糖尿病・代謝・内分泌内科

午前 透析予防外来
糖尿病看護外来




森聖二郎
小寺
大庭
糖尿病看護外来




荒木
田村
豊島堅志
糖尿病看護外来





千葉
田村
勝俣
糖尿病看護外来






荒木
豊島堅志
渡部
CGM外来
糖尿病看護外来






午後 荒木
大庭
糖尿病看護外来





メタボ栄養外来
千葉
糖尿病看護外来





荒木
田村
糖尿病看護外来





千葉
小寺
北山
糖尿病看護外来






田村
豊島弘一
糖尿病看護外来





特徴

当科は、糖尿病、内分泌の教育認定施設で学会の専門医・指導医が複数在籍し、診療を行っています。また、神経内科・脳卒中科や循環器内科などの他科と連携して、合併症の評価や治療を行っています。当科では、「糖尿病を通して患者さんの全身を診ること」をモットーとしています。

以下のような診療の特徴があります。

  • 個別性を重視した治療:認知機能、身体機能、社会環境、低血糖のおこりやすさ、腎臓の働きなど、患者さんの様々な条件を評価して、治療の方法を考え、QOL重視の医療を行っています。
  • 柔軟性のある治療:2型の糖尿病患者さんでインスリン治療が困難な場合、独自の方法でインスリンの離脱や注射回数の減少などを試みています。
  • 最新の治療:持続血糖モニター(CGM)の機械を使って1日の血糖の動きを7日間見る検査や1型糖尿病患者のインスリンポンプによる治療も可能です。
  • チーム医療:糖尿病認定看護師や糖尿病療養指導士の資格をもつ看護師、栄養士、薬剤師がおり、医師とチームで食事、運動、服薬、インスリン注射、血糖測定、フットケアなどの指導をしています。
  • 糖尿病の教育:入院糖尿病教室を毎週1回行っています。また患者会(育寿会)の活動も盛んであり、会員と連携しながら外来糖尿病教室(年3回)や運動教室(月1回)を行っています。
  • 内分泌疾患も甲状腺をはじめ下垂体や副腎疾患など豊富に扱っております。

外来医師配置表

疾患診療方針概要

糖尿病

  • 糖尿病は血糖が高くなる病気で、放置すると、全身の臓器に合併症という余病をおこしてきます。

    ・合併症は糖尿病に特徴的な目の合併症(網膜症)、腎臓の合併症(腎症)、足の合併症(神経障害)、動脈硬化の合併症である心疾患、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症があります。最近では、認知症や歯周病も糖尿病の合併症であるとされています。

  • 検査は合併症の検査や血糖に関係した検査があります。

    ・合併症の検査:糖尿病に特徴的な目、腎臓、足の合併症や動脈硬化の合併症(脳、心臓、下肢)を詳しく調べます。腹部CTによる腹部の内臓脂肪の測定やDXA法による骨密度や四肢の筋肉の量を測定することもできます。また、そのための日数が決まった入院もあります。入院の場合は尿を貯めて、体の中のインスリンの量を測定したり、微量のアルブミンという蛋白を測定したりします。
    ・簡易血糖測定器による血糖測定:入院中は1日4回測定して、インスリンや内服薬の量の調整を行います。外来でも、血糖自己測定(SMBG)といって、低血糖を防ぐためや自己管理をするために使用する人が増えています。インスリン治療の場合は、外来で簡易血糖測定器を貸出いたします。
    ・持続血糖モニターの検査:おなかの皮膚の下に細くて痛くない針を入れて、3~7日間持続して血糖を測定する持続血糖モニター(CGM)の器械があり、夜間の低血糖や食後の高血糖がないかどうか調べることができます。

  • 治療法は大きく分けて食事療法、運動療法、薬物療法の3つがあります。
    運動療法

    ・高齢者では運動療法がとくに大事です。歩行などの有酸素運動を食後に30分、1日1~2回週5日以上が勧められます。腰や膝が痛くて歩行ができない場合は、運動の指導者のもとで、筋力トレーニング(レジスタンストレーニング)から始めるのが良いでしょう。運動の前後にストレッチを行うことは、運動後の痛みを防ぐためにも大切です。

    食事療法

    ・1)バランスのとれた食事をとること、2)個別に決められたエネルギーをとること、3)夜食などの誤った食習慣をしないことが大切です。食物繊維が多い野菜、キノコ、海草をとることをお勧めします。糖分の入った清涼飲料水(ジュース、缶コーヒー)を取ると著明な高血糖になりますので注意しましょう。詳細は栄養士と相談して下さい。

