診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>内科系>糖尿病・代謝・内分泌内科>フットケア外来

フットケア外来

他の診療科を見る

特徴

足または足爪の変形、水虫があってケアの必要な患者様が多くみうけられます。また、加齢は糖尿病の発症危険因子の1つです。糖尿病は足病変を合併するリスクを伴います。足は日常生活動作を維持するために重要な役割を果たしています。当外来では糖尿病ケアと創傷ケアを専門とする看護師が大切な足を守るためにお力になります。

▲このページのトップへ

ケア実績

糖尿病患者さまの足を守るためには、皮膚の清潔・保湿を考えたスキンケアを行い、ご自身で観察が必要なことをお伝えしながら以下のようなケアを提供しております。

< 平成24年度の主なケア >

  • 爪ケア
  • 潰瘍ケア
  • 胼胝・鶏眼ケア
  • 角質ケア
  • 爪切り指導
  • 靴の履き方指導
  • 角質ケア指導

▲このページのトップへ

看護ケア概要

それぞれの方の状態に合わせたフットケア技術を提供させて頂いております。

看護ケア概要 

▲このページのトップへ

対象となる方

糖尿病であり、このような症状を持つ方を対象にしています。

  • 足にマメや靴ずれがある
  • 爪が厚くなって爪切りに困る
  • 時々足にやけどをする
  • 自分で爪切りができない
  • 足の皮膚が乾燥し、ひび割れがある   など

担当看護師

糖尿病看護認定看護師

鹿島田 美奈子(かしまだ みなこ)

皮膚・排泄ケア認定看護師

米丸 めぐみ (よねまる めぐみ)

内科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.