診療科情報

トップページへ戻る>診療科情報>外科系>心臓外科

心臓外科

他の診療科を見る

インフォメーション

現在、お知らせはありません。

▲このページのトップへ

特徴

心臓外科では心臓、胸部大動脈、肺動脈の病気を循環器内科と協力して診療しています。当院心臓外科の診療スタッフは常勤心臓外科医2名、非常勤心臓外科医8名で、主に成人心臓大血管疾患手術を行っています。日常診療においては循環器内科と連携し、急性心筋梗塞やうっ血性心不全の緊急症例、胸部大動脈破裂や急性大動脈解離の緊急症例にも対応できる質の高い医療の提供に努めています。

▲このページのトップへ

外来医師配置表

午前 村田 知洋
西村 隆
午後 河田 光弘
許 俊鋭
加藤 倫子
西村 隆
【心不全外来】

▲このページのトップへ

疾患診療方針概要

  • 冠動脈疾患: 狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞症に対して薬物やカテーテル・インターべンションが有効でない症例に対して冠動脈バイパス手術を行います。また、急性心筋梗塞に続発する心室中隔穿孔・僧帽弁乳頭筋断裂・左室自由壁破裂などに対して緊急救命修復手術を行います。
  • 大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、感染性心内膜炎などの心臓弁膜症に対して、弁形成・人工弁置換などの治療を積極的に行っていますが、当センターでは高齢の患者さんが極めて多く冠動脈バイパスを同時に行う患者さんが増えています。心臓弁膜症に合併した心房細動に対してはメイズ手術を行います。
  • 胸部大動脈瘤、大動脈弁輪拡大症、急性大動脈解離、慢性解離性大動脈瘤などの大動脈疾患に対して、人工血管置換・大動脈基部置換(ベントール手術)、ステントグラフト治療を行います。弁膜症と同様、当センターでは高齢の患者さんが極めて多く冠動脈バイパスを同時に行う患者さんが増えています。
  • 血栓溶解療法など内科的治療が有効でない肺梗塞症例に対して補助循環・肺動脈内血栓除去術を行います。
  • 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症など成人先天性心疾患に対して、根治的な心内修復術を行います。
  • 内科的治療抵抗性の拡張型心筋症、虚血性心筋症などの重症心不全に対して左室形成術、補助循環治療を行います。

▲このページのトップへ

重症心不全治療

重症心不全に対する補助人工心臓治療のご紹介

厚生労働省が発表した平成23年の死因統計では、50歳後半で「がん死亡」が減少し始め、加齢に伴い「心疾患死亡」が「肺炎死亡」とともに増加していきます。また、長期に入退院を繰り返すことにより著しくQOLが低下していくのが心疾患であり、高齢者医療にとって心不全対策は高齢者医療の大きな課題です。日本では心臓大血管手術の40%が70歳以上の症例であり、天皇陛下も78歳というご高齢で冠動脈バイパス手術をおうけになり、素晴らしく回復されましたことは国民にあまねく周知されているところであります。

しかし、高度心不全で死に至る心疾患の中には冠動脈バイパスや弁膜症手術などの通常の心臓手術では回復できない特発性心筋症(拡張型心筋症・肥大型心筋症)を始めとする心筋症は、薬物治療の効果がなくなった時点で心臓移植や人工心臓治療でしか救命できなくなります。

東京都健康長寿医療センターでは、こうした難治性の重症心不全症例に対して2013年4月より補助人工心臓治療を開始しました。昨年度は4名の心原性ショックに陥った患者さんに体外設置型ニプロ補助人工心臓(図a)を装着し、4名中3名を救命することができました。1名(48歳、男性)は3か月後に東大病院にてHeartMate IIという植込型補助人工心臓(図b)に取り換えて現在ご自宅で仕事をしながら心臓移植を待機されています。もう一方(25歳、男性)はニプロ補助人工心臓装着し6か月目になりますが当センターでリハビリ中です。27歳女性のYさんは3か月半の補助の後、ご自身の心機能が回復し補助人工心臓から離脱し3月末に退院されご自宅で元気に赤ちゃんを育てられています。当センターは今後、植込型補助人工心臓実施施設認定を受けるべく準備を進めています。


