体への負担が少ない大動脈弁狭窄症の最先端治療 TAVI(タビ)

大動脈弁狭窄症(だいどうみゃくべんきょうさくしょう)について

大動脈弁狭窄症とは

心臓の重要な血管中の弁が加齢などの原因により石灰化し、動きが鈍くなる病気です。弁の動きが鈍くなると、全身に血液を送る量が少なくなり、健康に害を及ぼします。

大動脈弁の役割

心臓は、全身に血液とともに酸素を供給する、ポンプのような役割をしています。
全身に酸素を届けたあとの血液(静脈血)は右心房から右心室へ戻り、肺動脈から肺に送られます。肺で酸素を受け取った血液(動脈血)は左心房から左心室へ送られ、大動脈を通って全身をめぐり、酸素を届けます。
この一連の動きは休むことなく、1日におよそ10万回も繰り返されています。

大動脈弁狭窄症の症状

大動脈弁狭窄症は、聴診とエコー(体外から超音波で心臓を観察する方法)によって診断されますが、息切れや動悸、疲れやすさなどの症状が徐々に進行するため自覚しにくいのが現状です。
胸痛や失神などの重い症状が出て初めて自覚したり、心不全と診断され入院後に発覚される場合や、検診時の聴診で心雑音を指摘されて見つかることもあります。
大動脈弁狭窄症は、はじめは弁という一部分の病気ですが、進行すると心筋(心臓を動かす筋肉)という心臓全体の病気になります。そのような状態になると、いくら一部分である弁を取り換えても心筋の障害は回復せず、心臓は元通り働くことができなくなります。
大動脈弁狭窄症は自然に治ることはないので、心筋の障害が進行する前に早期の診断と治療をすることが非常に大切です。

TAVIは大動脈弁狭窄症の新しい治療法です

TAVIで留置される人工弁

TAVIとは

重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法で、カテーテルを使って人工弁を患者様の心臓に留置します。
「経カテーテル大動脈弁治療(Transcatheter Aortic Valve Implantation)」、略して「TAVI」と呼ばれています。
TAVIの適応があるか、お薬での保存的治療か、弁置換手術かについてはハートチームの医師たちが詳細な検討を行い、
さまざまな要因を考慮したうえで総合的に判断し決定されます。

TAVIは希望すれば誰しもが受けられる治療法ではありません。TAVIが初めて人間に施術されたのは2002年で、まだ事例が少なく、術後10年・20年にどのような状態であるかというデータが充分ではありません。そのため、現時点では高齢でない患者様であれば通常、長期成績も担保されている外科的手術である「大動脈弁置換術」が標準治療となります。しかし、これまで何度か開胸手術を受けたり、手術の危険性が高い方などは、TAVIの適応が検討されます。

TAVI治療法

TAVIには2通りのアプローチ方法があります。太ももの付け根の血管から挿入する「経大腿アプローチ(TF)」と、
肋骨の間を小さく切開し、心臓の先端からアプローチする「経心尖アプローチ(TA)」です。
患者様の状態に最適なアプローチをハートチームの医師たちが充分検討して選択します。
どちらの方法においても少ない身体的負担で治療が可能です。

TF(経大腿アプローチ)
TA(経心尖アプローチ)

TAVIの治療フロー

かかりつけの病院、クリニックの先生からの紹介状が必要になります。受診を希望される方は、予約専用電話03-3964-4890にお電話いただき、予約をお取りください。TAVI治療を希望される方の診察日は毎週木曜日午後の弁膜症外来です。
ご希望の木曜日のお日にちをオペレータにお知らせください。

  • 初診外来
    外来当日、医師の診察前にTAVIスタッフによる問診、外来でできる検査(血液検査、CT、胸部レントゲン、心エコーなど)を受けていただいてから担当医師による診察となります。
  • 検査入院
    治療法検討のために必要な詳しい検査を受けていただくための入院で、入院期間は約1週間程度です。経食道エコー、腎血流エコー、心電図、筋肉量測定、呼吸機能検査、心臓カテーテル検査など しっかりと全身を精査します。
  • ハートチーム カンファレンス
    この検査入院期間中に、当センターハートチームの医師たちが検査結果を踏まえ、もっとも患者様ご本人にとってためになると思われる治療方法を検討します。
    検査入院期間中に担当医より治療方針についてご説明します。
  • TAVI入院
    患者様ご本人・ご家族と相談し、入院の予定を組みます。
    ご心配がないように何度でもご説明いたしますのでご遠慮なくお声掛けください。
    手術当日は集中治療室に入ります。手術翌日には一般病棟に戻り、1日も早く日常生活に戻れるようにリハビリが始まります。理学療法士・看護師が親身になってケアさせていただきます。
  • 退院
    治療経過が順調で、リハビリによって日常生活が問題なく送れると判断されると退院の目途が
    立ちます。栄養士による塩分制限、水分の摂り方などの食事指導、薬剤師によるお薬の説明など、
    安心して日常生活に戻れるよう支援させていただきます。
    退院後は、定期的に外来通院があります。紹介元のかかりつけの先生と連携をとりながら
    しっかりフォローさせていただきます。
TAVIはハートチームで取り組みます

TAVI治療は、心臓外科、循環器内科のみならず、麻酔科、リハビリ科、看護師、放射線技師、臨床工学士、検査技師などそれぞれの専門分野の総力を併せたハートチームで患者様ひとりひとりの治療に全力を尽くします。

