介護・エンドオブライフ研究

メンバー

リーダー 研究副部長 島田 千穂
研究員 菊地 和則、池内 朋子
非常勤研究員 伊東 美緒

キーワード

エンドオブライフ、看取りケア、意思決定、認知症ケア、ケアの質、職種間連携、ケアマネジメント、主観的時間意識

主な研究

  1. エンドオブライフに関する事前の意思表明支援の方法の開発
  2. 介護施設職員を対象とした看取りケアの経験学習促進プログラムの開発
  3. 認知症高齢者の行方不明に関する研究
  4. 認知症症状を軽減するためのケアアプローチに関する研究
  5. 加齢に伴う主観的時間展望・時間意識の変化に関する研究

研究紹介

介護・エンドオブライフ研究は、介護が必要になり徐々に衰えていく過程にある高齢者とその家族、ケア提供者に焦点を当てた研究を行っています。

  1. 日本の高齢者は介護が必要になっても家族に遠慮して自らの意思を明確に示さないことがあります。そこでご本人の意思決定を支援するための「ライフデザインノート」を開発しました。自らの過去や現在の生き方を振り返って整理し、終末期を含めた将来の生活の希望を書き残すことにより、終末期を迎えた時に「どのような最期の生活を過ごしたいか」という本人の希望に沿ったケアが提供できるのではないかと考えています。今後は、代理決定する可能性のある家族の思いについての研究も進めていきたいと考えています。
  2. 高齢者介護施設に入居されている方への終末期ケアは、関わっている人によって最適なケアのあり方が異なるため、一律に座学やマニュアルで学ぶには限界があります。そこで、終末期ケアの経験を概念化し、次の実践に生かすことを目的とした「反照的習熟プログラム」を開発し、施設で試験的に導入していただいています。その結果、内省から概念化への過程が促進され、ケア遂行への自信が高まる可能性が示唆されました。集合教育での活用も視野に入れ、分析を進めています。
  3. 警察庁の統計によると、平成30年の認知症による行方不明者は16,927人であり、年々増加の一途を辿っています。行方不明は最悪、死亡という重大な結果をもたらすにも関わらず、日本だけでなく世界的に見ても研究は少ない状態にあります。認知症高齢者が暮らしやすく、安心して外出できるまち作りを進めていくため、また家族の介護負担を軽減するため、認知症高齢者の行方不明に関する研究を行っています。
  4. 認知症が進行すると記憶障害やコミュニケーション障害により日常生活に支障をきたしやすくなります。この日常生活上の支障を他者が"正常な形"に誘導しようとすると、周辺症状と呼ばれる介護を困難にする様々な症状(介護への抵抗、暴言、暴力、徘徊など)を示すことがあります。しかし周辺症状は高齢者を取り巻く環境の整備、家族やケア提供者の対応を変えることで軽減できる可能性があります。このような観点に立って病院・介護施設スタッフや家族介護者を対象として研修プログラムの開発と介入研究を行っています。
  5. 加齢に伴い変化する未来時間展望の知覚は、目的意識的行動と関連するといわれています。生涯発達の適応的調整に着目した社会情動的選択性理論と未来時間展望の知覚を活用し、終末期の意思表明において、個々人が理想とする結末に向けた行動を促すことができないか検討しています。また、地域在住高齢者を対象とした我々の研究では、暦年齢が高くなるほど主観年齢は低くなる、すなわち、多くの人は高齢になるほど気持ちが若返っていることが示されました。身体機能や社会機能が低下しても、若いと感じる要因を解明し、高齢者が最期までwell-beingを維持しながら過ごすための支援について研究を行っています。

介護・エンドオブライフ研究では、研究成果を広く普及し活用して頂けるように、
ホームページから報告書、各種資料をダウンロードできるようにしています。是非、ご活用下さい。

看取りの振り返りを有効に実施するためのガイド
引用文献リスト
看取りケア確認シート
看取りケア確認シートフェイスシート
検討会フィードバック

終末期ケアは、あたかも必要な医療やケアを行わず、死を早めることと誤解している人もいます。人生の最期は誰にも必ず訪れます。最期を考えることは、今この時を大切に生きたいと思えることにつながると私たちは考え、研究を継続しています。

