健康長寿イノベーションセンター       研究開発ユニット 臨床試験部門

健康長寿イノベーションセンター 
研究開発ユニット 臨床試験部門

HAICロゴ.jpg

治験とは

「くすり」の有効性と安全性を人を対象に調べる試験のことを「臨床試験」といいます。その中でも国(厚生労働省)から「新しいくすり」として認めてもらうために行う臨床試験のことを「治験」といいます。

東京都健康長寿医療センターで実施している治験

現在、東京都健康長寿医療センターで実施している治験には次のようなものがあります。(令和元年5月1日 現在) 参加を希望する患者様は目的や方法についての説明を十分に受けていただき、理解・納得されたうえでの同意が必要です。

疾患名診療科受付
アルツハイマー型認知症 神経内科 募集中
前立腺癌 泌尿器科 募集終了
下肢血行再建術施行後の症候性末梢動脈疾患 血管外科 募集終了
院内肺炎 呼吸器内科 募集終了
アルツハイマー型認知症を伴うアジテーション 精神科 募集中
慢性咳嗽 呼吸器内科 募集中
うっ血性心不全 循環器内科 募集中

治験に参加するには、参加基準があります。希望されても参加基準に合わなかったり、予定の人数に達していた場合には、ご参加いただけないことがあります。

「新しいくすり」はどうやってできるのですか?

「新しいくすり」は

  1. 今までの「くすり」では治せなかった病気に対して効果がある
  2. 副作用が少ない

などの目標を持ち開発されています。「新しいくすり」が世の中に出るまでには次の過程をとおります。

新しいくすり

治験を行う施設はどんな施設ですか?

治験を行う施設は

  1. 治験の進行を調整する専門の治験コーディネーターが配置され、その拠点として治験事務局が設置されている
  2. 臨床経験豊富な医師や薬剤師、看護師などのスタッフがそろっている
  3. 緊急時に必要な処置がすぐにできる
  4. 十分な検査ができる設備がある

などを満たしている必要があります。

治験を行うルール

治験では、「くすりの候補」を人に使うことになるため、治験に参加していただく方の人権や安全が最大限に守られなくてはなりません。それと同時に、「くすりの候補」の効き目と安全性を科学的な方法で調べる必要があります。 そのため、治験を行うには厳しいルールが国(厚生労働省)によって定められています。そのルールは「医薬品の臨床試験の実施の基準」(GCP:Good Clinical Practiceと呼ばれています)といいます。 このルールに基づいて、製薬会社も病院も治験を行っています。

治験を行うルール

治験コーディネーター

東京都健康長寿医療センターでは、患者様の安全性を守りながら適切に治験が行えるように、いろいろな医療スタッフが活動しています。その中心となり、治験がスムーズに進むように調整していくのが治験コーディネーターです。

治験コーディネーター

治験コーディネーターは治験に参加している患者様に対して次のような仕事をしています。

  • 診察や検査に付き添います。
  • 医師の説明の補助をします。
  • 検査や診察のスケジュールを調整します。
  • お薬の管理をします。
  • 患者様の疑問・悩みなどの相談に応じます。

治験コーディネーターは、治験事務局に常駐しています。ご質問等がございましたらお気軽に治験事務局へお越しください。治験情報コーナーは定期的に新しい情報をお伝え致します。

当院の臨床試験審査委員会

委員会

東京都健康長寿医療センター研究倫理審査委員会委員名簿(2019年4月1日現在).pdf
東京都健康長寿医療センター治験審査委員会委員名簿(2019年4月1日現在).pdf

 過去委員会名簿はこちら

委員会議事録

平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
平成23年度

様式書類

手順書

東京都健康長寿医療センター治験審査委員会標準業務手順書
東京都健康長寿医療センター治験に係る業務に関する手順書

様式

共通の書式
臨床研究の書式
治験用書式
調査用書式

※zip形式のデータは解凍してご使用ください。

手続きについて