診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>内科系>腎臓内科

腎臓内科

他の診療科を見る

特徴

高齢者では腎臓の働きが正常の方でも若年成人に比べて約70%まで低下していくと言われています。そのため、ひとたび腎臓病を生じると末期腎不全へと進行し、透析治療を受ける危険性が出てきてしまいます。年々増え続ける腎臓病を早期発見し、個々の患者さんに合わせた適切な治療を行い、末期腎不全への進展抑制に努めます。
当科の診療のポリシーは「患者さんを中心に考える」ということです。患者さんの家族を含め、皆が納得できる診療をめざしたいと思います。

  • 慢性腎臓病(CKD)を治すためには早期発見・早期治療が大切です。健康診断などで尿所見異常(蛋白尿、血尿)がみられましたら早めに受診してください。
  • 腎機能の低下がみられている場合はさらに低下しないように薬物、食事、生活環境を見直す必要があります。血圧、むくみ、貧血、骨の異常、心血管病などの様々な問題を生じてきますので他科やかかりつけ医と連携して診療していきます。
  • 難治性ネフローゼ症候群、難治性血管炎・膠原病に伴う腎障害の診療に精力的に取り組んでいきます。高齢者の難治性腎疾患に対し最善の治療法を確立していきます。
  • 末期腎不全の患者さんには、それぞれの患者さんに配慮した透析治療、合併症管理を行い、生活の質の向上に努めます。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 武井 卓
鶴田 悠木
武井 卓
湯村 和子
【膠原病腎症特設外来】
板橋 美津世
午後 武井 卓
鶴田 悠木
湯村 和子
【膠原病腎症特設外来】
西山 ゆり
板橋 美津世

▲このページのトップへ

疾患診療方針概要

  • 腎炎、ネフローゼ症候群(CKDステージ1-2):血液・尿検査、エコー検査に加え、腎生検による組織検査が必要となることがあります。その上で治療(ステロイド薬・免疫抑制薬・リツキシマブ)を決めていきます。
  • 腎機能低下(CKDステージ3-4):血液・尿検査、レントゲン・心電図・エコー・体液検査などにより腎臓機能の評価、合併症の有無を調べます。末期腎不全進展抑制のために食事療法(減塩食・低蛋白食)、薬物療法(降圧薬・利尿薬、高カリウム血症治療薬、リン吸着薬、代謝性アシドーシス改善薬、エリスロポエチン製剤など)および合併症の予防・治療を行います。
  • 末期腎不全(CKDステージ5):CKDステージ3-4の治療に加え、血液透析の準備(ブラッドアクセスの作成)および導入、腹膜透析導入を行っています。退院後の外来維持透析は、当センターの透析センターや、通院しやすい近隣の施設をご紹介しております。
  • 急性腎障害・急速進行性腎炎症候群:原因検索を行い加療します。状況に応じて腎生検を行うこともあります。障害の程度によっては透析療法を行っています。
  • 自己免疫疾患など:血液透析以外の血液浄化療法である血漿交換や血液吸着についても、当該科と連携して透析センターにて行っています。

▲このページのトップへ

主な対象疾患(治療実績)

  • 慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)
  • 腎硬化症
  • 糖尿病性腎症
  • 腎炎(糸球体腎炎・間質性腎炎)
  • ネフローゼ症候群
  • 急性腎障害(Acute Kidney Injury:AKI)
  • 急速進行性腎炎症候群(RPGN) (ANCA関連血管炎)
  • 膠原病による腎障害
  • 多発性嚢胞腎

透析センターについて

透析ベッドは18床あり、うち2床がオンライン血液濾過透析対応、うち1床が個室透析となっています。

  • 透析センターでは腎不全に対して血液透析、血液濾過透析、オンライン血液濾過透析を行っております。透析導入やさまざまな合併症の管理を行うほか、手術や急性疾患で入院中の透析治療をサポートいたします。新規導入患者数は平成27年度49例、平成28年度43例です。
  • 自己免疫疾患などに対し血漿交換療法、血液吸着両方(顆粒球吸着、LDL吸着など)などのアフェレーシス療法を施行しています。
  • 特定集中治療室においては急性腎障害に対する持続緩徐式血液濾過透析、敗血症に対するエンドトキシン吸着を施行しています。
  • 透析センターでは外来における維持透析を受け入れております。月・水・金曜日の午前・午後および火・木・土曜日の午前・午後に行っております。送迎サービスはありません。高齢者での透析導入が増えている現状を踏まえ、フットケア(月1回)、栄養サポート、エルゴを用いた運動療法を行っております。

担当医師

腎臓内科部長 武井 卓 たけい たかし

卒業年次 平成7年
専門 腎臓内科疾患全般、腎炎、ネフローゼ症候群
担当外来/担当診療科 腎臓内科/血液透析科
資格 日本内科学会認定医
日本腎臓病学会専門医・指導医・学術評議員
日本透析医学会認定専門医・指導医

血液透析科部長  腎臓内科専門部長 板橋 美津世 いたばし みつよ

卒業年次 平成8年
専門 腎臓内科疾患全般、急速進行性糸球体腎炎
担当外来/担当診療科 腎臓内科/血液透析科
資格 日本内科学会認定医
日本腎臓学会専門医・指導医・学術評議員
日本透析医学会専門医・指導医

非常勤医

湯村 和子 (膠原病腎症特設外来担当 国際医療福祉大学病院腎臓内科教授)(ゆむら わこ)  清水 章(しみず あきら)  西山 ゆり(にしやま ゆり)  佐々木 裕子 (専門 臨床腎臓病学)(ささき ゆうこ)  鶴田 悠木(つるた ゆうき)  齋藤 誉子(さいとう たかこ) 

シニアレジデント

山中 法子(やまなか のりこ)  橘 靖子(たちばな やすこ) 

内科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.