診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>診療を支える部門>放射線診断科>半導体PET-CT導入(GEヘルスケア Discovery MI)

半導体PET-CT導入(GEヘルスケア Discovery MI)

他の診療科を見る

2017年3月末に、日本で3番目となる半導体PET/CT GE Discovery MIが導入されました。(図1)
2013年6月に新施設の開設と同時に導入されたGE Discovery PET/CT 710(図2)と合わせて高性能PET/CTが2台となります。


図PET1 半導体PET-CT GE Discovery MI


図PET2 GE Discovery 710 PET-CT

今まで運用されていたPET/CT 710に関しても、time-of-flightなどの先進的な技術が使われ、高性能でありますが、今回導入された機種は、光電子増倍管の代わりに半導体を使用し、今までよりも約2倍の感度を誇る最新鋭の機種です。

高い感度により、今までよりも良い画質が得られます。また、短い時間で撮像することも可能です(図3)。図3の「MI短時間」は、全身の撮像時間がたったの6分相当です。
高齢者では、長時間の撮像が難しい場合もありますので、そのような場合には短時間収集が役立ちます。

画像再構成も進歩しています。Q.clearという新しい再構成法を使えば、たった1秒の収集時間でも、形が見えてきます(図4)。OSEM(逐次近似法の代表的なもの)も比較的優れた再構成法ですが、Q.clearでは、中の大きな球を描出することまでできています。
このように、Q.clearは特に小さな腫瘍を明瞭に描出するのに役立つと思われます。
再構成に時間がかかることが問題ですが(時には収集時間よりも長くなってしまいます)、Discovery PET/CT 710でもQ.clearによる再構成も始める予定です。


図PET3 710、MIで撮像した画像
MI短時間撮影は、全身を6分相当で撮像。

画像再構成も進歩しています。Q.clear という新しい再構成法を使えば、たった1 秒の収集時間でも、形が見えてきます(図PET4)。OSEM(逐次近似法の代表的なもの)も比較的優れた再構成法ですが、Q.clearでは、中の大きな球を描出することまでできています。このように、Q.clear は特に小さな腫瘍を明瞭に描出するのに役立つと思われます。再構成に時間がかかることが問題ですが(時には収集時間よりも長くなってしまいます)、Discovery PET/CT 710でもQ.clear による再構成も始める予定です。


図PET4 MIにて1秒で収集したファントーム画像。
Q. Clearでの画像再構成法は優れている。

図PET5-10 にDiscovery MI での悪性腫瘍の症例画像を提示いたします。FDG PET にて、悪性腫瘍の病期診断などに役立っています。


図PET5 みぎ肺がん。
リンパ節転移、肝転移、多発骨転移。


図PET6 悪性リンパ腫。


図PET7 みぎ肺がん、肺内転移、
多発リンパ節転移、多発骨転移、腹膜播種。


図PET8 みぎ肺がん、縦隔リンパ節、
みぎ前縦隔腫瘍。


図PET9 みぎ肺がん、肺門リンパ節、
みぎ肺内転移。


図PET10 みぎ肺がん疑い。
骨に多発集積。

また、図PET11 にDiscovery MI で撮像した正常の美しい脳の画像を示しています。先進医療B「FDGを用いたポジトロン断層 撮影によるアルツハイマー病の診断」に参加しております。将来は、認知症の診断に保険診療でFDG PET を使うことを目指しています。


図PET11
健常成人の脳。分解能が高いだけでなく、灰白質と白質のコントラストにも優れる。
  • FDG PET-CT検査をC@RNAから予約できるようになりました。

    今までは、PET 検査は、当センター担当診療科に患者様をご紹介いただく必要がある装置との位置づけでしたが、PET-CT 装置が2 台になったことで、C@RNA から予約が出来るようにいたします。
    予約が簡単になりますので、ぜひご活用ください。
    予約状況や当センターでの対応状況に鑑みながら、徐々に予約枠を拡充していきます。
    当センターでは毎週月曜日と金曜日に保険診療のPET-CT 検査を行っております。心臓サルコイドーシスにも保険適応が拡充されましたが、絶食時間の条件が異なりますので、その場合にはご連絡をしてください。

    FDG PET-CT は、早期胃がんを除く悪性腫瘍の病期診断に保険適応があります。

    • 悪性腫瘍
      ※早期胃癌を除く他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない方。
    • てんかん
      難治性部分てんかんで外科手術が必要とされる方。
    • 虚血性心疾患
      虚血性心疾患による心不全で、心筋組織のバイアビリティ診断が必要とされる方。
      ※通常の心筋シンチグラフィで判定困難な場合に限る。

    検査自体は低侵襲のため高齢者や様々な合併症を抱える患者様にも安全に検査が受けられます。最新のPET/CT により一層近隣の先生方の診療や地域の皆様の健康にお役に立てればと思います。

▲このページのトップへ

現在、スタッフの情報はありません。

診療を支える部門

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.