主要文献

  1. Kikuchi, K., Ijuin, M., Awata, S., Suzuki T., Exploratory research on outcomes for individuals missing through dementia wandering in Japan, Geriatr Gerontol Int 19(9): 902-906, 2019.
  2. Maekawa, K., Ikeuchi, T., Shinkai, S., Hirano, H., Ryu, M., Tamaki, K., Yatani, H., Kuboki, T., Kusatsu ISLE Study Working Group Collaborators. Number of functional teeth more strongly predicts all-cause mortality than number of present teeth in Japanese older adults, Geriatr Gerontol Int, 2020 Mar 29. doi: 10.1111/ggi.13911. [Epub ahead of print]
  3. 島田千穂、菊地和則、伊東美緒、平山亮、他:認知症の行動・心理症状緩和のための非薬物療法の効果に関する研究事業結果報告書(令和元年度老人保健事業推進費等補助金老人保健健康増進等事業),東京都健康長寿医療センター研究所,2020.3
  4. 島田千穂、原沢優子、樋口京子、中里和弘、伊東美緒:特別養護老人ホームの看取りケア協働的内省セッションの評価に関する探索的研究.日本エンドオブライフケア学会誌,3(1),15-22
  5. 菅亜希子、伊東美緒、黒川由紀子、宮本典子、坪山栄:認知症の人と介護する配偶者を対象としたライフストーリープロジェクト-ポジティブな効果が得られたケースレポート-、認知症ケア事例ジャーナル、11(3) ,206-212
  6. 島田千穂:終末期ケアの現状.健康保険,71(8),22-27,2017.
  7. 島田千穂:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること;エンドオブライフの視点からの超高齢者への急性期医療.看護のチカラ,22(470),76-77,2017.
  8. 島田千穂:療養病棟で最期を看取るということ.看護のチカラ,22(479),27-34,2017.
  9. 島田千穂:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること;エンドオブライフケアの視点からみる衰える過程に寄り添う急性期看護とは.看護のチカラ,22(481),62-63,2017.
  10. Shimada C, Hirayama R, Wakui T, Nakazato K, Obuchi S, Ishizaki T, Takahashi R. : Reconsidering Long-Term Care in the End-of-Life Context in Japan.Geriatrics and Gerontology Supplement, 16(S1), 132-139, 2016.
  11. 島田千穂,石﨑達郎,高橋龍太郎:臨死期におけるケアの場の移行を回避する看取りケア体制の関連要因.厚生の指標,63(4),1-7,2016.
  12. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;何が良い看取りと言えるのですか.CARE WORK3月号,12-13,2016.
  13. 島田千穂:人生の最期を支えるケア;独りで逝かせたくないんです.CARE WORK1月号,12-13,2016.
  14. 島田千穂,伊東美緒:認知症・超高齢者の看取りケア実践,日総研出版,2016年7月.
  15. Nakazato,K., Shiozaki, M., Hirai,K., Morita,T., Tatara,R., Ichihara,K., Sato,S., Simizu,M., Tsuneto,S., Shima,Y., Miyasita, M.,: Verbal communication of families with cancer patients at end of life: A questionnaire survey with bereaved family members. Psycho-oncology, 27(1),155-162.2018.
  16. 中里和弘:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること;在宅からの終末期の認知症患者の受け入れと家族対応. 看護のチカラ,22(476),54-55, 2017.
  17. 中里和弘:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること;在宅からつながった患者の看取りを次に活かす情報共有とデスカンファレンスの意義. 看護のチカラ,22(483),46-47, 2017.
  18. 中里和弘:長期にわたるケアの末の家族の立場(Chapter6-Section2).遺族・スタッフのためのグリーフケア(Section3). 井藤英喜監修 伊藤美緒・木村陽子編 認知症の人の「想い」からつくるケア―急性期病院編―.インターメディカ, 170-191, 2017.7.
  19. 中里和弘:第6章その他の問題-5.死別反応. 精神科治療学編集委員会編 高齢者のための精神科医療(精神科治療学 第32巻増刊号.星和書店, 401-406, 2017.
  20. 平山亮:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること;決められない・決めたくない"困った"息子から見えてくるもの.看護のチカラ,22(474),44-45,2017.
  21. 平山亮:息子介護者をどのように見るか.教育心理学年報,56,286-287,2017.
  22. 平山亮:息子介護に見るケア経験のジェンダー非対称性.季刊家計経済研究,113,30-39,2017.
  23. 平山亮・古川雅子:きょうだいリスク――無職の弟,非婚の姉の将来は誰がみる?,朝日新聞出版,2016.
  24. 平山亮:働きながら親を介護するということ,生活経済政策,223:18 - 22.2015年8月.
  25. 平山亮:親を介護する息子たち,日本女子大学現代女性キャリア研究所紀要:現代女性とキャリア,7:24-30.2015
  26. 伊東美緒:日常的なケアへの拒否と同意:不同意メッセージとユマニチュードから考える,看護管理,27(6),458-462,2017.
  27. 伊東美緒:認知機能が低下した患者から発せられる「不同意メッセージ」の捉え方とその対応,総合診療,27(5),628-629,2017.
  28. 伊東美緒:身体・認知機能が低下した人とその家族に看護師ができること:第1回地域での生活を回復するための急性期病院の看護,看護のチカラ,58-59,2017.
  29. 伊東美緒:ユマニチュードは何が違うかⅠ 特別な時間をとらず,いつでもどこでも,日常的なケアのプロセスで使える技術. 訪問看護と介護, 20(4), 276-284,2015.
  30. 伊東美緒:ユマニチュードBefore/After-"違い"の実感が生む正のスパイラル. 訪問看護と介護, 20(5), 388-389,2015.
  31. 伊東美緒:ユマニチュード - 実践的な認知症ケアメソッド- , 大阪保険医雑誌, No585, 23-25, 2015.
  32. 湯原悦子,滝沢香,川端伸子,大田卓司,山口光治,岸恵美子,竹内真弓,菊地和則,田村満子,山田裕子,加藤伸司,阿部哲也,矢吹知之,吉川勇貴:高齢者虐待における重篤事案~特徴と検証の指針~,認知症介護研究・研修仙台センター,1-82,2017.
  33. 菊地和則,伊集院睦雄,粟田主一,鈴木隆雄.認知症の徘徊による行方不明死亡者の死亡パターンに関する研究,日本老年医学会雑誌,53(4),363-373,2016.
  34. 菊地和則,伊集院睦雄,粟田主一,鈴木隆雄.認知症の徘徊による行方不明者の実態調査,老年精神医学雑誌,27(3),323-332,2016.
  35. 菊地和則:居宅介護支援事業所,これからの在宅医療-指針と実務(大島伸一監修),グリーン・プレス,266-274、2016.