血管外科

午前

赤木【初】

中澤
【初/血管検査室】
午後
中澤
【初/血管検査室】
赤木
【初/血管検査室】

根元
【血管検査室】

特徴

ハイブリッド手術室(レントゲン透視機器を備えた手術室)を活用した最新治療を行うことができます。
血管外科では、血管の病気の部位や性質により、薬物療法から手術治療まで幅広く対応しています。また、より負担の少ない治療法に積極的に取り組んでいます。
医師、褥瘡ケア認定看護師が、高齢者の足部の難治性潰瘍、褥瘡の治療を行います。
年齢制限はありません。若い患者様も受診していただけます。

  • 低侵襲治療
    ・大動脈瘤に対するステントグラフト治療
    ・閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療、血管再生医療
    ・下肢静脈瘤のレーザー治療
  • 最近、若年の静脈瘤のレーザー治療希望の方が増えています。個室を利用していただくことも可能です。

外来医師配置表

疾患診療方針概要

主な対象疾患(治療実績)

血管外科では大動脈(瘤、閉塞)、下肢動脈、下肢静脈の病気を扱います。その他末梢循環障害が疑われる患者様は遠慮なく御紹介ください。

  • 腹部大動脈瘤
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 下肢静脈瘤
  • 糖尿病性足疾患
  • 透析用シャント造設

スタッフ紹介

血管外科医長

赤木 大輔

あかぎ だいすけ

出身大学東京大学
卒業年次平成10年
担当外来/担当診療科血管外科
資格日本外科学会認定医/専門医/指導医
心臓血管外科専門医機構心臓血管外科専門医
日本脈管学会脈管専門医
日本血管外科学会血管内治療認定医
腹部大動脈瘤ステントグラフト指導医
胸部大動脈瘤ステントグラフト実施医
下肢静脈瘤焼灼術実施医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
厚生労働省認定臨床研修指導者
日本医師会認定産業医
東京都指定難病指定医
身体障害者福祉法15条指定医(肢体不自由)
日本リンパ浮腫治療学会評議員
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練指導者
常勤医
  • 根元 洋光(ねもと ようこう)
  • 瀬尾 明彦(せお あきひこ)
非常勤医
  • 井上 政則(いのうえ まさのり)
  • 中澤 達(なかざわ たつ)
  • 重松 邦広(しげまつ くにひろ)