    薬物療法

    ・内服薬、インスリン注射、GLP-1受容体作動薬の注射があります。内服薬はDPP-4阻害薬、ビグアナイド薬、SU薬、グリニド薬、α-GI薬、SGLT2阻害薬の6種類の違った作用を示す薬があります。体にあるインスリンの量や効き具合(抵抗性)、腎臓の機能、肝臓の状態、心臓などの合併症によって最もふさわしい薬を選びます。高齢者では低血糖症状がわかりにくく、重症になると意識障害をおこすことがあります。したがって、低血糖を防ぐために、内服薬を組み合わせて、SU薬をできるだけ減らすような治療をします。また、低血糖を防ぐための日常生活の注意点や低血糖の対処法について、看護師や薬剤師が指導いたします。
    インスリン治療は1型糖尿病患者では生存に必要な治療です。多くの高齢者は2型糖尿病ですが、内服薬治療でHbA1cが8.0%以上になった場合には、強化インスリン療法という1日4回のインスリン療法を行うと、約8割は内服薬治療に戻せるだけでなく、糖尿病がリセットされて、血糖コントロールが良くなります。
    GLP-1受容体作動薬はインスリンと違って単独では低血糖をおこさず、血糖を良くすることのできる注射です。体重を減らすことができる利点もあります。

  • 合併症予防

    ・糖尿病の合併症、とくに動脈硬化の合併症は血糖だけでなく、高血圧、脂質異常症、喫煙などが関係しています。したがって、血圧やLDL-コレステロールを良くすることや禁煙も大事です。また、抗血小板薬(血をさらさらにする薬)を服用することもあります。

  • 患者会活動

    ・創立35年になる糖尿病の患者会である育寿会ともに、外来での糖尿病教室、総会、バス旅行、運動教室を行って、スタッフと患者の交流を深めています。

  • 内分泌疾患の治療

    ・血液検査、甲状腺エコー、甲状腺生検などの検査で甲状腺の病気を診断し、治療します。 他、副腎、下垂体などの内分泌疾患の診療も行います。

主な対象疾患(治療実績)

  • 糖尿病:2型糖尿病、1型糖尿病、その他の糖尿病
  • 境界型耐糖能異常
  • メタボリックシンドローム、肥満
  • 低血糖:インスリノーマ、腫瘍性低血糖、薬剤性低血糖、内分泌疾患による低血糖、ダンピング症候群など
  • 脂質異常症:高コレステロール血症、高中性脂肪血症
  • 甲状腺疾患:甲状腺機能低下症、橋本病、甲状腺機能亢進症、バセドウ病、甲状腺腫瘍
  • 副腎疾患:アジソン病、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎腫瘍
  • 下垂体疾患:汎下垂体機能低下症、尿崩症、下垂体腫瘍
  • 骨粗鬆症

業績

(2022年)

  1. Toyoshima K, Seino S, Tamura Y, Ishikawa J, Chiba Y, Ishizaki T, Fujiwara Y, Shinkai S, Kitamura A, Araki A. Difference between "Physical Fitness Age" Based on Physical Function and Chronological Age Is Associated with Obesity, Hyperglycemia, Depressive Symptoms, and Low Serum Albumin. J Nutr Health Aging. 25 April, 2022. https://doi.org/10.1007/s12603-022-1786-8.
  2. Oba K, Tamura Y, Ishikawa J, Suzuki H, Fujiwara Y, Tachibana A, Kodera R, Toyoshima K, Chiba Y, Araki A. Dynapenic abdominal obesity is associated with mild cognitive impairment in patients with cardiometabolic disease: a cross-sectional study. BMC Geriatr. 22(1):255,2022.
  3. Furuto-Kato S, Araki A, Chiba Y, Nakamura M, Shintani M, Kuwahara T, Yamakage H, Satoh-Asahara N, Tagami T. Relationship between the Thyroid Function and Cognitive Impairment in the Elderly in Japan. Intern Med. 2022 Mar 19. Epub ahead of print.
  4. Omura T, Araki A. Skeletal muscle as a treatment target for older adults with diabetes mellitus: The importance of a multimodal intervention based on functional category. Geriatr Gerontol Int 22(2):110-120, 2022.
  5. 渡部 創, 千葉 優子, 大庭 和人,松川 美穂, 平野 浩彦, 德丸 阿耶, 小寺 玲美, 豊島 堅志, 田村 嘉章, 荒木 . 高浸透圧高血糖状態を契機に浸透圧性脱髄症候群による嚥下障害を発症した高齢2型糖尿病の1例. 日本老年医学会雑誌59(2):225-232, 2022.

