<プレスリリース>東京都健康長寿医療センターは75歳以上の約8割が2疾患以上、約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存することを発見しました。

研究成果
2019年02月01日

東京都健康長寿医療センター研究所の石崎達郎研究部長、光武誠吾研究員らの研究グループは、東京都の後期高齢者約131万人分のレセプト(診療情報明細書)情報を分析し、後期高齢者の約8割が2疾患以上の慢性疾患を併存、約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存していることを明らかにしました。この研究成果は、米国疾病対策予防センター(CDC)が出版している国際科学雑誌「Preventing Chronic Disease」に掲載されました(2019年1月31日付)。

詳しくは、プレスリリースをご覧ください。