記憶神経科学研究

メンバー

リーダー 研究部長 遠藤昌吾
研究員 柳井修一
技術員 新崎智子
協力研究員 永雄総一、児島伸彦、本田陽子

キーワード

神経再生、記憶、学習、神経可塑性、身体リハビリテーション、既存薬再開発、細胞内情報伝達

主な研究

  1. βアミロイド神経毒性の分子機構の研究及び、認知症の進行度を現す髄液診断法の開発
  2. 記憶の分子機構の研究、記憶改善薬、記憶改善治療に関する研究

研究紹介

  1. 記憶は様々な脳高次機能の基盤であることから、老化や疾病に伴う記憶障害は患者や家族等周辺の人にも大きな影響を与えます。これらの記憶障害の理解そして治療のためには記憶の基礎的研究が必要です。基礎研究は薬物治療の標的分子を同定し、治療や薬物開発の基礎となります。
  2. 高齢化社会では、都市独特の独居、孤独などの問題が存在します。しかし、そこで、当研究室が持つ基礎心理学的、行動科学的手法を用いて動物モデルを構築します。動物モデルを用いてヒトではできない解析を通して問題の解決を目指します。
  3. 身体リハビリテーションは、身体の動きを取り戻すというよりは"新しい動きを学習する"ことだと考えられています。運動学習の中枢である小脳に着目して、リハビリテーションの効率的を目指す研究を行います。

主要文献

  1. S.Yanai, H.Ito, and S.Endo
    Long-term cilostazol administration prevents age-related decline of hippocampus-dependent memory in mice.
    Neuropharmacology 129, 57-68, 2018.
  2. S. Yanai, J. Toyohara, K. Ishiwata, H. Ito, S. Endo.
    Long-term cilostazol administration ameliorates memory decline in senescence-accelerated mouse prone 8 (SAMP8) through a dual effect on cAMP and blood-brain barrier.
    Neuropharmacology 116, 247-259, 2017.
  3. S. Yanai and S. Endo
    Old drugs learn new tricks: drug repurposing saves the world!
    Atlas of Science, October 11, 2017.
  4. Endo S.
    G-substrate: Cerebellum and beyond. Progress in Molecular Biology and Translational Science, Vol. 106 (Shenolikar ed.), pp. 381-416. Burlington: Academic Press, 2012.
  5. Endo S.
    Potential therapeutic targets for memory impairments and dementia: Clues obtained from memory-enhanced mice. Brain Aging, Therapeutic Interventions (Thakur and Rattan eds), pp. 219-238. Springer, 2012.
  6. Yanai S, Semba Y, Endo S.
    Remarkable Changes in Behavior and Physiology of Laboratory Mice after the Massive 2011 Tohoku Earthquake in Japan. PLoS ONE 7, e44475, 2012.