連携医制度のご案内

連携医とは

当センターでは、地域の医療機関の先生方と相互に連携し、適切な役割分担のもと、患者さんに一貫性のある良質な医療を提供することを目的としております。なかでも当センターとより緊密な連携を結んでいるのが連携医です。

連携医の先生方は、地域での豊富な診療経験を持つ医師です。かかりつけ医として日頃から患者さんの健康状態を詳しく把握し、定期的な検査や病気の初期治療、慢性疾患の治療を行います。病気になったときや健康管理上の相談やアドバイス等も行っています。

当センターは、急性疾患または重症な患者さんの治療を主とする急性期病院として、連携医からの紹介のもと、より詳しい検査や入院、手術等の専門的な診断・治療を行ってまいります。

このように、地域の各医療機関がそれぞれ役割分担し、相互に連携して患者さんの診療にあたることで、より多くの患者さんに質の高い医療を効率的に提供することが可能となります。

かかりつけ医をお探しの方は「連携医検索」より、お近くの医療機関をお調べいただくか、「かかりつけ医紹介窓口」でもご紹介を行っております。(東京都区西北部(板橋区・豊島区・北区・練馬区)にお住まいの患者さんは「連携医療機関のご案内」からでもお調べいただくことができます)

図 1.jpg

患者さんに一貫性のある良質な医療を提供することを目的として、当センターと連携医がより緊密な医療連携を結ぶため、「連携医協定書」に基づく独自の連携医制度を導入しております。

連携医にご登録いただいた先生方は、以下の特典をお受けいただくことができます。

連携医の特典

図2 連携医の特典

登録方法

連携医申請書」をダウンロードしていただき、必要事項をご記入のうえ、当センター医療連携室宛にFAXまたはご郵送にてお送りください。

諸決裁・手続きが完了次第、当センターより「連携協定書」の締結のご依頼をさせていただきます。連携協定書の締結が完了したのち、連携医(連携医療機関)としてご登録をさせていただきます。

図3 連携医登録の流れ

登録期間

協定書締結の日から2年間
※ ただし、当センターと連携医の双方が協定終了の意思表示がない場合には、有効期間を1年間延長します。以降同様です。(自動更新)

連携医療機関のご案内(平成29年度版) ※区西北部