老化機構研究チーム

チームリーダー

研究部長 伊藤雅史

研究紹介

老化機構研究チームは分子機構・プロテオーム・細胞機能研究グループから構成され、分子機構は糖鎖、プロテオームはタンパク質、細胞機能は細胞間情報伝達に着目し、老化および老化関連疾患のメカニズムの解明およびバイオマーカーの同定を目指している。これらの実現に向け、先進的な方法論、概念を取り入れた基礎・応用研究を進めるとともに、他の研究グループに基盤技術を提供し、高齢者の健康増進、健康長寿に寄与することを目的としている。

研究テーマ紹介

分子機構研究

老化関連疾患および個体老化における糖鎖機能の解明

プロテオーム研究

老化、老化関連疾患、健康長寿に関連するタンパク質とその分子修飾のプロテオミクス

細胞機能研究

老化関連疾患における細胞外小胞と慢性炎症の役割の解明