(2021年)

  1. Tamura Y, Shimoji K, Ishikawa J, Matsuo Y, Watanabe S, Takahashi H, Zen S, Tachibana A, Omura T, Kodera R, Oba K, Toyoshima K, Chiba Y, Tokumaru AM, Araki A. Subclinical atherosclerosis, vascular risk factors, and white matter alterations in diffusion tensor imaging findings of older adults with cardiometabolic diseases. Front Aging Neurosci13:712385, 2021.
  2. Takeuchi M, Horikawa C, Hatta M 4, Takeda Y, R, Nedachi R, Ikeda I, Morikawa S, Kato N, Yokoyama H, Aida R, Tanaka S, Kamada C, Yoshimura Y, Saito T, Fujihara K, Araki A, Sone H. Secular Trends in Dietary Intake over a 20-Year Period in People with Type 2 Diabetes in Japan: A Comparative Study of Two Nationwide Registries; Japan Diabetes Complications Study (JDCS) and Japan Diabetes Clinical Data Management Study (JDDM). Nutrients 13:3428, 2021.
  3. Ishikawa J, Seino S, Kitamura A, Toba A, Toyoshima K, Tamura Y, Watanabe Y, Fujiwara Y, Inagaki H, Awata S, Shinkai S, Araki A, Harada K. The relationship between blood pressure and cognitive function. Int J Cardiol Cardiovasc Risk Prev 10: 200104, 2021.
  4. Chiba Y, Kodera R, Tachibana A, Oba K, Toyoshima K, Tamura Y, Araki A. Role of ultrasonography-guided fine needle aspiration cytology in diagnosing thyroid cancer in elderly patients. Ann Gerontol Geriatric Res 7(1):1054, 2021.
  5. Tanaka S, Langer J, Morton T, Hoskins N, Wilkinson L, Tanaka-Mizuno S, Kawasaki R, Moriya T, Horikawa C, Aida R, Araki A, Fujihara K, Sone H. Developing a health economic model for Asians with type 2 diabetes based on the Japan Diabetes Complications Study and the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial. BMJ Open Diabetes Res Care 9(1):e002177, 2021.
  6. Sugimoto T, Araki A, Fujita H, Honda K, Inagaki N, Ishida T, Kato J, Kishi M, Kobayashi K, Kouyama K, Noma H, Ohishi M, Satoh-Asahara N, Shimada H, Sugimoto K, Suzuki S, Takeya Y, Tamura Y, Tokuda H, Umegaki H, Watada H, Yamada Y, Sakurai T. The Multi-Domain Intervention Trial in Older Adults With Diabetes Mellitus for Prevention of Dementia in Japan: Study Protocol for a Multi-Center, Randomized, 18-Month Controlled Trial. Front Aging Neurosci 13:680341, 2021.
  7. Tamura Y, Shimoji K, Tachibana A, Kodera R, Oba K, Toyoshima K, Chiba Y, Ishikawa J, Tokumaru AM, Araki A. Associations between sarcopenia and white matter alterations in older adults with diabetes mellitus: A diffusion tensor imaging study. J Diabetes Investig 12(4):633-640,2021.
  8. Omura T, Tamura Y, Sakurai T, Umegaki H, Iimuro S, Ohashi Y, Ito H, Araki A; the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Research Group. Functional categories based on cognition and activities of daily living predicts all-cause mortality in older adults with diabetes mellitus: The Japanese Elderly Diabetes Intervention. Geriatr Gerontol Int 21(6):512-518, 2021.
  9. Omura T, Ito H, Araki A. Which is a better predictor for adverse events in older adults with diabetes, frailty or higher-level functional incapacity? Geriatr Gerontol Int 21(6):541-542, 2021.
  10. Araki A, Umegaki H, Sakurai T, Mizuno Y, Miyao M, Imori M, Suzuki S, Cambron-Mellott MJ, Yokote K, Onuma T, Yokono K. Determinants and impact of physical impairment in patient-reported outcomes among older patients with type 2 diabetes mellitus in Japan. Curr Med Res Opin. 2021;37(3):393-402.
  11. Hayakawa M, Motokawa K, Mikami Y, Yamamoto K, Shirobe M, Edahiro A, Iwasaki M, Ohara Y, Watanabe Y, Kawai H, Kojima M, Obuchi S, Fujiara Y, Kim H, Ihara K, Inagaki H, Shinkai S, Awata S, Araki A, Hirano H. Low Dietary Variety and Diabetes Mellitus are Associated With Frailty Among Community Dwelling Older Japanese Adults: A Cross-Sectional Study. Nutrients.13(2):641,2021.
  12. Horikawa C, Aida R, Tanaka S, Kamada C, Tanaka S, Yoshimura Y, Kodera R, Fujihara K, Kawasaki R, Moriya T, Yamashita H, Ito H, Sone H, Araki A. Sodium Intake and Incidence of Diabetes Complications in Elderly Patients with Type 2 Diabetes -- Analysis of data from the Japanese Elderly Diabetes Intervention Study (J-EDIT). Nutrients.13(2):689, 2021.
  13. 松尾 佳紀、田村 嘉章、植倉 弘智、渡部 創、高橋 寿枝、全 秀剛、舘鼻 彩、小寺 玲美、大庭 和人、豊島 堅志、千葉 優子、荒木 厚:2型糖尿病の経過中、GAD抗体陽性が判明した高齢糖尿病――疾患感受性と抵抗性の両HLA を持つ1 例.糖尿病 64: 327-332, 2021.
  14. 橋本 征治、田村 嘉章、小寺 玲美、舘鼻 彩、豊島 弘一、大庭 和人、豊島 堅志、仁科 裕史、千葉 優子、荒木 厚. ウレアーゼ産生菌の尿路感染症に伴う高アンモニア血症によって意識障害をきたしたレビー小体型認知症(DLB)の一例. 日本老年医学会雑誌58(2):297-302, 2021.
  15. 荒木 厚:高齢者糖尿病の食事療法のポイント.糖尿病合併症35(2):235-239, 2021.
  16. 荒木 厚:認知機能障害を考慮した高齢者糖尿病の療養指導. 日本糖尿病教育・看護学会誌25:73-78, 2021.
  17. 荒木 厚:認知症を考慮した高齢者糖尿病の治療. 日内会誌110(4): 761-768, 2021.

