骨粗鬆症外来

午前

千葉





時村_(偶数週)_
金子_(奇数週)_

午後







舘鼻_(奇数週)_

特徴

骨粗鬆症外来では整形外科医師2名、糖尿病・代謝・内分泌内科医師3名が骨粗鬆症の予防・診療をとおして、高齢者のQOL向上に寄与することを目標としています。

外来医師配置表

疾患診療概要

  • 胸腰椎のレントゲンとDXA法による骨密度測定の結果に基づいた骨粗鬆症の診断
  • 問診票結果による骨折のリスクや易転倒性の評価
  • 血液・尿検査による続発性骨粗鬆症の鑑別、合併症の評価、骨代謝マーカーによる骨代謝回転の評価
  • 口頭説明による食事療法、運動療法の指導
  • 骨粗鬆症の重症度及び合併症の状態に応じた薬物治療(活性型ビタミンD製剤、SERM、ビタミンK、ビスホスホネート製剤、抗RANKL抗体、PTH製剤、抗スクレロスチン抗体など)の選択と治療効果判定

スタッフ紹介

外科総括部長

時村 文秋

ときむら ふみあき

出身大学東京大学
卒業年次昭和61年
専門整形外科一般、手外科、特に末梢神経外科
担当外来/担当診療科整形・脊椎外科/骨粗鬆症外来
資格日本整形外科学会専門医
日本手外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本骨粗鬆症学会認定医

糖尿病・代謝・内分泌内科専門部長

千葉 優子

ちば ゆうこ

出身大学群馬大学
卒業年次平成7年
専門糖尿病 内分泌代謝 老年医学
担当外来/担当診療科骨粗鬆症外来/糖尿病・代謝・内分泌内科
資格日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本糖尿病学会専門医・指導医
日本内分泌学会専門医・指導医
日本老年医学会専門医・指導医・代議員
常勤医
  • 金子 雅子(かねこ まさこ)整形・脊椎外科
  • 舘鼻 彩(たちばな あや)糖尿病・代謝・内分泌内科
非常勤医
  • 森 聖二郎(もり せいじろう)糖尿病・代謝・内分泌内科