介護予防研究

メンバー

リーダー 研究部長 大渕 修一
研究員 河合 恒、江尻 愛美
非常勤研究員 解良 武士

キーワード

介護予防、簡易生活機能評価、日常生活歩行速度、共助の互助化、アクションリサーチ

主な研究

  1. 日常生活歩行速度に関する研究
  2. 簡易生活機能評価指標の開発研究
  3. コミュニティアズパートナーモデルによる介護予防のアクションリサーチ
  4. サブスタッフによる要支援者への介護予防プログラムの確立
  5. 東京都介護予防・フレイル予防推進支援センターへの支援
  6. 介護予防運動指導員事業の支援
  7. 都市高齢者の社会、経済、健康格差を乗り越える研究

研究紹介

 これまでの介護予防研究では、ハイリスクアプローチシステムの構築を目指し、スクリーニング方法の検討と無作為化比較対照試験による介入効果の検討が行われてきました。ところが、ハイリスク者と判断された人の中には介護予防への参加を望まない人も多く、これからの介護予防研究では、こうした参加を望まない人への介入手法の開発が課題です。私たちは、このような人では、地域における役割の欠如が介護予防行動を妨げていると考え、社会的交流(役割の創出)から始まる介護予防について研究を進めています。
 具体的には、地域保健モデルであるコミュニティアズパートナーモデルによる住民主体の介護予防プログラム、およびデイサービスを教育拠点としたサブスタッフ養成などの、専門職と住民が共に地域の課題を解決する目的志向の介護予防プログラムを開発し、アクションリサーチや他の研究者の取り組みとの比較することによって有効性を検証しています。
 また、基礎研究として自宅で実施可能な介護予防評価指標の開発研究を行っています。ICTを活用し、歩行や認知機能評価などを簡易に実施できるようにすることにより、より若い世代より介護予防への理解が促進できることを狙っています。
 これらの研究成果は、東京都介護予防・フレイル予防推進支援センター、介護予防運動指導員養成事業に提供し、都民への積極的な研究成果の還元を行っていきます。
 さらに、「都市高齢者の健康長寿医療研究会」と協力し、都市高齢者の社会、経済、健康格差を乗り越える研究も進めています。今後は社会構造の急速な変化が予想され、これへの適応能力が、個人の健康に大きな影響を与えると考えられます。従来の調査では脱落者となって補足しにくかった対象を特に重視し、自治体と連携しながら、医療・介護・福祉など社会資源の利用や地域活動への参加も含めて調査することによって、こうした社会構造の変化に適応できずに、いわゆる都市で孤立していく高齢者の姿が明らかになると考えています。この研究会は、病院部門と研究部門との緊密な連携の基に進められ、都内の自治体とも連携を図ることにより、孤立高齢者の課題を明らかにするだけでなく、新しい地域サービスの構築モデルを示すことが可能です。民間企業他、都市高齢者のネットワークづくりに資する団体と共同研究体制を作り、アクションリサーチの実施体制を構築しています。

