<プレスリリース>東京都健康長寿医療センターは、高齢期の社会的孤立と閉じこもり傾向による死亡リスクが約2倍であることを発見しました。

研究成果
2018年07月27日

東京都健康長寿医療センター研究所の藤原佳典研究部長の研究グループは、日常の生活に問題のない健康な高齢者であっても、社会的な孤立と閉じこもり傾向が重積している者では6年後の死亡率が、どちらも該当しない者に比べて2.2倍高まることを明らかにしました。

詳しくはプレスリリースをご覧ください。