(a) 体外設置型ニプロ補助人工心臓


(b) HeartMate II植込型補助人工心臓

Yさんは2013年11月上旬に出産から1週間で産褥心筋症のため心原性ショックに陥り、都内の大学病院より当センターに搬送された患者様です。4日後に補助人工心臓装着術を行い、術後10日目にICU退室、リハビリテーションを開始しました(図c)。その後、心機能は順調に回復し、2014年2月中旬に補助人工心臓離脱しました(図d)。3月下旬に元気に退院され、現在、外来通院されています。


(c)補助人工心臓装着中のリハビリ


(d)補助人工心臓離脱後のリハビリ風景(動画)  

▲このページのトップへ

臨床研究

患者さんに優しい新しい狭心症治療法
体外式カウンターパルセーション(ECP)システム
コンパクトCP治療(CCP, 東大・西村器械共同開発)

体外式カウンターパルセーション(ECP)治療は、カテーテルによる冠動脈形成術(PCI)や冠動脈バイパス手術(CABG)が困難な重症虚血性心疾患に対する非侵襲的な狭心症治療法です。1960年代にカウンターパルセーション(CP)治療の元祖Harken、Birtwell、Soroffらによって開発され、欧米では1990年代から標準的な狭心症治療として普及しています。代表的なシステムにEnhanced External CounterPulsation Therapy (EECP®, Vasomedical社)があり、世界49か国で臨床使用され、米国では心臓センターとして有名なクリーブランドクリニックメイヨークリニックでも使用されています。残念ながら、日本ではEECP治療を実施している施設はありません。その理由は、欧米で普及しているEECPシステムは下腿に対する衝撃が強く15%の患者さんで治療を中止せざるを得なくなっているという報告があり、日本の患者さんに対する試験使用でも衝撃の強さから日本導入を断念した経緯があります。一方、日本で開発されたCCPシステムはダブルバルーンカフの採用により患者さんの下肢に対する衝撃を劇的に軽減し、患者さんにとっての辛さはほとんどありません。これまでの報告では、1日1時間のコンパクトCP治療を35回行うことで、狭心症状および心不全症状のかなりの改善が得られています。東京都健康長寿医療センターでは倫理委員会の承認の下、臨床研究として希望された患者さんにコンパクトCP治療を行っています。ご興味があればぜひ一度ご相談ください。

CCPシステムで2:1駆動補助時の血圧波形。CCP補助によりIABP補助効果と同様の良好なカウンターパルセーション補助効果が観察された。(モデルは著者)

連絡先

センター長 許 俊鋭  (03-3964-1141、shunei_kyo@tmghig.jp)

CCP治療中の患者さん(Aさん、60歳代、男性)

CCP治療中の患者さん(Aさん、60歳代、男性)

CCP治療3週間後のリハビリ中のAさん

CCP治療3週間後のリハビリ中のAさん

(※画像をクリックすると動画が始まります)

Aさんは10年前に左室形成術、僧帽弁形成術、冠動脈バイパス手術を受けました。手術後10年間は順調でしたが、1年前より虚血性僧帽弁逆流を伴う高度虚血性心不全に陥り、再入院を繰り返すようになりました。本年7月には静注強心剤(カテコラミン)依存状態になり、薬物治療やペースメーカ治療では救命できない高度心不全に陥りました。高齢であったため心臓移植や植込型LVAD治療の適応除外となり、患者さんのご希望により最終治療手段としてコンパクトCP(CCP)治療を選択しました。2週間のCCP治療で強心剤から離脱し、3週間後にはリハビリテーションを受けるまでに劇的に回復しました。5週間後には自宅退院し、現在外来でCCP治療継続中です。