(2020年)

  1. Tamura Y, Omura T, Toyoshima K, Araki A. Nutrition Management in Older Adults with Diabetes: A Review on the Importance of Shifting Prevention Strategies from Metabolic Syndrome to Frailty. Nutrients. 12(11):e3367, 2020.
  2. Yamaoka T, Araki A, Tamura Y, Tanaka S, Fujihara K, Horikawa C, Aida R, Kamada C, Yoshimura Y, Moriya T, Ohashi Y, Akanuma Y, Ito H, Sone H. Association between low protein intake and mortality in patients with type 2 diabetes. Nutrients 12(6):e1629, 2020.
  3. Toyoshima K, Araki A, Tamura Y, Ishikawa J, Kodera R, Oba K, Chiba Y, Awata S. Use of Dementia Assessment Sheet for Community-based Integrated Care System 8-items (DASC-8) for the screening of frailty and components of comprehensive geriatric assessment. Geriatr Gerontol Int. 20:1157-1163, 2020.
  4. Omura T, Tamura Y, Yamaoka T, Yoshimura Y, Sakurai T, Umegaki H, Kamada C, Iimuro S, Ohashi Y, Ito H, Araki A; Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial Research Group. Assessing the association between optimal energy intake and all-cause mortality in older patients with diabetes mellitus using the Japanese Elderly Diabetes Intervention Trial. Geriatr Gerontol Int. 20:59-65, 2020.
  5. Oba K, Ishikawa J, Tamura Y, Fujita Y, Ito M,Iizuka A, Fujiwara Y, Kodera R, Toba A,Toyoshima K, Chiba Y, Mori S, Tanaka M, Ito H, Harada K, Araki A. Serum GDF15 level is associated with muscle strength and lower extremity function in older patients with cardiometabolic disease. Geriatr Gerontol Int. 20:980-987, 2020.
  6. Nomura K, Eto M, Ogawa S, Kojima T, Iijima K, Nakamura T, Araki A, Ouchi Y, Akishita M. Association between low muscle mass and metabolic syndrome in elderly Japanese women. PLoS One 15(12):e0243242, 2020.
  7. Sugimoto K, Rakugi H, Kojima T, Ishii S, Akishita M, Tamura Y, Araki A, Kozaki K, Senda K, Fukuoka H, Satake S, Arai H. Chapter 4 Frailty and specific diseases. Geriatr Gerontol Int 20 Suppl 1:25-37, 2020.
  8. Oba K, Chiba Y, Matsuda Y, Kumakawa T, Aoyama R, Akahoshi M, Hashimoto S, Tachibana A, Toyoshima K, Kodera R, Toyoshima K, Tamura Y, Nagata T, Yamazaki Y, Sasano H, Araki A. Primary Aldosteronism Associated with Multiple Adrenocortical Micronodules in a Patient with Renal Cell Carcinoma. Case Reports in Endocrinology 2020 Feb 24;2020:2808101.
  9. Omura T, Motoyama R, Tamura Y, Koganemaru H, Sakuma R, Okawa T, Nonaka K, Tanei Z, Shigemoto K, Tokumaru A, Murayama S, Arai T, Araki A. Meningoencephalitis due to masked mastoiditis diagnosed during follow-up in an old adult with diabetes mellitus: an autopsy case report. Geriatr Gerontol Int 20:500-501, 2020.
  10. Omura T, Araki A, Shigemoto K, Toba K. Geriatric practice during and after the COVID-19 pandemic. Geriatr Gerontol Int. 20:735-737, 2020.
  11. Horikawa C, Aida R, Kamada C, Fujihara K, Tanaka S, Tanaka S, Araki A, Yoshimura Y, Moriya T, Akanuma Y, Sone H, Japan Diabetes Complications Study Group. Vitamin B6 intake and incidence of diabetic retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes: analysis of data from the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Eur J Nutr 59:1585-1594, 2020.
  12. 荒木 厚: 肥満症と認知機能障害・認知症に関する疫学・臨床研究. 肥満研究26(2):220-225, 2020.
  13. 荒木 厚: 高齢者の肥満症対策―日本老年医学会の取り組み. 肥満研究26(2):290-291, 2020.
  14. 荒木 厚: 高齢者糖尿病治療のポイント. 日本薬剤師会雑誌 72: 235-241, 2020.
  15. 荒木 厚:高齢者糖尿病における肥満症の影響. 糖尿病63:437-440, 2020.
  16. 荒木 厚: 血糖降下薬と認知症.糖尿病合併症34(1): 69-72, 2020.
  17. 田村 嘉章, 豊島 堅志, 荒木 厚, 粟田主一:糖尿病における認知機能障害の評価法とその対策. 糖尿病合併症34(1): 79-83, 2020.
  18. 荒木 厚:糖尿病とフレイル・認知症.東京内科医会雑誌36(1): 34-38, 2020.
  19. 田村 嘉章,下地 啓五,荒木 厚: 糖尿病における白質統合性異常と認知機能障害・フレイル. Dementia Japan 34:239-245, 2020.

(2019年)

