地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 看護部専用サイト地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター 看護部専用サイト

部署紹介

ホーム >  部署紹介

部署紹介

12階 緩和ケア病棟

12階 緩和ケア病棟

私たちは患者さんやご家族の思いや生活を大切にし、その方らしく過ごすことができるよう、痛みや辛さを緩和することを優先する治療とケアを提供しています。12階という最上階にあり、四季折々の草木のある屋上庭園はまさに光、緑、水にあふれた癒しの環境の中にあります。医師、看護師、心理士、MSW、薬剤師、栄養士、リハビリ技師による多職種が一丸となって一人一人の患者さんとご家族の希望に添ったケアのお手伝いをしております。

11階 東病棟 精神科

11階 東 精神科

精神科病棟は認知症やうつ病、妄想性障害等を有する患者さんに急性期の医療とケアを提供しています。人としての尊厳を守ることを重視し、転倒予防体操など体を動かすケア、歩く支援にも力を入れ、行動制限は最小化を目指しています。また、精神保健福祉士や臨床心理士など多職種とのチーム医療を通して、個別性のある退院支援を行っています。明るくユーモアのある雰囲気で、それぞれの得意を活かして支え合う明るい職場です。

11階 西病棟 血液内科、化学療法科

11階 西 血液内科、化学療法科

血液内科、化学療法科の病棟です。平成28年より臍帯血移植、末梢血幹細胞移植に加え、骨髄移植も行うようになりました。入院される患者さんは20歳代から80歳代、ときには90歳代と幅広くいらっしゃいます。医師・看護師・薬剤師・栄養士・ソーシャルワーカー、看護助手そして清掃担当者のみんなで力を合わせ、環境を整え日々患者さんと共に頑張っています。

10階 東病棟 神経内科・脳卒中科、脳神経外科、皮膚科

10階 東 神経内科、脳神経外科、皮膚科

神経内科・脳卒中科、脳神経外科、皮膚科の病棟です。主に血管内治療を含め手術をする患者さんや、脳卒中の急性期の患者さんの看護を行っています。日常生活の援助、リハビリ、入院時から退院に向けての支援を他職種のスタッフと連携して、チーム医療に取り組んでいます。

10階 西病棟 神経内科・脳卒中科

10階 西 神経内科・脳卒中科

スタッフ間のコミュニケーションの良い、笑顔溢れる明るい神経内科・脳卒中科の病棟です。入院患者さんの主な疾患は、脳梗塞・パーキンソン病・神経難病疾患であり、日常生活動作援助を必要とする方が多くみられますが、退院後も安心して生活できるように患者さん・ご家族の意向を確認し、医療スタッフが連携して退院支援に取り組んでいます。

9階 東病棟 呼吸器内科、総合診療科・感染症内科

9階 東 呼吸器内科、総合診療科・感染症内科

呼吸器内科を中心とした内科系病棟です。「最期までその人らしく」をモットーに、患者さんとの交換ノートを活用し、高齢期の呼吸器患者さんのQOLを支え、地域や緩和ケア病棟に繋いでいくことに取り組んでいます。また、医師や薬剤師、栄養士などとチームワークも抜群で、みんなでその患者さん・ご家族にとってより良い医療を提供することを目指して看護を行っています。

9階 西病棟 歯科口腔外科、糖尿病・代謝・内分泌科、腎臓内科、総合診療科

9階 西 歯科口腔外科、糖尿病、代謝・内分泌科、腎臓内科、総合診療科

歯科口腔外科、糖尿病・代謝・内分泌内科、腎臓内科、総合診療科の4科混合病棟です。高齢者の糖尿病管理や、腎疾患における自己管理指導、口腔器疾患の治療など、自己管理に向けて家族を含めたケアを実践しています。高齢者看護は難しい課題も多くありますが、医師や薬剤師、栄養士、MSWとチームワーク良く、患者のQOL向上のために努力しています。

8階 東病棟 消化器内科、膠原病・リウマチ科

8階 東 消化器内科、膠原病・リウマチ科

消化器内科と膠原病・リウマチ科の混合内科です。患者さんが安心して治療を受けられるように、医師・看護師だけでなく薬剤科、栄養科、リハビリ科、医療相談、在宅看護その他と連携して取り組んでいます。忙しさの中でも、看護師たちはみんな明るく、協力しながら元気に働いています。

8階 西病棟 消化器内科

8階 西 消化器内科

消化器は、人間の基本的欲求「食」が関わる、重要な部分だと考えています。そんな消化器内科の8西病棟では、看護スタッフは勿論のこと、医師やコメディカルスタッフと連携し、患者さんのニーズを満たせるよう、日々頑張っております。
また他院では行っていない、侵襲の少ない内視鏡治療なども行っており、看護師としても勉強になります。

7階 東病棟 外科・血管外科、眼科

7階 東 外科・血管外科、眼科

外科・血管外科、眼科の病棟です。高齢者看護を基本に術後のせん妄予防や症状緩和、早期離床に取り組み、患者さんの生活を意識した退院支援に多職種と協働して取り組んでいます。日々、患者さんの持てる力に感動し、それらを引き出せるような看護について話し合っています。患者さんが健康を回復されて笑顔で退院される瞬間がとても嬉しく、私たちのパワーになっています。