※Aさんにおかれましては、動画像を当センターのホームページに掲載することの意義についてご納得いただいたうえで掲載させていただいております。

▲このページのトップへ

主な対象疾患(治療実績)

  • 冠動脈疾患: 狭心症、不安定狭心症、急性心筋梗塞
  • 心臓弁膜症: 大動脈弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、感染性心内膜炎
  • 不整脈疾患: 心臓弁膜症に合併した心房細動
  • 大動脈疾患: 胸部大動脈瘤、大動脈弁輪拡大症、急性大動脈解離、慢性解離性大動脈瘤
  • 肺動脈疾患: 肺梗塞
  • 成人先天性心疾患: 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、ファロー四徴症など
  • 重症心不全に対する左室形成術、僧帽弁形成術、補助循環治療など

担当医師

センター長 許 俊鋭 きょ しゅんえい

卒業年次 昭和49年
専門 心臓血管外科一般、冠動脈バイパス、心臓弁膜症、補助人工心臓、心臓移植
担当外来/担当診療科 心臓外科
資格 心臓血管外科専門医・修練指導者
循環器専門医
超音波専門医・指導医
植込型補助人工心臓実施医
コメント 成人心臓血管外科一般、補助人工心臓治療、心臓移植治療を専門とし、日本の補助人工心臓治療、心臓移植治療のリーダーの一人です。

心臓外科部長 西村 隆 にしむら たかし

卒業年次 平成4年
専門 心臓血管外科一般、冠動脈バイパス、心臓弁膜症、補助人工心臓
担当外来/担当診療科 心臓外科/呼吸器外科
資格 心臓血管外科専門医・修練指導者
循環器専門医
外科専門医
身体障害者福祉法第15条指定医
植込型補助人工心臓実施医
臓器移植メディカルコンサルタント
コメント 成人心臓血管外科一般、補助人工心臓治療を専門とし、多くの医療機関にて技術指導も行っています。

心臓外科医長 河田 光弘 かわた みつひろ

卒業年次 平成9年
専門 心臓血管外科一般、大動脈疾患、冠動脈バイパス、心臓弁膜症、ステントグラフト治療、血管内治療
担当外来/担当診療科 心臓外科
資格 外科認定医・専門医・指導医
心臓血管外科専門医・修練指導者
循環器専門医
脈管専門医
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施医
胸部ステントグラフト指導医(Gore TAG)
腹部ステントグラフト実施医(Gore Excluder)
腹部ステントグラフト実施医(Zenith)  
身体障害者福祉法第15条指定医    
植込型補助人工心臓実施医
コメント 患者さんと一緒に心臓疾患、大動脈疾患に取り組んで行きたいと思います。ご相談頂けますと幸いです。

心臓外科医長 加藤 倫子 かとう ともこ

卒業年次 平成6年
専門 循環器内科学一般・心不全・心筋症・画像診断・移植・補助人工心臓
担当外来/担当診療科 心臓外科
資格 総合内科専門医
内科認定医
循環器専門医

心臓外科専門医長 眞野 暁子 まの あきこ

卒業年次 平成8年
専門 循環器内科一般、心不全、補助人工心臓、心臓移植
担当外来/担当診療科 心臓外科
資格 循環器専門医
認定内科専門医
ECFMG certificate

常勤医

村田 知洋(むらた ともひろ) 

非常勤

小野 稔 顧問 (東京大学・心臓外科教授)(おの みのる)  縄田 寛 (東京大学・心臓外科講師)(なわた かん)  木下 修 (東京大学・心臓外科特任講師)(きのした おさむ)  竹谷 剛 (三井記念病院・心臓血管外科科長)(たけたに つよし)  三浦 純男 (三井記念病院・心臓血管外科科長)(みうら すみお)  齋藤 綾 (東邦大学佐倉病院・心臓血管外科准教授)(さいとう あや)  山本 真由 (帝京大学・放射線科講師)(やまもと まさよし) 

外科系

▲ページの先頭へ戻る
Copyright(C)東京都健康長寿医療センター All Rights Reserved.