月1回
皮下注射月2回
オレンシア アバタセプト
8 JAK 内服 ゼルヤンツ トファシチニブ

関節リウマチは治療進歩により、治療目標も大きく変わりました。

通院中の患者様へ
手洗いとうがいの習慣をつけましょう。感染症流行期はマスク着用、インフルエンザワクチンは毎年受けて下さい。高齢者は肺炎球菌ワクチンの接種もお勧めいたします。

メトトレキサート(リウマトレックス、メトレート)内服中の患者様へ
発熱が2-3日持続するとき、感染症にかかったとき、脱水症のとき、ひどい口内炎ができたときメトトレキサートは中止してください。1-2週程度中止しても悪化しないことのほうが多いです。
日本リウマチ学会から出されている患者さん向けのパンフレット(http://www.ryumachi-jp.com/info/mtx.html)もよく読んでください。

関節リウマチ以外の膠原病について

膠原病の多彩な症状
発熱、関節症状、皮膚症状、頭頸部病変、肺病変、心病変、腎病変、神経病変、血液病変、消化管病変が多彩に出現します。疾患ごとに特徴的な症状が出現します。各臓器の専門科と協力しながら治療を行います。

膠原病の代表的な臓器病変

代表的な臓器病変 対象疾患
肺の病気
間質性肺炎
胸膜炎
肺胞出血
皮膚筋炎、多発性筋炎関節リウマチ、悪性関節リウマチ、全身性強皮症、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、シェーグレン症候群、IgG4関連疾患など
腎臓の病気
糸球体腎炎
間質性腎炎
顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、
全身性エリテマトーデス
シェーグレン症候群強皮症、IgG4関連疾患など
心臓の病気
肺高血圧
大動脈病変
心外膜炎、心筋炎
顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、悪性関節リウマチ
全身性強皮症、全身性エリテマトーデス
混合性結合織組織病、ベーチェット病
神経の病気
多発性単神経炎
中枢神経病変
全身性エリテマトーデス、抗リン脂質抗体症候群
顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症、悪性関節リウマチ、ベーチェット病
血液の病気
自己免疫性溶血性貧血
自己免疫性血小板減少症
全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病など

膠原病の検査
血液検査により疾患に特異的な自己抗体を測定し、診断の参考にします。

自己抗体 陽性となる主な疾患
リウマトイド因子
(リウマチ反応)
抗CCP抗体
関節リウマチ, その他の膠原病疾患すべて
健康な方でも陽性になることがあります。リウマチ反応が出ていると関節リウマチになるわけではありませんが、健康診断でリウマチ反応がでていると言われた方は一度当科に受診することをお勧めします。
抗核抗体 全身性エリテマトーデス, 混合性結合組織病, 強皮症, 皮膚筋炎/多発性筋炎、シェーグレン症候群, 関節リウマチ、橋本病、 自己免疫性肝炎など。健康な方でも陽性になることがあります。かかりつけの先生に陽性といわれた方は一度当科に受診することをお勧めします。
MPO-ANCA、 PR-3 ANCA 顕微鏡的多発血管炎, 腎限局型ANCA関連血管炎, 多発血管炎性肉芽腫症(旧名ウェゲナー肉芽腫症)、好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(旧名チャーグ・ストラウス症候群)など
抗Jo-1抗体、抗ARS抗体 多発性筋炎/皮膚筋炎
抗Scl-70抗体
抗RNAポリメラーゼIII抗体
全身性強皮症
抗セントロメア抗体 全身性強皮症
抗U1-RNP抗体 全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、
抗Sm抗体 全身性エリテマトーデス
抗ds-DNA IgG抗体
抗DNA抗体
全身性エリテマトーデス
抗SS A抗体 抗SS B抗体 シェーグレン症候群
抗CL-β2GPI抗体 抗リン脂質抗体症候群

膠原病の内臓病変の治療に使用する代表的薬剤
ステロイド療法のみでは病気が進行してしまう場合、ステロイドの減量により病気が再発する場合、ステロイドの副作用でステロイド治療の継続が困難となる場合は免疫抑制剤を併用することがあります。免疫抑制剤の副作用については主治医に確認してください。

