腹部大動脈瘤のステントグラフト手術

腹部大動脈瘤は動脈硬化などにより、大動脈などの壁が弱くなり血圧に押されて拡張する病気です。腹部大動脈瘤は破裂すると大量出血し、非常に死亡率が高い病気です。腹部大動脈瘤は臍の下にありますが通常症状はなく、CT検査や超音波検査で偶然発見されます。

腹部大動脈瘤5.5cmのCT検査(腹が膨隆して外からも分かる瘤)

腹部大動脈瘤5.5cmのCT検査(腹が膨隆して外からも分かる瘤)

従来は開腹して動脈瘤を切開し、人工血管に取り換える手術のみでしたが、当院血管外科では開腹しないで腹部大動脈瘤の治療を行うステントグラフト内挿術を導入しています。

  • 腹部大動脈瘤の開腹手術
    腹部大動脈瘤の開腹手術
  • 腹部大動脈人工血管置換後
    腹部大動脈人工血管置換後

治療

腹部大動脈瘤に対するステントグラフトによる治療は、1990年にアルゼンチンで初めて行われました。現在アメリカでは腹部大動脈瘤の約50%はステントグラフトにより治療されています。
日本では、2002年にステントグラフトによる治療が保険適応となりましたが、市販のステントグラフトは認可されず、ステントグラフトは手作りのものを使用する状態でした。2006年7月に腹部大動脈瘤のステントグラフト製品の認可が下り、2007年4月から使用が可能となりました。しかし高度で特殊な治療であるため、施設基準(検査機器や年間手術症例数)と実施医師の資格基準があります。当院でも2009年度から実施、良好な結果が得られています。
ステントグラフトは、人工血管にステントといわれるバネ状の金属を取り付けたもので、これを細いカテーテルの中に圧縮して格納します。カテーテルを、患者さんの脚の付け根を4cm切開して動脈内に挿入し、動脈瘤のある部位まで運んだところで収納してあるステントグラフトを放出します。その後は人工血管の中だけを血液が流れるようになり、腹部大動脈瘤の瘤壁には血圧がかからなくなるため破裂が予防されます。

  • sub04_06.jpg
  • sub04_05.jpg
  • sub04_04.jpg

この方法だと、腹部を切開する必要はありません。高齢の患者さん、肺の機能が悪い患者さん、腹部手術後で再開腹手術が難しい患者さんなどはこの治療を積極的に選択しています。施行後、翌日には歩行ができ食事も取れるため5日目には退院することができます。腹部大動脈瘤の患者さんで高齢であったり、病気の多い方でも当院で治療することができます。(術前にCT検査画像で各部位を綿密に計測し、体のサイズにあったステントグラフトを使用します。瘤の形がステントグラフトに合わない症例もありその場合は開腹手術となることもあります。)

  • 腹部大動脈瘤(5cm)のCT検査
    腹部大動脈瘤(5cm)のCT検査
  • ステントグラフト内挿術後のCT検査
    ステントグラフト内挿術後のCT検査

スタッフ紹介

血管外科部長

中澤 達

なかざわ たつ

出身大学東京大学
卒業年次平成3年
専門血管外科・血管内治療(カテーテル治療)
担当外来/担当診療科血管外科
資格外科指導医・専門医
心臓血管外科専門医・修練指導者
脈管学会評議員・専門医
大動脈瘤ステントグラフト指導医
下肢静脈瘤血管内レーザー焼灼術指導医
東京大学医学部 臨床指導医 血管外科非常勤講師
コメント 当科の特徴は、2つあります。 第一に血管センター外来ブースの隣に血管検査室を持つことです。血管生理検査である血管エコー、脈波、皮膚潅流圧検査を血管診療技師により施行し、初診日の迅速な診断を可能としています。 第二に、中央手術室内にハイブリッド手術室を擁することです。血管造影対応のカーボン製の手術台に、高性能の血管撮影装置を装備しました。そこでバイパス手術と血管内治療を組み合わせたハイブリッド手術などの低侵襲手術を行っています。 現在、ハイブリッド手術として腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術が盛んに行われています。また、胸部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術も始まっています。いずれの場合も、開腹あるいは開胸より遥かに低侵襲な手術となりました。閉塞性動脈硬化症に対してはバイパス手術と血管内治療(ステント留置)の同時施行ができることにより適応を拡大しました。     さらに、下肢静脈瘤の最新治療として、血管内レーザー焼灼術を行っています。レーザーファイバーの穿刺と2mm程度の傷のみで治療が完了し術後の満足度も高まりました。  血管外科は医療器具・技術の革新により、低侵襲な血管内治療の適応となる症例が増加しています。従来の血管外科手術においては適応外とされていた高齢患者への手術適応も拡大し、ハイブリッド手術がさらに増加する見込みです。