相談支援

介護予防事業に取り組む区市町村担当者や地域包括支援センター職員、介護予防・フレイル予防推進員、専門職等からの地域づくりによる介護予防及び介護予防・フレイル予防全般に関する様々なご相談をお受けします。

【主な相談支援内容】

➀介護予防・フレイル予防全般に対しての相談支援

②東京都介護予防・フレイル予防推進支援センター職員及び広域アドバイザーによる現地相談支援(伴走支援)

③区市町村における多様な予防プログラム展開支援

① 介護予防・フレイル予防全般に対しての相談支援

東京都健康長寿医療センター研究所の研究成果やノウハウを活かし、介護予防・フレイル予防や事業に関する相談に対して助言します。

【対応可能な相談内容例】
  • ヘルスプロモーションに関する知識
  • 運動機能低下予防のエビデンス
  • 低栄養予防のエビデンス  
  • 口腔機能低下予防のエビデンス   
  • 認知機能低下対策のエビデンス  
  • 認知症地域支援体制構築に向けた支援
  • 生活習慣病予防の取組
  • 住民の「やる」を引き出す取組    
  • まちづくり会議の推進
  • 自主グループ化に関わる課題の整理
  • 介護費用等KDBシステムを活用した効果分析
  • 最後まで自分の人生をデザインする方法
  • 介護予防・フレイル予防事業の進め方
  • 区市町村内の規範的統合の技術
  • 世代間交流を含む、ソーシャルキャピタルに関する課題

上記の内容以外にも、介護予防・フレイル予防や「通いの場」づくりに関わる様々な内容についての相談を受け付けています。
区市町村から提供される高齢者の状態等のデータを、圏域ごとに分析できる形式に整理して区市町村へ提供するとともに、活用方法について助言し、戦略的な事業展開を支援します。

②東京都介護予防・フレイル予防推進支援センター職員及び広域アドバイザーによる現地相談支援(伴走支援)

東京都介護予防・フレイル予防推進支援センター職員及び広域アドバイザーが、区市町村からの要請に応じ介護予防事業に関する取組計画策定の支援や、関係者間で、地域づくり目標や考え方を共有する際の必要な支援等(現地に赴いての講話など)を行います。
具体的には、庁内での合意形成を目的として広域アドバイザーが先進事例について紹介を行ったり、どのように住民のやる!を引き出すかについて住民向けプレゼンテーションの助言を行うなど、通いの場づくりのステップにおける課題に応じた支援を実施します。

【令和2年度の相談支援で対応した主な内容】
  • 地域診断に関わるデータの作成支援(ニーズ調査等のデータの地図化)
  • 他自治体でのコロナ対策状況についての情報提供
  • 通いの場等の評価方法についての相談対応
  • 自治体の介護予防事業への助言 
  • 体操作成や読本の作成についての助言
  • リハビリテーション専門職や介護予防の事業者との合意形成のための支援
  • 通いの場の戦略策定支援
  • オンライン講演会等の企画支援
③区市町村における多様な予防プログラム展開支援

フレイル予防の観点から、通いの場の機能強化に取り組む区市町村(2自治体程度)に対し、多様な予防プログラムの展開を支援します。

多様な予防プログラム展開支援のスキーム

行政職員(区市町村介護予防事業担当職員、地域包括支援センター職員、介護予防・フレイル予防推進員などを対象とした研修を行います。研修参加者には、主に既存の通いの場の担い手に対し、運動・栄養・口腔のうち不足するプログラムを自身の通いの場に追加("ちょい足し")してもらえるよう働きかけるための手法を習得していただきます。研修修了後には、通いの場担い手強化研修を地域で開催・展開していただくことを目的としています。

多様なプログラムの展開支援のイメージ

P14図5ちょい足し図.png

お問い合わせ.png