薬剤名 特徴
プレドニゾロン
(商品名プレドニン)
ステロイド薬です。副作用が後述するように多彩ですが、残念ながら膠原病の内臓病変の多くはステロイドを使用しないと治りません。
シクロホスファミド 免疫抑制剤、顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症、皮膚筋炎の間質性肺炎、全身性エリテマトーデス、悪性関節リウマチの治療に主に使用
タクロリムス 免疫抑制剤
皮膚筋炎の間質性肺炎、関節リウマチの間質性肺炎、
全身性エリテマトーデスに主に使用
アザチオプリン 免疫抑制剤、ステロイド抵抗例の様々な膠原病に使用
ミコフェノール 免疫抑制剤、全身性エリテマトーデスに使用
リツキシマブ 免疫抑制作用のある生物学的製剤
顕微鏡的多発血管炎、多発血管炎性肉芽腫症の治療に使用
ガンマグロブリン大量静脈投与 難治性の皮膚筋炎 多発性筋炎に使用
ボセンタン、アンブリセンタン 膠原病疾患に合併する肺高血圧症、難治性手指の血流障害に使用。
シルデナフィル、タダラフィル 膠原病疾患に合併する肺高血圧症に使用

ステロイド内服中の患者様へ

  1. ステロイド減量中に病気が再発することがあります。ステロイドは副作用が多いため再発の可能性があっても外来で減量を行います。症状が改善しても医師の指示に従い外来を通院してください。
  2. 自己判断でステロイドを減量あるいは中止しないでください。病気が再発したり、副腎不全をおこし危険な状態になることがあります。
  3. 感染予防が大切です。規則正しい食事と十分な睡眠をとってください。人ごみではマスクをして、手洗いとうがいの習慣をつけましょう。インフルエンザワクチンは毎年受けて下さい。高齢者は肺炎球菌ワクチンの接種もお勧めいたします。生食については主治医に相談してください。
  4. 合併症対策の薬剤を複数の種類内服いただくことがあります。合併症の悪化を防ぐため医師の指示通りの合併症対策の薬剤も継続してください。
主な副作用 具体的内容
感染症 細菌感染症(肺炎、尿路感染、敗血症、皮膚感染症、膿瘍など)
結核、非結核性抗酸菌症
真菌感染症(ニューモシスチス肺炎、アスペルギルス感染症など)
ウィルス感染症(サイトメガロウィルス、帯状疱疹、B型肝炎、EBウィルスなど)
骨、筋肉への影響 骨粗鬆症、骨折(脊椎圧迫骨折、大腿骨頸部骨折など)、
骨壊死、ステロイド性の筋委縮
創傷治癒の悪化 胃潰瘍、十二指腸潰瘍の悪化、皮膚潰瘍の悪化、気胸
成人病 糖尿病悪化、高血圧悪化、心負荷、ステロイド性浮腫
精神症状 不眠、うつ病の悪化、ステロイド精神病、不穏、認知症の悪化
その他 白内障、緑内障の悪化、ステロイド性浮腫、中心性肥満、脱毛

当科の主な業績

  1. 2011年から厚生労働省の関節リウマチ研究班に所属して研究活動を継続、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症に関する論文、総説を複数発表。
  2. 2011年から厚生労働省の難治性血管炎に関する調査研究班に所属して研究活動を継続血管炎に関する論文、総説を複数発表。
  3. 2001年から2012年まで皮膚筋炎、多発性筋炎の研究を継続し、論文を複数発表。

▲このページのトップへ

担当医師

膠原病・リウマチ科部長 杉原 毅彦 すぎはら たかひこ

卒業年次 平成9年
専門 当科で対象としている疾患全般
担当外来/担当診療科 膠原病・リウマチ科
資格 日本リウマチ学会認定専門医、指導医、評議員
日本内科学会認定医、総合内科専門医
東京医科歯科大学膠原病・リウマチ内科非常勤講師
東京医科歯科大学臨床教授

常勤医

伊賀 祥子(いが しょうこ)  土田 真吏奈(つちだ まりな)  楠田 岳(くすだ たけし)  馬場 洋行(ばば ひろゆき) 

非常勤

松本 拓実(まつもと たくみ)  小宮 陽仁(こみや ようじ) 

内科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.