チーム プロジェクトリーダー / 心臓外科部長西村 隆

高齢化に伴い、大動脈弁狭窄症は近年増加傾向にありますが、年齢や持病などを考慮すると治療の基本となる手術(人工弁置換術)ができないことも多くあります。しかし、当センターもこの度、新たな治療法である「TAVI」を導入し、手術が難しい患者様も治療が可能になりました。当センターでは、複数の診療科による「ハートチーム」を結成し、合併症などが起こる可能性などを考慮しながら、患者様に最適な治療法を検討しております。

チームリーダー / 循環器内科専門部長武田 和大

患者様が自ら治療を前向きに検討できる時代である今、苦痛を軽減し、健康寿命を延ばすことのできるこの治療法を是非ご検討ください。
不安が軽減でき、高齢だからと諦めていたことに再度挑戦し、元気な治療後の人生を楽しめるように、お力になれれば幸いです。

チームリーダー / 循環器内科医長、超音波室長田中 旬

大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療「TAVI」を実施する患者様は、様々な疾患を抱えています。
栄養状態の評価や術後リハビリなど、「ハートチーム」で包括的にアプローチしていきます。

よくあるご質問

年齢に関係なくTAVIは受けられますか?
TAVIは希望すれば誰しもが受けられる治療法ではありません。TAVIはまだ事例が少なく、術後10年・20年にどのような状態であるかというデータが充分ではありません。そのため、現時点では高齢でない患者様であれば通常、長期成績も担保されている外科的手術である「大動脈弁置換術」が標準治療となります。しかし、これまで何度か開胸手術を受けたり、手術の危険性が高い方などは、TAVIの適応が検討されます。
TAVIを含めた心臓弁膜症の治療の相談をしたい場合は?
毎週木曜日の午後、弁膜症外来を開設しています。予約センター 03-3964-4890まで電話で予約をお取りください。
入院期間はどのくらいですか?
術後の状態によって前後することもありますが、入院から退院まで10日程度です。
手術の翌日には歩くことができるよう、患者様の状態に合わせながら理学療法士がリハビリテーションを行います。食事も朝からとることができます。(医師の許可がある場合)
なお、検査入院の期間は平均1週間程度です。(状態によって前後します)
治療に痛みはありますか?
治療は全身麻酔で行われますので、痛みを感じることはありません。
術後にのどに違和感をおぼえたり、カテーテルを挿入した足の付け根の不快感や、経心尖アプローチの場合には傷口の痛みが残ることがありますが、これらは数日から一週間ほどでおさまります。

治療費について

2013年の10月より、TAVI治療が健康保険の適用となりました。
さらに、高額療養費制度※をご利用することにより費用の負担を少なくすることが可能です。

高額療養費制度とは(厚生労働省のページへ)

70歳以上の方

負担割合 所得要件 治療費 食事代(1ヶ月想定) 金額(治療費+食事代)
3割 (健保)標報28万円以上
(国保)課税所得145万円以上
137,430円 12,960円(1食360円×36回) 155,000
2割 (健保)標報28万円以上
(国保)課税所得145万円以上
44,400円 12,960円(1食360円×36回) 60,000
1割 (健保)標報28万円以上
(国保)課税所得145万円以上
(平成26年4月1日までに70歳の
誕生日を迎える方は1割)
44,400円 12,960円(1食360円×36回) 60,000
1割(区分Ⅰ)※ 住民税非課税(所得が一定以下) 15,000円 3,600円(1食100円×36回) 20,000
1割(区分Ⅱ)※ 住民税非課税(所得が一定以下) 24,600円 7,560円(1食210円×36回) 35,000
  • ※区分Ⅰ 世帯の全員が住民税非課税で、各所得が0円かつ公的年金収入額が80万円以下の世帯の方。
  • ※区分Ⅱ 世帯の全員が住民税非課税である方。
  • 上記について、詳しくはお住まいの市町村にご相談下さい。
  • ※個室を希望される方は部屋代が別途必要になります。

Aさんの場合
現在年齢71歳 収入なし
TAVI治療 1割の保険証をお持ちの方
12日の入院の場合
※健康保険を利用。入院期間が月をまたがない場合

治療費44,400円(1ヶ月の上限額)

食事代12,960円(1食 360円×36回)

合計57,360

70歳未満の方

健康保険を使用する場合
負担 約180万円(3割負担)
限度額適応認定証※をお持ちの場合(所得区分)
年収約1,160万円~の方(区分ア) 約30万円
年収約770万円~約1,160万円の方(区分イ) 約22万円
年収約370万円~約770万円の方(区分ウ) 約14万円
~年収約370万円の方(区分エ) 57,600円
住民税非課税の方(区分オ) 35,400円
  • ※ご自分で保険者に申請が必要です。ご不明な場合は入院係までお問い合わせ下さい。
  • ※部屋代、食事代は別途必要になります。

Bさんの場合
現在年齢60歳 年収450万円
TAVI治療 限度額適応認定証を提示(区分ウを適用)
12日の入院の場合
(※健康保険を利用。入院期間が月をまたがない場合)

治療費137,430円

食事代12,960円(1食 360円×36回)

合計150,390

お電話でのお問い合わせはこちら 03-3964-1141

外来受診についてはこちら