  1. Horikawa C, Kamada C, Tanaka S, Tanaka S, Araki A, Ito H, Matsunaga S, Fujihara K, Yoshimura Y, Ohashi Y, Akanuma Y, Sone H; Japan Diabetes Complications Study Group. Meat intake and incidence of cardiovascular disease in Japanese patients with type 2 diabetes: analysis of the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Eur J Nutr 58:281-290, 2019.
  2. Omura T, Tamura Y, Kodera R, Oba K, Toyoshima K, Chiba Y, Matsuda Y, Uegaki S, Kuroiwa K, Araki A. Pancreatic cancer manifesting as Sister Mary Joseph's nodule during follow-up of a patient with type 2 diabetes mellitus: a case report. Geriatr Gerontol Int 19:363-364, 2019.
  3. Toba A, Ishikawa J, Suzuki A, Tamura Y, Araki A, Harada K. Orthostatic blood pressure rise is associated with frailty in elderly patients.Geriatr Gerontol Int 19:525-529, 2019.
  4. Hatano Y, Araki A, Matsumoto M, Ishibashi S. Low hemoglobin A1c and low body mass index are associated with dementia and activities of daily living disability among Japanese nursing home residents with diabetes. Geriatr Gerontol Int. 19:854-860, 2019.
  5. Omura T, Tamura Y, Kodera R, Oba K, Toyoshima K, Chiba Y, Sugihara T, Itabashi M, Shigemoto K, Araki A. Oldest-old type 1 diabetes patient receiving insulin pump treatment with positive myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody (MPO-ANCA) complication: A case report. Geriatr Gerontol Int. 19:957-958, 2019.
  6. Akimoto Y, Yan K, Miura Y, Tsumoto H, Toda T, Fukutomi T, Sugahara D, Kudo A, Arai T, Chiba Y, Kaname S, Hart GW, Endo T, Kawakami H. O-GlcNAcylation and phosphorylation of β-actin Ser199 in diabetic nephropathy. Am J Physiol Renal Physiol. 317(5):F1359-F1374, 2019.
  7. Miura Y, Hayakawa A, Kikuchi S, Tsumoto H, Umezawa K, Chiba Y, Soejima Y, Sawabe M, Fukui K, Akimoto Y, Endo T. Fumarate accumulation involved in renal diabetic fibrosis in Goto-Kakizaki rats. Arch Biochem Biophys. 678:108167, 2019.
