<プレスリリース>東京都健康長寿医療センターは高齢期のフレイルを予防する社会システム(大都市モデル)の開発にかかるIoTの開発を伴うICTシステムの構築を目指し、共同研究を開始しました。

研究成果
2018年04月18日

都築電気株式会社(代表取締役社長:江森 勲)と、東京都健康長寿医療センター(理事長:井藤 英喜)は、「高齢期のフレイルを予防する社会システム(大都市モデル)の開発」にかかるIoTの活用を伴うICTシステムの共同研究を開始することを発表しました。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。