糖尿病・代謝・内分泌内科

午前 透析予防外来



小寺
大庭



荒木
服部
田村

千葉
田村
舘鼻
フットケア外来


荒木
豊島
高橋
CGM外来


午後 荒木
大村
大庭
フットケア外来


千葉
メタボ栄養外来


荒木
服部
田村

千葉
小寺
渡部

田村
豊島

特徴

当科は、高齢者の糖尿病治療では、伝統のある全国でも有数の施設の一つです。糖尿病、内分泌の教育認定施設で学会の専門医・指導医が複数在籍し、診療を行っています。また、神経内科・脳卒中科や循環器内科などの他科と連携して、合併症の評価や治療を行っています。当科では、「糖尿病を通して患者さんの全身を診ること」をモットーとしています。

以下のような診療の特徴があります。

  • 個別性を重視した治療:認知機能、身体機能、社会環境、低血糖のおこりやすさ、腎臓の働きなど、患者さんの様々な条件を評価して、治療の方法を考え、QOL重視の医療を行っています。
  • 柔軟性のある治療:2型の糖尿病患者さんでインスリン治療が困難な場合、独自の方法でインスリンの離脱や注射回数の減少などを試みています。
  • 最新の治療:持続血糖モニター(CGM)の機械を使って1日の血糖の動きを7日間見る検査や1型糖尿病患者のインスリンポンプによる治療も可能です。
  • チーム医療:糖尿病認定看護師や糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師、栄養士、薬剤師がおり、医師とチームで食事、運動、服薬、インスリン注射、血糖測定、フットケアなどの指導をしています。
  • 糖尿病の教育:入院糖尿病教室を毎週1回行っています。また患者会(育寿会)の活動も盛んであり、会員と連携しながら外来糖尿病教室(年3回)や運動教室(月1回)を行っています。
  • 内分泌疾患も甲状腺をはじめ下垂体や副腎疾患など豊富に扱っております。

外来医師配置表

疾患診療方針概要

糖尿病

  • 糖尿病は血糖が高くなる病気で、放置すると、全身の臓器に合併症という余病をおこしてきます。

    ・合併症は糖尿病に特徴的な目の合併症(網膜症)、腎臓の合併症(腎症)、足の合併症(神経障害)、動脈硬化の合併症である心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症があります。最近では、認知症や歯周病も糖尿病の合併症であるとされています。

  • 検査は合併症の検査や血糖に関係した検査があります。

    ・合併症の検査:糖尿病に特徴的な目、腎臓、足の合併症や動脈硬化の合併症(脳、心臓、下肢)を詳しく調べます。腹部CTによる腹部の内臓脂肪の測定やDXA法による骨密度や四肢の筋肉の量を測定することもできます。また、そのための日数が決まった入院もあります。入院の場合は尿を貯めて、体の中のインスリンの量を測定したり、微量のアルブミンという蛋白を測定したりします。
    ・簡易血糖測定器による血糖測定:入院中は1日4回測定して、インスリンや内服薬の量の調整を行います。外来でも、血糖自己測定(SMBG)といって、低血糖を防ぐためや自己管理をするために使用する人が増えています。インスリン治療の場合は、外来で簡易血糖測定器を貸出いたします。
    ・持続血糖モニターの検査:おなかの皮膚の下に細くて痛くない針を入れて、3~7日間持続して血糖を測定する持続血糖モニター(CGM)の器械があり、夜間の低血糖や食後の高血糖がないかどうか調べることができます。

  • 治療法は大きく分けて食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。
    運動療法

    ・高齢者では運動療法がとくに大事です。歩行などの有酸素運動を食後に30分、1日1~2回週5日以上が勧められます。腰や膝が痛くて歩行ができない場合は、運動の指導者のもとで、筋力トレーニング(レジスタンストレーニング)から始めるのが良いでしょう。運動の前後にストレッチを行うことは、運動後の痛みを防ぐためにも大切です。

    食事療法

    ・1)バランスのとれた食事をとること、2)個別に決められたエネルギーをとること、3)夜食などの誤った食習慣をしないことが大切です。食物繊維が多い野菜、キノコ、海草をとることをお勧めします。糖分の入った清涼飲料水(ジュース、缶コーヒー)を取ると著明な高血糖になりますので注意しましょう。詳細は栄養士と相談して下さい。

