地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 看護部専用サイト地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 看護部専用サイト

採用情報

ホーム >  採用情報 >  修学資金制度

修学資金制度(看護学生のための修学資金貸与制度)

東京都健康長寿医療センターでは、国内の看護師養成施設 または 国内の看護系大学・大学院に在籍し、卒業後当センターにおいて看護業務に従事する意思をお持ちである皆さんの修学を支援する「看護学生修学資金貸与制度」を設けました。
なお、日本学生支援機構の育成資金と東京都看護師等修学資金(第2種のみ)の併用は可能です。

対象者(右記のすべての用件を満たす場合) ①国内の看護師養成施設又は大学(短期大学を含む。)に在学している、または看護師免許を取得し国内の大学院修士課程及び博士課程で看護に関する専門知識を修得しようとしており、申込を行う当該年度に養成施設又は大学を卒業する、または大学院を修了する見込みを有すること。
②成績優秀にして、かつ、心身が健全であること
③同種の修学資金を他から借り受けていないこと
④卒業または 修学後、一定期間当センターにおいて看護業務に従事する明確な意思を有する者
貸与額 専門学校生および看護系大学学部生
最高額 年額60万円(月額5万円相当)
大学院修士課程および博士課程在籍者
最高額 年額84万円(月額7万円相当)
募集人数 15名程度
手続き 平成29年度新規貸与者を募集します。(申込書類提出期日:7月7日)
申込をご検討いただく方は、当センター総務課人事係まで、メールにて申込書類をご請求ください。
連絡先

〒173-0015 東京都板橋区栄町35-2
地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター
総務課人事係 TEL: 03-3964-1141(代)
E-MAIL:

当センターの修学資金の特色

返還金の免除

貸与終了後、直ちに当センターで勤務し、引き続き一定期間看護業務に従事した場合は、返還金が免除となります。
※なお、貸与の決定は、採用を保証するものではありません。

取得しやすい要件

貸与するにあたり、扶養者の所得制限はありません。連帯保証人を1人にし、より借受けしやすくしています。

看護部長からのメッセージ

当センターは 全国でも数少ない高齢者の急性期医療を担う病院です。

4人に1人が高齢者といわれる時代も間近になっています。
高齢者の方が入院治療後もADLを低下することなく、住み慣れた地域で生活ができるようにQOLを支える医療を実践しています。

奨学金制度は、このような当センターの医療に共感し、これからの高齢者急性期医療を創造していこう、という向学心あふれる看護学生の皆さんを応援するものです。
一定期間当センターに従事することで返還が免除となります。

この期間に経験した高齢者看護は、その後の人生の財産になると確信しています。