当センターでの医師事務作業補助者の紹介

当センターでの医師事務補助者業務の現況

当センターでは2012年より、医療サービス推進課に医師事務補助者の配置を開始しました。初年度は3人から業務を開始し、医師、コメディカル、課内の協力を経て業務を遂行し、現在は20人を超えるまで増員しております。各種書類作成や外来での紹介状・問診票記事入力、NCD、がん登録、データ入力など多岐に渡る業務を行っています。

今後業務はさらに拡大が予想され、専門性の高い医師事務補助者が必要とされています。一人一人が自覚を持ち、自己研鑽できる環境作りを目指しています。

発表2.jpg職員提案表彰.jpg


※医師事務作業補助の見学を希望される方はこちら

目標

  • 質の高い医療を患者様へ提供できるよう医師をはじめ医療スタッフを支える。
  • 専門知識、技術向上と共に医師事務補助者が連携し業務を遂行する。
  • 柔軟な対応力と判断力、周囲に気配りが出来る人材の育成を目指す。

業務体制

基本業務として全診療科の診断書作成、その他外来補助業務を徐々に拡大し、紹介状・問診票などから、初診記事の代行入力を行っています。診断書作成については、各自業務を調整し複数科の診断書作成ができるようステップアップしていきます。

その他、がん登録・NCDなどのデータベースについては、診療情報管理士の医師事務作業補助者が行い医師の負担軽減を行っております。

外来3.jpg外来5.jpg

教育体制

共通導入基礎研修(32時間研修、OJT) ※外部32時間研修受講制度あり

  • オリエンテーション
    病院概要、医師事務作業補助業務内容、各部門業務内容、院内見学
  • 総合案内接遇研修
  • 電子カルテ操作研修
  • 連携部門研修(文書窓口)
  • 連携部門研修(カルテ室)
  • 医療安全研修(DVD)
  • 診療録の記載について注意事項(DVD)
  • 個人情報保護研修(DVD)
  • 解剖生理、医学用語
  • 医療文書作成
  • 外来初診問診票・紹介状記事入力

認定資格取得者

  • 診療情報管理士
  • 院内がん登録(初級、中級)
  • 医師事務作業補助者技能認定
  • 医師事務作業補助者技能認定(ドクターズクラーク)
  • 日本循環器学会 JCS-ITC BLSヘルスケアプロバイダーコース

2021年度 医師事務作業補助者・新入職員紹介

2021年4月より、医師事務作業補助者として、診療情報管理士5名の新入職員が仲間入りしました!
現在、病棟・外来で、診断書作成や検査の説明、カルテの代行入力など熱心に研修中です。また、新規業務にも積極的に参加し、明るく丁寧な対応に、患者さんは安心され感謝の言葉をかけてもらっています。医師事務の先輩や他職種の方々とも、上手にコミュニケーションをとりつつ仕事を進めてくれていて、今後の幅広い活躍が期待できます。

研修風景

VAMY8402.JPGIMG_2058.JPG

新入職員から一言

  • 診療科や疾患によって投薬内容や検査項目、略語など様々なものが違ってくるので、医学知識のみではなく薬剤や医療用語についても理解する必要があると感じました。(C・T)
  • 業務を行う中で初めてのことが多く不安がたくさんありましたが、上司や先輩からの丁寧な説明や研修がありとても安心しました。疑問点などもとても聞きやすい雰囲気で、業務や知識がより身につきました。とても働きやすい職場だと思います。(M・M)
  • 検査説明などの患者対応や、画像所見・病理診断後のカルテ記載の確認などさまざまなことを教えていただきました。(K・H)
  • 学生時代は、自分が勉強していることを、就職してから活かすことができるのか不安に感じることもありましたが、就職してから実際に業務を行うと疾患の知識や薬品名など、役立つことが多くあると気付きました。特に医学知識が身に付いていると、カルテをスムーズに読めるようになるので効率よく業務を行えると思います。(S・H)
  • 今は大変な時期なので、就活に対しての不安もたくさんあると思います。私も昨年の就活の際には不安でいっぱいでしたが、様々な方にフォローしていただき乗り切ることができました。一人で抱え込まず、相談し支え合って一緒に乗り越えていきましょう。自分のペースで落ち着いて取り組み、素敵な将来を築いていってください。応援しています!(I・M)