    薬物療法

    ・内服薬、インスリン注射、GLP-1受容体作動薬の注射があります。内服薬はDPP-4阻害薬、ビグアナイド薬、SU薬、グリニド薬、α-GI薬、SGLT2阻害薬の6種類の違った作用を示す薬があります。体にあるインスリンの量や効き具合(抵抗性)、腎臓の機能、肝臓の状態、心臓などの合併症によって最もふさわしい薬を選びます。高齢者では低血糖症状がわかりにくく、重症になると意識障害をおこすことがあります。したがって、低血糖を防ぐために、内服薬を組み合わせて、SU薬をできるだけ減らすような治療をします。また、低血糖を防ぐための日常生活の注意点や低血糖の対処法について、看護師や薬剤師が指導いたします。
    インスリン治療は1型糖尿病患者では生存に必要な治療です。多くの高齢者は2型糖尿病ですが、内服薬治療でHbA1cが8.0%以上になった場合には、強化インスリン療法という1日4回のインスリン療法を行うと、約8割は内服薬治療に戻せるだけでなく、糖尿病がリセットされて、血糖コントロールが良くなります。
    GLP-1受容体作動薬はインスリンと違って単独では低血糖をおこさず、血糖を良くすることのできる注射です。体重を減らすことができる利点もあります。

  • 合併症予防

    ・糖尿病の合併症、とくに動脈硬化の合併症は血糖だけでなく、高血圧、脂質異常症、喫煙などが関係しています。したがって、血圧やLDL-コレステロールを良くすることや禁煙も大事です。また、抗血小板薬(血をさらさらにする薬)を服用することもあります。

  • 患者会活動

    ・創立35年になる糖尿病の患者会である育寿会ともに、外来での糖尿病教室、総会、バス旅行、運動教室を行って、スタッフと患者の交流を深めています。

  • 内分泌疾患の治療

    ・血液検査、甲状腺エコー、甲状腺生検などの検査で甲状腺の病気を診断し、治療します。 他、副腎、下垂体などの内分泌疾患の診療も行います。

主な対象疾患(治療実績)

  • 糖尿病:2型糖尿病、1型糖尿病、その他の糖尿病
  • 境界型耐糖能異常
  • メタボリックシンドローム、肥満
  • 低血糖:インスリノーマ、腫瘍性低血糖、薬剤性低血糖、内分泌疾患による低血糖、ダンピング症候群など
  • 脂質異常症:高コレステロール血症、高中性脂肪血症
  • 甲状腺疾患:甲状腺機能低下症、橋本病、甲状腺機能亢進症、バセドウ病、甲状腺腫瘍
  • 副腎疾患:アジソン病、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎腫瘍
  • 下垂体疾患:汎下垂体機能低下症、尿崩症、下垂体腫瘍
  • 骨粗鬆症

スタッフ紹介

副院長 (内科総括部長兼務)

荒木 厚

あらき あつし

出身大学京都大学
卒業年次昭和58年
専門糖尿病、老年医学、病態栄養、とくに高齢者の糖尿病治療
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科/総合内科
資格糖尿病学会専門医、指導医
老年病学会専門医、指導医、代議員
病態栄養学会専門医、指導医、評議員
日本糖尿病合併症学会評議員
内科学会総合内科専門医、指導医
糖尿病協会療養指導医

糖尿病・代謝・内分泌内科専門部長

千葉 優子

ちば ゆうこ

出身大学群馬大学
卒業年次平成7年
専門糖尿病 内分泌代謝 老年医学
担当外来/担当診療科骨粗鬆症外来/糖尿病・代謝・内分泌内科
資格日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本老年医学会専門医・指導医・代議員

糖尿病・代謝・内分泌内科専門部長、救急診療部専門部長

田村 嘉章

たむら よしあき

出身大学東京大学
卒業年次平成8年
専門糖尿病、代謝、内分泌疾患、老年医学
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科/救急外来
資格日本内科学会認定総合内科専門医・研修指導医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医・指導医
日本老年医学会認定老年病専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本老年医学会代議員
日本動脈硬化学会評議員
日本動脈硬化学会指導医・評議員

糖尿病・代謝・内分泌内科医長

豊島 堅志

とよしま けんじ

出身大学東京医科歯科大学
卒業年次平成16年
専門糖尿病、老年医学
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科
資格日本内科学会認定内科医
日本老年医学会認定老年病専門医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
常勤医
  • 小寺 玲美(こでら れみ)
  • 大庭 和人(おおば かずひと)
  • 舘鼻 彩(たちばな あや)
非常勤医
  • 服部 明徳(はっとり あきのり)
  • 飯塚 あい(いいづか あい)
  • 森 聖二郎(もり せいじろう)
  • 豊島 弘一(とよしま こういち)
研究所所属医師
  • 大村 卓也(おおむら たくや)
シニアレジデント
  • 全 秀剛(ぜん しゅうご)
  • 渡部 創(わたなべ そう)
  • 松尾 佳紀(まつお よしのり)
  • 植倉 弘智(うえくら ひろとも)
  • 高橋 寿枝(たかはし ひさえ)