主要文献

  1. Junta Takahashi, Hisashi Kawai, Hiroyuki Suzuki, Yoshinori Fujiwara, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Hunkyung Kim, Kazushige Ihara, Akiko Miki, Shuichi Obuchi: Development and validity of the Computer-Based Cognitive Assessment Tool for intervention in community-dwelling older adults, Geriatr Gerontol Int, 2020 Mar;20(3):171-175.
  2. Yosuke Osuka, Hunkyung Kim, Hisashi Kawai, Yu Taniguchi, Yuri Yokoyama, Satoshi Seino, Shuichi Obuchi, Akihiko Kitamura, Shoji Shinkai: Sarcoscale: A novel approach for assessing sarcopenia and predicting functional disability in older adults, J Clin Med, in press.
  3. Manami Ejiri, Hisashi Kawai, Yoshinori Fujiwara, Kazushige Ihara, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Hun Kyung Kim, Kaori Ishii, Koichiro Oka, Shuichi Obuchi: Social participation reduces isolation among Japanese older people in urban area: A 3-year longitudinal study, PLoS One. 2019 Sep 20; 14(9): e0222887. doi: 10.1371/journal.pone.0222887.
  4. Takeshi Kera, Hisashi Kawai, Hirohiko Hirano, Motonaga Kojima, Yutaka Watanabe, Keiko Motokawa, Yoshinori Fujiwara, Kazushige Ihara, Hunkyung Kim, Shuichi Obuchi: SARC-F: A validation study with community-dwelling older Japanese adults, Geriatr Gerontol Int. 2019 Sep 18. doi: 10.1111/ggi.13768. [Epub ahead of print]
  5. Takeshi Kera, Hisashi Kawai, Hirohiko Hirano, Kojima Motonaga, Yutaka Watanabe, Keiko Motokawa, Yoshinori Fujiwara, Kazushige Ihara, Hunkyung Kim, Shuichi Obuchi: Definition of respiratory sarcopenia with peak expiratory flow rate. J Am Med Dir Assoc. 2019 Aug;20(8):1021-1025. doi: 10.1016/j.jamda.2018.12.013. Epub 2019 Feb
  6. Hisashi Kawai, Yu Taniguchi, Satoshi Seino, Ryota Sakurai, Yosuke Osuka, Shuichi Obuchi, Yutaka Watanabe, Hunkyung Kim, Hiroki Inagaki, Akihiko Kitamura, Shuichi Awata, Shoji Shinkai: Reference values of gait parameters measured with a plantar pressure platform in community-dwelling older Japanese adults, Clin Interv Aging. 2019 Jul 12;14:1265-1276. doi: 10.2147/CIA.S213216.
  7. Ryota Sakurai, Hisashi Kawai, Hiroyuki Suzuki, Hunkyung Kim, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Kazushige Ihara, Shuichi Obuchi, Yoshinori Fujiwara: Poor social network, and not living alone, is associated with the incidence of adverse health outcomes, J Am Med Dir Assoc. 2019 Apr 9. pii: S1525-8610(19)30247-6. doi: 10.1016/j.jamda.2019.02.021. [Epub ahead of print]
  8. 解良武士, 河合 恒, 大渕修一: SARC-F;サルコペニアのスクリーニングツール, 日本老年医学会雑誌, 2019, 56(3) 227-233.
  9. Masamitsu Sugie, Kazumasa Harada, Tetsuya Takahashi, Marina Nara, Hisashi Kawai, Yoshinori Fujiwara, Joji Ishikawa, Jun Tanaka, Teruyuki Koyama, Hunkyung Kim, Renpei Sengoku, Hajime Fujimoto, Shuichi Obuchi, Syunei Kyo, Hideki Ito: Peak exercise stroke volume effects on cognitive impairment in community dwelling people with preserved ejection fraction, ESC Heart Fail. 2018 Oct;5(5):876-883. doi: 10.1002/ehf2.12311. Epub 2018 Jun 26.
  10. Kazushige Ihara, Manabu Fuchikami, Masahiro Hashizume, Satoshi Okada, Hisashi Kawai, Shuichi Obuchi, Hirohiko Hirano, Yoshinori Fujiwara, Mitsugu Hachisu, Hongyong Kim, Shigeru Morinobu: The influence of aging on the methylation status of the brain-derived neurotrophic factor gene in blood, Int J Geriatr Psychiatry. 2018 Oct;33(10):1312-1318. doi: 10.1002/gps.4927. Epub 2018 Jun 28.
  11. Ken Nishihara, Hisashi Kawai, Takeshi Kera, Hirohiko Hirano, Yutaka Watanabe, Yoshinori Fujiwara, Kazushige Ihara, Hunkyung Kim, Masashi Tanaka, Shuichi Obuchi: Correlation of physical function with the thickness of multiple muscles of the quadriceps femoris in community-dwelling elderly individuals, Clin Interv Aging. 2018 Oct 10;13:1945-1951. doi: 10.2147/CIA.S177237. eCollection 2018.
  12. Ryota Sakurai, Hisashi Kawai, Hiroyuki Suzuki1, Susumu Ogawa, Hunkyung Kim, Yutaka Watanabe, Hirohiko Hirano, Kazushige Ihara, Shuichi Obuchi, Yoshinori Fujiwara: An epidemiological study of the risk factors of bicycle-related falls among Japanese older adults, J Epidemiol. 2018 Dec 8. doi: 10.2188/jea.JE20180162. [Epub ahead of print]
  13. 解良武士, 河合 恒, 平野浩彦, 渡邊 裕, 小島基永, 藤原佳典, 井原一成, 大渕修一: サルコペニアがピークフローに与える影響, 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 2018, 27(3) 1-5.
  14. 江尻愛美, 河合 恒, 藤原佳典, 井原一成, 平野浩彦, 小島基永, 大渕修一: 都市高齢者における社会的孤立の予測要因: 前向きコホート研究, 日本公衆衛生雑誌, 2018, 65(3), 125-133.