東京都健康長寿医療センター泌尿器科では、デジタル超音波診断装置「HI VISION Ascendus」を導入いたしました!

泌尿器科
2017年11月27日

前立腺がんの診断には、超音波検査は必須となっています。

今回導入した新しい超音波装置「HI VISION Ascendus」では、超音波の画像とMRIの画像を同時に連動させる機能により、より正確にがんの位置を把握でき、スムーズかつ的確な処置が可能です。

当センターは、フルオプションの構成で導入しました。現在、同じ構成では都内で4台しか導入されていません。

詳しくは、設備機器紹介をご覧ください。