  8. Adachi Y, Toyoshima K, Nishimoto R, Ueno S, Tanaka T, Imaizumi A, Arashida N, Nakamura M, Abe Y, Hakamada T, Kaneko E, Takahashi S, Jinzu H, Shimokado K.  Association between plasma α-aminobutyric acid and depressive symptoms in older community-dwelling adults in Japan. Geriatr Gerontol Int. 19(3):254-258, 2019.
  9. 小寺 玲美,千葉 優子,田村 嘉章,宮澤 理恵子, 種井 良二, 森 聖二郎, 井藤 英喜,荒木 厚:糖尿病治療中に水疱性類天疱瘡を発症した高齢2型糖尿病症例の臨床的特徴について―主にDPP-4阻害薬との関連について. 日本老年医学会雑誌56(1):43-50, 2019.
  10. 武井 卓,板橋 美津世,小沢 理音,山中 法子,小金丸 博,松田 陽子,松原 知康,新井 冨生,荒木 厚. 結核性腹膜炎の治療7ヵ月後に呼吸不全で死亡した透析例. 内科:123(5): 1191-1202, 2019.
  11. 千葉 優子, 荒木 厚: 糖尿病とサルコペニア・フレイル. 日本医師会雑誌 148(8):1489-1492, 2019.
  12. 荒木 厚: 認知機能障害とフレイルからみた糖尿病: 高齢者糖尿病診療ガイドラインを踏まえて. 老年精神医学雑誌30(9):998-1005, 2019.
  13. 荒木 厚、井藤英喜:高齢者糖尿病とフレイル、ADL低下.糖尿病合併症33(1): 43-47, 2019.

スタッフ紹介

副院長

荒木 厚

あらき あつし

出身大学京都大学
卒業年次昭和58年
専門糖尿病、老年医学、病態栄養、とくに高齢者の糖尿病治療
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科/フレイル外来
資格日本老年医学会学会専門医、指導医、理事
日本老年学会理事
日本糖尿病学会専門医、指導医、評議員
日本病態栄養学会専門医、指導医、評議員
日本糖尿病合併症学会評議員
日本内科学会総合内科専門医、指導医

糖尿病・代謝・内分泌内科専門部長

千葉 優子

ちば ゆうこ

出身大学群馬大学
卒業年次平成7年
専門糖尿病 内分泌代謝 老年医学
担当外来/担当診療科骨粗鬆症外来/糖尿病・代謝・内分泌内科
資格日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本老年医学会専門医・指導医・代議員

糖尿病・代謝・内分泌内科専門部長、救急診療部専門部長

田村 嘉章

たむら よしあき

出身大学東京大学
卒業年次平成8年
専門糖尿病、代謝、内分泌疾患、老年医学
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科/救急外来
資格日本内科学会認定総合内科専門医・研修指導医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医・指導医
日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医・指導医
日本老年医学会認定老年病専門医・指導医・代議員
日本動脈硬化学会指導医・評議員
日本医師会認定産業医
東京大学医学部(糖尿病・代謝内科)非常勤講師

糖尿病・代謝・内分泌内科医長

豊島 堅志

とよしま けんじ

出身大学東京医科歯科大学
卒業年次平成16年
専門糖尿病、老年医学
担当外来/担当診療科糖尿病・代謝・内分泌内科
資格日本内科学会認定内科医
日本老年医学会認定老年病専門医
日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
常勤医
  • 小寺 玲美(こでら れみ)
  • 大庭 和人(おおば かずひと)
  • 舘鼻 彩(たちばな あや)
非常勤医
  • 飯塚 あい(いいづか あい)
  • 森 聖二郎(もり せいじろう)
  • 豊島 弘一(とよしま こういち)
研究所属医師
  • 大村 卓也(おおむら たくや)
シニアレジデント
  • 佐藤 元彌 (さとう もとや)
  • 勝俣 悠(かつまた ゆう)
  • 北山 さおり(きたやま さおり)
  • 渡部 創(わたなべ そう)