7階 西病棟 外科・血管外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科

7階 西 外科・血管外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科

外科・血管外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科の混合外科病棟です。
手術療法を主に高齢者に対して積極的な治療を行っている急性期から終末期までの医療・看護を提供しています。また、術後のせん妄ケアに重点をおき、その人らしく生活できるように医師・他職種と協働して退院に向けて取り組んでいます。

6階 東病棟 整形外科・脊椎外科、リハビリテーション科

6階 東 整形外科・脊椎外科、リハビリテーション科

整形外科・脊椎外科、リハビリテーション科の病棟です。整形・脊椎疾患の手術の看護を主に行います。股関節、膝、腰椎、頸椎、急性期リハビリテーションの疾患の患者さんが入院します。術後の看護からADLアップに向けてのリハビリなど、患者さんの変化を日々感じながら看護の実践を行っています。また看護職員間のコミュニケーションを大切にしており、スタッフ全体で質の高い看護を目指し日々働いています。

6階 西病棟 整形外科・脊椎外科、リハビリテーション科、在宅医療連携病床、内科系診療科

6階 西 整形外科・脊椎外科、リハビリテーション科、リハビリテーション科、在宅医療連携病床、内科系診療科

平成28年7月より退院支援病棟として、10月からは正式に地域包括ケア病棟として運用を開始しました。当センターが急性期病院として円滑に運営していくために、自宅退院を控えた患者さんに、安心して、自信を持って在宅へ帰っていただくために退院支援を充実させています。他部門との連携調整はもちろん、看護師も在宅での生活に向けて、少しでもADLを向上させていただくため、病棟リハビリの推進に力を入れて取り組んでいます。

5階 東病棟 循環器内科、心臓外科・呼吸器外科

5階 東 循環器内科、心臓外科・呼吸器外科

循環器内科、心臓外科・呼吸器外科の病棟です。高齢患者さんのADLの維持・向上に向けての支援、植え込み型人工心臓を装着した患者さんへの看護など、幅広い知識と技術を駆使して看護ケアを提供しています。 患者さんの気持ちに寄り添い、笑顔で退院できることを目標にしています。

5階 西病棟 循環器内科

5階 西 循環器内科

循環器内科の病棟です。緊急入院が多く慌ただしいですが、医師・看護師のコミュニケーションが良好で笑顔のある明るい病棟です。時間内に業務が終わるようにスタッフ間で協力し合える働きやすい環境です。
心不全患者さんの退院指導・高齢者患者さんのADLの維持向上・認知症患者さんの看護に力を入れてチームで取り組んでいます。

4階 中央手術室

4階 中央手術室

中央手術室は、ハイブリッド手術室を含む10ルームと大きな所です。心臓外科を始め16科の手術に対応しています。看護師は20代~50代のスタッフが揃っており、新人指導者を中心に全スタッフで指導に取り組み、1年間かけて手術室看護を学んでいきます。麻酔科医師や手術室担当ME、放射線技師、委託職員、SPDなど他職種とチームを組み人工心臓植え込み術など、高齢者の高度な手術に対応しています。

4階 特定集中治療室

4階 特定集中治療室

内科系・外科系を問わず呼吸・循環・代謝その他の重症な急性機能不全の患者さんを収容し、強力かつ集中的に治療を行い患者さんの救命を図っています。血管病医療として、経カテーテル的大動脈弁置換術及び植込み型補助人工心臓治療なども新たに開始となり他職種と協動しながら医療の提供を行っており、集中治療室の設備や環境も整っています。働く看護職員も専門性の高い資格取得を目指しやりがいを持って看護しています。

透析センター

1階・2階 外来

週3回、1回3~4時間ベッドに拘束され、食事制限も強いられる透析患者様の抱えているストレスを少しでも軽減できるような環境作りを医師、臨床工学技師と連携をとりながら目指しています。また、患者様の日常生活の質をあげ、元気に透析に通院できるようにフットケアを取り入れ、一人一人の患者様の声に寄り添った看護に取り組んでいます。

外来フロア

1階・2階 外来

外来フロアを総勢48名で担当しています。外来は、10の窓口・31診療科で診療を行っています。術前検査センター、外来がん化学療法、検査部門(内視鏡検査・レントゲン診断)など活躍の場は様々です。経験値も様々ですがスタッフそれぞれの得意分野を生かしながら、患者さんに安心して外来を受けてもらえるように努めています。

1階 救急外来

1階 救急外来

救急外来の看護師は、ベテランの看護師を中心に救急看護のプロフェッショナルとして、患者さんの生命を守るために365日24時間体制で救急患者さんのケアを行なっています。
また急な病気だけではなく、患者さんの目線にたって「いのちと生活を支援する」ために日々高齢者看護の専門的知識・技術の能力向上に励んでいます。

1階 在宅看護相談・病床管理

1階 救急外来

患者さん・ご家族が安心して、住み慣れた場所に帰る事が出来る様にお手伝いする部署です。毎日患者さん・ご家族とお話しながら、主治医・病棟看護師・MSWと色んな人達と一緒に考えながら、より良い状況・環境になるように支援しています。入院・退院となり、不安が強い状態の中、少しでも患者さん・ご家族からの安堵の笑顔がみられるように、私たち看護師も負けないように笑顔で接するを目標に頑張っております。