<プレスリリース>東京都健康長寿医療センターはアクチン重合阻害による脳ミトコンドリアの若返りについて発表しました。

研究成果
2018年11月15日

東京都健康長寿医療センターの高橋真由美研究員らは、これまで加齢に伴う脳ミトコンドリア機能の低下の仕組みについて研究を行ってきましたが、今回、ミトコンドリア内にもアクチン繊維が存在し、呼吸機能の調節に重要な役割を果たしているという新知見を得ました。これにより、今後、脳機能の改善に役立つ新しい方法が開発される可能性があります。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。